マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

主計将校:第二次世界大戦の補給戦 / 主計総監Quartermaster General

第二次世界対戦を舞台にした3対3のユーロ風ウォーゲーム

第二次世界大戦を舞台に、連合国(アメリカ、イギリス、ソビエト連邦)と枢軸国(ドイツ、日本、イタリア)に分かれて戦う、チーム戦のウォーゲームです。
補給源である地域を支配することで、チームに勝利点が入ります。
自分のターンにすることは、手札のカードを1枚プレイするだけなので、ゲームスピードは非常に速いです。
第二次世界大戦の戦略級ウォーゲームを、シンプルなルールで短時間で遊べることが魅力です。

各国に固有のカードデッキがあり、それぞれに特徴があります。
アメリカ:一番強いです。ただし、ヨーロッパと太平洋をバランスよく攻めなければなりません。
イギリス:連邦(カナダ、インド、オーストラリア)のおかげであらゆる要所を押さえられます。
ソビエト連邦:速攻で攻められると危ういですが、兵士の数は圧倒的です。
ドイツ:とにかく機動力が高いです。枢軸国のエースです。
イタリア:ドイツのサポートに回ります。デッキは一番少ないです。
日本:太平洋にて勝利点を稼ぎます。ただ、兵士が少ないので油断はできません。
第1版(日本語版なし)では、どう見ても連合国のデッキの方が強かったのですが、第2版(日本語版あり)では大幅にカードが見直されて、バランスが改善されました。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. NnnnNnnn
主計将校:第二次世界大戦の補給戦
主計将校:第二次世界大戦の補給戦の通販
「軍隊は胃袋に頼って行進する。」—— ナポレオン・ボナパルト
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 6,600(税込)
マイボードゲーム登録者
  • 71興味あり
  • 112経験あり
  • 37お気に入り
  • 94持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力12
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘9
アート・外見1
作品データ
タイトル主計将校:第二次世界大戦の補給戦 / 主計総監
原題・英題表記Quartermaster General
参加人数2人~6人(90分~120分)
対象年齢12歳から
発売時期2014年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 5件

  • 203
    名に参考にされています
    投稿日:2020年09月02日 11時21分

    各プレイヤーが毎ターン出来ることはカードを1枚プレイするだけ。あとは、要らないカードを捨てて手札が7枚になるまでドローします。テーマはいかついですが、プレイ感はかなり軽くてここ最近一番のお気に入りゲームです。やってることは、TCGのクリーチャー召還やバトルや呪文みたいなことで、それを3対3のチームに分かれて対戦します。チーム戦であることや、カードの引きによって出来ることが制限されているので、勝った負けたが悔しいものの、それほど引きずらなくて済む感じになります。6人ベストであることがネックですが、テーマに嫌悪感がない人なら誰でも楽しめる傑作です。

    korou_dreamさんの「主計将校:第二次世界大戦の補給戦 / 主計総監」のレビュー
  • 224
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月28日 17時06分

    第二次世界大戦をモチーフにした陣取り?カテゴリーに少し迷うゲーム。ウォーゲーム要素は低い。連合国と枢軸国になりながら、お互いの特徴を生かしづつ得点を稼いでいく。とりあえずドイツが滅茶苦茶強い。両面作戦を実行してもひたすら強い。問題は資源が少し足りない。いかに常時効果を発動させつつ、領土を拡張できるか。そして後半は維持できるかにかかっている。ソ連は言わずもがなで、兵士は畑から取れるが、種が蒔けなければ生えてこないのである。アメリカは物量。イギリスは諜報。イタリアはとりあえずドイツを必死にサポート。日本はアメリカとアジアにちょっかいをかけつつ背後を脅かす。テーマがテーマなだけに、少し敷居が高...

    Kodomo blenderさんの「主計将校:第二次世界大戦の補給戦 / 主計総監」のレビュー
  • 262
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月17日 00時32分

    第二次世界大戦の枢軸国と連合国に分かれて指揮をとって争うチーム戦の陣取り。カードドリブンを主体としたエリアマジョリティが本質であり、見た目よりも明らかに軽いプレイ感を持つ。BGGでのWEIGHTは2.3。やや似たシステムを持つゲームとしては、スモールワールド(2.36)、ウォーチェスト(2.26)、アンドーンテッドノルマンディー(2.25)。有名どころではセブンワンダーデュエル(2.22)、ウイングスパン(2.39)あたりと同程度であるから、ゲーマー向け、重量級というよりはファミリー向けゲームに毛が生えた程度であり、ライトユーザーにも十分対応できる内容である。プレイ時間は1.5-2時間程...

    maroさんの「主計将校:第二次世界大戦の補給戦 / 主計総監」のレビュー
  • 187
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月16日 00時16分

    第二次世界大戦の補給戦を奪い取れ!枢軸側と連合側に分かれたチーム戦の攻防合戦!戦争ゲームでありながら専用国別デッキによるカードプレイのおかげでプレイ感は軽く、エリア奪取等も史実風なイベントで進退が行き詰まったり、方向転換を迫られたりと悩ましい。見た目とは裏腹に気軽に楽しめるチーム戦ボードゲームとして、なかなかに面白い作品でした。拡張も楽しみ!

    ビッチュウさんの「主計将校:第二次世界大戦の補給戦 / 主計総監」のレビュー
  • 956
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月25日 18時22分

    第二次世界大戦を戦略レベルで表現したウォーゲームっぽいお手軽なゲーム。連合3国と枢軸3国で戦うチーム戦。2~6人でプレイできるが、3~5人だと担当する国の数がぶれるので2か6がおすすめ。個人的には6人でやるのが熱い!ターンは国毎に順番が決まっていて一連のアクションを行う。1カードのプレイ2補給線の判定3得点計算4捨て札5カード補充カードには軍の生産、攻撃、イベント、ステータス、反応、経済戦争等がある。また国毎にカードの内容や枚数が違い、カードはリシャッフルされず使いきりのため、無駄に使うと後半は何もできなくなる。しかし欲しいカードのためにはカードを捨てることも必要になっていてジレンマがあ...

    一味さんの「主計将校:第二次世界大戦の補給戦 / 主計総監」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 543
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月23日 16時39分

    ドイツアメリカの上陸までに、イギリスかモスクワに速攻をかけて占領を目指しましょう。「電撃戦」か「行動志向」を早くからプレイしましょう。<重要カード> 電撃戦:手番ごとに1回、あなたが陸スペースで戦闘したときに使う。あなたのカードデックの一番上のカードを1枚捨て札にし、戦闘したスペースで陸軍を設立する。行動志向:手番ごとに1回、あなたが陸軍を設立したときに使う。あなたのカードデックの一番上のカードを1枚捨て札にし、今設立した陸軍に隣接している陸スペース1つで戦闘する。戦線の拡大:手番開始時にドイツの陸軍に隣接しているソビエトの陸軍が占領しているスペースで、3回まで戦闘する。日本序盤は相手に...

    Nnnnさんの「主計将校:第二次世界大戦の補給戦 / 主計総監」の戦略やコツ

ルール/インスト 1件

  • 1106
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月27日 03時50分

    ゲームの準備担当する国家を決めます。2~5人の場合は複数の国家を担当します。自分の国家の本拠地に陸軍コマを1つ置きます。デックからカードを10枚引いて、3枚を捨て札にします。勝利条件20ラウンド終了時に、より多くの勝利点を獲得したチームが勝利です。(同点なら枢軸国の勝利)また、ラウンド終了時に30点以上の勝利点の差がついた場合、その時点でゲーム終了です。ターンの進行各ラウンドは独→英→日→ソ→伊→米の順にターンを進行します。1.プレイステップ手札からカードを1枚プレイします。プレイできない、またはしたくない場合、手札からカードを1枚捨て札にしないといけないです。プレイステップの開始時に、...

    Nnnnさんの「主計将校:第二次世界大戦の補給戦 / 主計総監」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿