マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 90分~115分
  • 14歳~
  • 2016年~

大鎌戦役 / サイズkamaji_G、@げな、南方、防破亭 時化、masaki、ココイチ、雪村のリプレイ日記(2017年3月28日)

536
名に読まれています
2017年03月28日 11時40分

開催日は2017年3月25日@サイコロ堂。

はじめての7人戦。拡張込みでの最大人数戦である。

このゲームのマップは7勢力の本拠地が描かれているので、全勢力がならんだ景色は中々壮観だ。


概要7人のプレイヤーと担当勢力の紹介。

・kamaji_G(:ポラニア共和国)

・ココイチ(:アルビオン氏族)

・南方(:ノルディック王国)

・防破亭 時化(:ロスヴィエト連邦)

・雪村(:トガワ幕府)

・@げな(:クリミア汗国)

・masaki(黒:ザクセン帝国)

以上7名。今後のリポートでは色で表記する。


序盤

今回は隣に必ず勢力がいる7人戦のため、ファクトリーに誰が入るのかはかなり情勢に影響を与えると思われた。

そうしてスタートして僅か3手番でファクトリーを抑えた勢力が現れる。である。初手トレードで鉄を生産、メックを出撃させて「支配する村からファクトリーに行ける」能力解放。メックを飛ばすという早業。周囲から感嘆の声が上がる。ファクトリーをキャラクターが訪れるとファクトリーカードを取れる。これは5番目の行動としてかなり強力な効果をもたらす。またファクトリーを領地として抑えれば、そこは3領地分の価値があるので重要度が高い。

必然的にそこを狙う勢力が現れるようにゲームがデザインされている。逆にそこをハナから無視する勢力も当然出てくるのだが。今回はまずはがその恩恵を預かり、がそこに続くという展開になった。

は遭遇の恩恵からメックを出撃させて、湖に入れる能力を獲得。ファクトリーに居座っていた赤を攻撃してファクトリーカードをゲットした。

黒とは自陣で拡大生産をして力を蓄える戦術。は6〜7人戦だと、能力「遠駆け」が「誰も支配していない農地へワープ」に変更されるのでそれを駆使して神出鬼没に展開。

は着実に勢力を拡大し、そろそろ中央を目指そうと狙っていたタイミングでがトンネルワープでの最前線のトンネルに罠を仕掛ける。このお陰では回り道を余儀なくされることに。


中盤

領地争いはこう着状態。のワープ能力駆使で空き地のマジョリティ取りに行き、がファクトリー寄ったり罠を仕掛けたり。それ以外の勢力は拡大生産に勤しむ感じ。

いち早く星3個取ったのは。白は戦闘勝利、目的達成、メック4機出撃。は戦闘2回勝って、目的達成。の戦闘開始前に相手の戦闘カードをランダムでもらうは強いですな。

このゲーム誰かが星3個取ったら終盤に入っていく。そこからは加速度的に展開することになる。


終盤

後半はが一気に動く。湖から湖へワープ能力でメックを展開。そして戦力MAX&エンリスト(徴兵)全部達成で星5個獲得。リーチ。

周囲のどよめきをよそ目に移動でファクトリーを抑え(が罠を仕掛けてたけど勢力はいなかった)、戦力に差があったに攻撃を仕掛け勝利。星6個獲得で即時終了となった。

結果はが2位のと2点差の辛勝。一手差で逆転される可能性があった際どい勝負であった。

序盤躍動したは、ファクトリーから退くと自陣から出れずに伸び悩んだ感じ。

と黒はワープ能力がないので中々進出は難しいかも。割り切って自陣から出ずにお金を稼ぎまくった黒は3点差の3位。展開次第では鎖国プレイも強いのが実証された。

はやりたい事をやってる感じ。これはこれでいいのですが、やはり7人戦だと窮屈そう。あちこちでぶつかっておりましたね。もうちょっと戦力あったらまた違ったかも。

はちょっと手が遅かったかも。ここら辺は本当難しい。の本拠地側の農地を取れてれば領地ポイントは稼げたかもですね。

に展開を阻まれたのが最後まで痛かった。ならばと建設を進め建設ボーナスを獲得するという臨機応変な対応をするもあと一歩足りず。あと一手プレイ出来てたら逆転できてた。


総評

このゲーム川を渡るまで割とのんびりなのだけど、隣に必ず勢力がいるしワープ能力がある勢力がいつ飛んでくるか分からないので序盤からかなりピリピリした雰囲気。

必然的に戦闘や交渉が発生するので、このゲームの醍醐味はたっぷり味わえたかと。

個人的には7人戦はアリ!のんびりは出来ないけど賑やかな盤面とみんなでワイワイ騒ぎながら遊べたので、極上なゲーム体験を楽しめた。

やったことないけど、ディプロマシーを遊んでる雰囲気というのかな。「今こっち来るかあ!?」「ちょっと待ってくれたら助かるなー」とかそういった会話がかなり楽しかったですね。

このゲームは確かに戦闘が起こりにくいゲームだけど、やはり勝つためならそれを仕掛けて勝利したプレイヤーが情勢を有利に進めれるなと実感できた。

全く逆の鎖国プレイもまた強いのがこのゲームの多様性を表してると思う。

本当に傑作ですね。お集まりいただいた皆さんに感謝です。

また遊びましょう!

勝敗プレイヤー名最終得点
勝ち
kamaji_G58点
@げな37点
南方31点
防破亭 時化21点
masaki55点
ココイチ56点
雪村20点
0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!

参加者 7人
2017年03月28日

ゲスト
@げな
ゲスト
南方
ゲスト
防破亭 時化
ゲスト
masaki
ゲスト
ココイチ
ゲスト
雪村
このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 361興味あり
  • 446経験あり
  • 233お気に入り
  • 374持ってる

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク