マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 45分~60分
  • 12歳~
  • 1999年~

ラーHideさんのレビュー

136名
2名
3ヶ月前
0

エジプトを題材にした競りのゲームです。3ラウンドおこなって、ゲーム終了。ゲーム終了後の得点計算で最も勝利点の合計が多いプレイヤーが勝利となります。

競りの仕方はちょっと変わっていて、「太陽駒」(1~16)の数字が描いてある駒を使用します。これはゲーム開始時に3個割り振られ、割り振られる駒に描かれている数字は、前もって組み合わせがきまっています。この駒を競りが始まったら、競りで最初に値付けをするプレイヤーから順に出していきます。当然ですが、もっとも大きい数字が描かれた太陽駒を出したプレイヤーが競り落とします。そして、競りに使用した太陽駒は、ボードゲームに置いてある太陽駒(ゲーム開始時は「1」の駒)と交換します。つまり、競りで落とすたびに、手持ちの太陽駒の数字は替わっていくことになります。

さて、この太陽駒で競り落とす対象ですが、文明、モニュメントなどの絵柄が描かれたタイルになります。これらのタイルの獲得枚数によって、そのラウンドで獲得する勝利点の増減が発生します。

また、競りの開始も、自主的な競りだけでなく、強制的に競りが始まることもあり、1回の競りで獲得できるタイルの枚数も1~8枚と大きく異なります。そのため、ボードゲーム上にあるタイルの内容と手持ちのタイルを検討しながら、いつ競りを始めるか、あるいは強制的に競りになった時に競り落とすかを考えながらゲームをすることになります。これがこのゲームの面白いとこだと思います。

ただ、絵画の競りであるモダンアートは競り落とす対象が明確ですが、ラーは文明を発展させる(勝利点を得る)ためのタイルを競り落とすので、私はゲームの世界観がなかなか分かりにくいと思いました。ゲームの世界観をプレイする前に少し説明するといいのかもしれません。

面白いことはかわりませんので、こんな競りのゲームもあるんだと思ってプレイするといいと思います。

以上


この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
18toya
びーている / btail
ラー
ラーの通販
これぞドイツのボードゲーム。
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 4,950(税込)
たまご
Hide
Hide
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 633興味あり
  • 1934経験あり
  • 485お気に入り
  • 1092持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

Hideさんの投稿

会員の新しい投稿