マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

スコットランドヤード・ジュニアScotland Yard: Junior

逃げ切るか?捕まるか?あの名作スコットランドヤードにキッズ版が登場!

1983年に初回が発売された、ボードゲームの歴史の中でも古い部類に入る「スコットランドヤード」。人気が出てからは、ニューヨーク版・東京版と続編もリリースされてきたボードゲームです。

スコットランドヤード・ジュニアでもこれまでと同じように、プレイヤーの1人がミスターXとなり、他のプレイヤーが刑事となって逃走劇を繰り広げます。マップは初回と同様にロンドンとなっていますが、かなり小さめ(初回版でいう右下の小さな河で隔離されたスペース)で短時間で遊べるようになっており、最大4人となりました。

刑事達やミスターXは「タクシー」「電車」「バス」「船」のアクションで移動することができますが、刑事は基本的にミスターXの動きを見ることが出来ず、定期的に一瞬だけ姿をあらわす「現在地」だけをヒントに追い込んでいきます。

もちろん刑事達は「そんな所まで逃げてたのか!どうやって追い詰めようか・・」と相談しながら、協力体制を敷いていき、最終的にミスターXと同じマスに止まった時点で逮捕となり、刑事達の勝利となります。

逆に所定のラウンドまでミスターXを逮捕できなかった場合、ミスターXの勝利となります。

犯人役のプレイヤーは「刑事の追跡方法」を考えて上手く逃げつつ、刑事達は「犯人の逃走方法」を考えて上手く追い込んでいくことになるので、かなり面白い心理戦へと発展していきます。

あの名作ボードゲームが小さな子供と遊べるようになって再登場したので、週末に家族と遊んだり、親戚と集まった時にプレイしたくなる作品です。

ミスターXは9回逃げる、警察は3回捕まえること出来たら、ゲーム終了、その勝利条件を満たした側の勝利です。その場所に留まるという選択肢があることも特徴です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
  2. オグランド(Oguland)オグランド(Oguland)
マイボードゲーム登録者
  • 22興味あり
  • 47経験あり
  • 4お気に入り
  • 39持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力5
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ5
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルスコットランドヤード・ジュニア
原題・英題表記Scotland Yard: Junior
参加人数2人~4人(20分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2016年~
参考価格3,240円
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体未登録
拡張/関連元スコットランドヤード(Scotland Yard)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 127
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月18日 07時49分

    ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!ジュニア版とあなどるなかれ、大人でも十分に楽しめる、まさに初心者の方向けの面白いボードゲームです!シンプルな盤面、分かりやすいルール(3分でルール説明終わります。下手したら1分で!)、それでいてハラハラドキドキの心理戦が楽しめます。毎回、ミスターXも刑事もタクシーかバスか地下鉄か船かの移動手段もしくは今いる場所に留まるかを選ぶだけです。この留まるがあるだけで心理戦がいっそう面白くなっています。運要素が強めな点と、ボード版のスコットランドヤードに慣れている方にとっては物足りない感がある点が気に...

    オグランド(Oguland)さんの「スコットランドヤード・ジュニア」のレビュー
  • 182
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月10日 18時56分

    子供を混ぜて遊べるスコットランドヤード、ジュニア版。3人でしか遊んでないけど、子供+ママ+パパの3人で遊ぶのがベスト。元祖スコットランドヤードの『捕まる…!』『あそこに動きそう』『裏の裏をかいてあっちに動く』『そっち行くんかーい!』っていうドキドキ逃走劇を、子供と共有できるようになっている。若干ルールは変えられてるものの、ルールブックは3分で読破&理解できるようになっていたのでありがたい。子供が楽しんで遊べたので、久々のヒット作でした。しばらくスタメンになりそうです。

    ぽっくりさんの「スコットランドヤード・ジュニア」のレビュー
  • 179
    名に参考にされています
    投稿日:2018年07月27日 14時06分

    本家とはほとんど異なるゲーム!『スコットランドヤード』を小学生でもできるようにと、ルールが簡略化されたバージョン。子供たちも本家での「あっち行ったかな。こっち行ったかな。」のかけひきが楽しめる。しかし、大人がやるとなると少々味気ない。毎捕まるか、捕まらないかの頻繁なやりとりは淡白な展開になりやすい。子供たちにスコットランドヤードの入り口として紹介するにはもってこいの作品。

    Shinnosuke Tanahashiさんの「スコットランドヤード・ジュニア」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク