マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 60分~90分
  • 12歳~
  • 2016年~

大いなる狂気の書王子さんのレビュー

143
名に参考にされています
2019年05月16日 15時00分

大いなる狂気の書と書いていますが、クトゥルフではありません。

魔法学校の生徒が魔物が封印された本を開いてしまったので、

子供達で色んな魔法を駆使して飛び出した魔物達を倒そうと言う話です。

ハリーポッターの世界観に近いゲームですね。


協力ゲームで、難易度は1~3までありますが1でも難易度はベリーハードです。

基本的なシステムはデッキ構築系の協力ゲームで、

魔法に必要なマナを構築していき、そのマナを使用し魔物を倒していくといった流れです。


基本手札は非公開っぽいのですが、何を持っているかなどの会話は出来るので

あまり非公開にする意味もないと思い仲間内ではパンデミックのように公開しています。

非公開にすることによって、奉行問題を無くしたりといった事も考えられるのかなと思いますが

結局手札の中身を説明するのであればあまり意味がないかと。

各キャラ毎に能力があり、さらに習得する呪文もみんなバラバラなので、

1人がなにもかも指示するのは難しい情報量ですので、奉行問題はあまり気にしなくてもいいと思います。


プレイ時間はじっくり考えながらすると普通に2~3時間かかってしまいます。

プレイ人数は少なくても多くても難易度にはあまり影響はないかと思います。


最近では中古でもなかなか売っているところを見たことないですが、

協力ゲーム大好きな人はマストバイかと思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
王子さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 207興味あり
  • 190経験あり
  • 42お気に入り
  • 139持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力12
交渉・立ち回り6
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘3
アート・外見3
作品データ
タイトル大いなる狂気の書
原題・英題表記The Big Book Of Madness
参加人数2人~5人(60分~90分)
対象年齢12歳から
発売時期2016年~
参考価格6,260円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク