マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 20分~40分
  • 13歳~
  • 2019年~

プロジェクト エルNobuaki Katouさんのレビュー

324名 が参考
2名 がナイス
約1ヶ月前

 あまやどりで、3人でプレイした感想です。

 ミハエル・ミケシュとヤン・スカル、アダム・スパネルによる、見た目はほぼウボンゴですがインタラクションなど新たな要素を加えながら、最終的に勝利点が1番高いプレイヤーが勝つパズルゲームです。

 ルール等は、下記URLをご参照ください。

 3人でプレイした感想ですが、どのお題カードを取りつつ、そのお題カードの課題をクリアすると新たなピースをもらえるので、そのピースを元に新たなお題カードに挑戦していきます。しかし、自分が狙っているお題カードを他のプレイヤーに取られたりするインタラクションがウボンゴとの違いです。

 また、お題カードをクリアするともらえる新たなピースについては、難易度によって大きさが異なります。簡単な場合には大きなピースで、難しい場合には小さなピースとなります。

 これは、簡単なお題カードは勝利点がほとんどもらえず、難しいお題カードは勝利点を多くもらえます。ここでも、ジレンマがあり、プレイヤーには中盤や終盤で悩ましい展開になると思います。

 なお、自分の手番では、マスターアクションとして、自分が手前に置いているお題カード全部にピースを1つずつ置くことが1回だけできます。これを上手く活用することで勝利点を稼ぐことができます。

 今回プレイした際には、このマスターアクションを自分の手番で1回は使いながら、最終的に私が1番勝利点を稼いでいたので、勝利することができました。

 今までのパズルゲームとは、一風変わっていて結構面白いと思います。

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
くまちま
AC T.T
Nobuaki Katou
Nobuaki Katou
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 93興味あり
  • 228経験あり
  • 79お気に入り
  • 200持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力9
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見9
作品データ
タイトルプロジェクト エル
原題・英題表記Project L
参加人数1人~4人(20分~40分)
対象年齢13歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Nobuaki Katouさんの投稿

会員の新しい投稿