マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

トレパネーションTrepanation

レーティングの登録/分布

  • トレパネーションの画像
  • トレパネーションの画像
  • トレパネーションの画像
  • トレパネーションの画像

小説「フランケンシュタイン」の世界では死体をあれこれしたり、人体実験的な医療ショービジネスをやっていた。


日本でいうと見世物小屋みたいなのりである。ただ日本の場合死体ではなく実際の人間の奇人変人ショーみたいなことをやっていたわけで、違いがあるとしたらそこに「死者に対する冒涜」がないというくらいである。


まぁ、内容がないようなだけに、日本語化されないだろうギリギリの世界設定のこのゲーム、実はボードゲームとしてはよくできており、個人的には軽いワーカープレイスメントに仕上がっていると思う。


しかし悩ましいところは十分秘めており、コンポーネントも軽く、軽めの中量級といったところか。

それでは動きの方をざっくりと説明していきます。


こちらは二人用のボードなっています。裏には3~5人用のボードがあり、アクションポイントも多くなっています。


赤丸のところはローカル紙に掲載するように働きかけるアクションで、上下どちらとも右に進めていくと、ボーナスと最終得点が増えていきます。


緑色の丸の部分はショーのアクションエリアで主に資源を支払って勝利点の描かれたカードを獲得します。


黄色の矢印はスタートプレイヤーが得られるとともにラウンド経過で溜まっていたリソースがまとめてもらえるようになっています。


あとはリソースを獲得するアクションとなっています。


このゲームの特徴はプレイヤー同士1手番ずつ5つのワーカーを配置するのですが、アクションの処理は左側から処理していきます。


よく見るとわかりますが時間が記されています。つまり午前中からアクションを処理していくことになります。


無論アクションの中には最速で動くといいこともありますが、後手に回ることで恩恵が得られる場所もあります。


このゲームのリソースは5種類あってそれぞれ獲得できる場所が異なります。


そして毎ラウンド出て来る別枠のアクションポイントもあります。どれも有益なものばかりですので、こちらも目が離せませんが、右から1ラウンドごとに変わっていきます。こちらも時間ごとに処理されていきます。


なので目的のショーを開催してカードを獲得するためにリソース入手の計画を立てて準備をするのですが、他のプレイヤーが目当てのショーを先にやられてしまって計画が狂うなんてこともよくあります。


中には一枚捨てて山から引き直して並べるなんて言うアクションポイントもありますので、更に注意が必要になります。


あとリソースとして警官(黒)と偽客(赤)は多く持っていても2タ-ン後にはサプライに戻して金貨に変わってしまうので、あまり長く持ち続けることができないというのがよく効いていて、中にはこの真ん中のトラックを無理やり進めたり戻したりするアクションもあったりします。


ショーの中には警官と偽客がけっこう必要なところもありますので、できれば適切に確保して消費したいところです。



最終得点はセットコレクションになっていて、カードの右下に描かれていたアイコンの同じものが何個集まったかで得点になるのと4種類1枚ずつ揃っていた場合に得点がついてきます。

あとはカードごとに個別の得点があり、それにローカル紙のトラックの点数を足して高い人の勝利となります。


個人的に思ったのはプルタポルテに似ていると感じたところです。あれはワーカーが少ないですが、計画的に配置して上から順番にアクションを解決していきます。

ただ、プルタポルテの場合アクションのカテゴリーごとに順番で解決していくので、趣旨が違うちゃちがいますが、計画的にワーカーを設置してカードを獲得し点数に変えていくという動きはなんとなくプルタポルテを感じてしまいました。


あと、欠点というか、これのせいで日本語化されねーんだろうなというのがテーマですよねぇ・・・


ショーのテキストを日本語化したらわかるんですが・・・


ハーブ酒の鋳造とかヒル療法、鍼治療とかはまぁ・・・まだ現存しますしいいですけど・・・


うん当時じゃないと許され・・・いや普通にアウトだろっていうものかありますよねぇ、治療と名を打っててもショーですからねぇ。

確かプレイヤーはそろいもそろって医師免許持ってなかった気がする・・・


基本言語依存はないゲームなので、純粋にゲームとして楽しみたい方は私が入手したところでは翻訳シールがついていましたが、貼らずに楽しめるかと思います。


この軽いですが独特のワーカープレイスメントゲームを味わいたい方は試してみてはいかかでしょうか。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:リーゼンドルフ
  • 20興味あり
  • 54経験あり
  • 7お気に入り
  • 22持ってる
テーマ/フレーバー
舞台の時代背景
地域や文化圏など
主要登場人物/職業や生物
政治経済/各種産業
作品データ
タイトルトレパネーション
原題・英題表記Trepanation
参加人数2人~5人
プレイ時間45分~75分
対象年齢12歳から
発売時期2023年~
参考価格8,200円
レーティング
レーティングを行うにはログインが必要です
10点の人0
9点の人0
8点の人1
7点の人6
6点の人1
5点の人1
4点の人1
3点の人0
2点の人0
1点の人0
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

350名
2名
0
画像
充実
小説「フランケンシュタイン」の世界では死体をあれこれしたり、人体実験的な医療ショービジネスをやっていた。日本でいうと見世物小屋みたいなのりである。ただ日本の場合死体ではなく実際の人間の奇人変人ショーみたいなことをやっていたわけで、違いがあるとしたらそこに「死者に対する冒涜」...
続きを読む(7ヶ月前)
リーゼンドルフ
リーゼンドルフ
208名
1名
0
画像
充実
時間の概念があるワーカープレイスメントゲーム。2人で遊んだので9時はなく、11時、13時、15時、17時とあります。時間があると難しく思うかもしれませんが、基本的にはワーカーを配置してリソースを獲得して支払いをして研究発表や勉強を進めて得点獲得の流れと分かりやすい。ただ、時...
続きを読む(10ヶ月前)
うらまこ
うらまこ
322名
3名
0
画像
充実
詐欺師による医療ショービジネス。軽い感じの変則ワーカープレイスですが、接戦になり易く、面白いです。まず、5体のワーカーを一つずつ置いていくのですが、メインボードの各アクションには、1〜5カ所のスペースがあり、主に9時、11時、13時、15時、17時という時刻が書かれています...
続きを読む(10ヶ月前)
荏原町将棋センター
荏原町将棋センター

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿