マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

スカーレット・ピンパーネルThe Scarlet Pimpernel

時は18世期末。無実の罪で捕らえられた貴族たちを救うストラテジーゲーム!

1792年、フランスはフランス革命の真っ只中にあり、またオーストリアとの戦争が勃発していた。そんな中で貴族や聖職者たちは誰彼構わずオーストリアとの密通を疑われ、無実の罪で断頭台へと送られていたのだった。その捕らえられた貴族たちを鮮やかな手口で次々と救い出し、イギリスへと亡命させる一団が現れた。
彼らが現場を去る時に残していく紋章から、いつしか人は彼らのことを「スカーレットピンパーネル」と呼ぶようになった…。

というあらすじのバロネス・オルツィの小説The Scarlet Pimpernelの世界をIan O'Tooleのアートワークと共にゲームに仕立てたのが本作となります。プレイヤーはスカーレットピンパーネルの一員となり、与えられたミッションをクリアしていきます。
ゲームシステムはワーカープレイスメント。リソースを集めたり、支援者を募ったり、移動ルートを確立したり、現地でアクションを行なったりと、ミッションには達成するのに必要な仕事が幾つもあります。それらの役割毎にリーダーが必要となり、立候補したプレイヤーがリーダーを務めます。リーダーを務めたプレイヤーにはより多くの得点の機会が訪れるでしょう。
プレイヤー同士の協力要素もありつつも、とても戦略的な対戦ゲームです。そして団員として最も活躍し勝利点を集めたプレイヤーが勝者となります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 山本 右近山本 右近
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 2経験あり
  • 1お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルスカーレット・ピンパーネル
原題・英題表記The Scarlet Pimpernel
参加人数2人~6人(60分~90分)
対象年齢12歳から
発売時期2019年~
参考価格8,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 123
    名に参考にされています
    投稿日:2019年11月24日 18時57分

    プレイヤーはスカーレットピンパーネルの一員としてミッションに必要なリソースを収集していくワーカープレイスメントゲーム。まず目を引くのは美しいコンポーネントだ。アート性とプレイアビリティを両立しており、見事という他ない。ゲームのルールは単純で、ワーカーであるキューブを道や建物や都市に設置していくだけ。ワーカーを置いたあとに追加で何かしらの手順を踏まなくてはならない事もなく、ただワーカーを配置するのみ。そしてフラグが立つとラウンドが終了して得点計算となる。その段階で、ゲームボード上に配置されたキューブが得点になるのかならないのかが判定される仕組みだ。また、それぞれの得点要素が立候補したリーダ...

    山本 右近さんの「スカーレット・ピンパーネル」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿