マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 120分前後
  • 13歳~
  • 2011年~
  • 241
    名に参考にされています
    投稿日:2019年10月08日 21時53分
    マスター側と探索者側に別れて戦うゲーム。クトゥルフといえばTRPGではおなじみの題材ではありますが、私がこちらを買った時、TRPGは未経験でした。一言で言ってしまえば整ってセッティングされたボードゲーム版TRPGといったところ。上記の通り、プレイ当初はクトゥルフを知らなかった私ですが、ゲームとして楽しめたのでそこは全く気になりませんでした。基本的に所持者である私はマスターをやる機会が多いので、このゲームを楽しむ上で個人的に大切にしている事を書こうと思います(あくまでわたしの主観です)まず第一に、やる前にしっかりと世界観を表現出来るように工夫して欲しい。というのも、基本的に一度遊んだシナリ...天瀬涼太さんの「マンション・オブ・マッドネス」のレビュー
  • 198
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月11日 02時17分
    シナリオが幾つか用意されておりマスター(脅威側)と探索者側に分かれてゲームを進めます。マスターは進行の管理と探索者への妨害、敵対ユニットの配置や行動管理をし目標の達成を目指します。探索者はマップ内を移動し伏せられたアイテムを調べキーアイテム等を集め、自分達は何をすれば良いのかを探り目標達成を目指します。面白いのですが導入と準備にひっっじょうに時間がかかります。マップにプレイヤーの諸々に小物にと広めのスペースも必要です。自分はマスター側しかやったことがありませんが、カルト信者とかなら未だしもショゴスとかが結構簡単に倒されてしまい、ちと残念です。第2版が出ており、そちらはスマホ等でマスターが...ベノムさんの「マンション・オブ・マッドネス」のレビュー
  • 226
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月30日 02時48分
    私は所有者でいつもゲームマスターしかやったことがないですが・・・。ゲームマスターをやるのであれば、まず準備に30分かかるので、プレイヤーが全員揃うまでに事前準備しておくことをお薦めします。ゲームマスターでしか準備できない(プレイヤーと共有できない情報が多い)ので、こればかりはどうしようもありません。しかし、コンポーネント、シナリオ、ギミック全てが素晴らしい出来で、それらに翻弄されるプレイヤーの一喜一憂を高みの見物するのは愉悦そのものです。皆様もぜひ、マンション・オブ・マッドネスはゲームマスターをやってみてください。そして、そのうち私をプレイヤーとして招いてください。Kotatsuさんの「マンション・オブ・マッドネス」のレビュー
  • 236
    名に参考にされています
    投稿日:2017年04月07日 16時56分
    このゲームは、TRPGのようにマスターが構築したストーリー内でプレイヤーが自由に探索し、クリア条件を達成するというものです。ストーリーによって、プレイヤー同士が協力したり、敵対したり、はたまたマスターとプレイヤーが共謀しているなどかなりさまざまな条件でのゲームが可能ですので、シナリオ数以上にゲームを楽しめます。(大きなシナリオは決まっていても途中の流れが変化するため)ですので金額的に購入に踏み込みきれない方も、「これだけで何回もいろいろなストーリーが楽しめる」と考えればコスパがいいように思えます!買って損はないですよ!!ただし、一緒に遊ぶプレイヤーがいないといけませんが・・・内容について...retan0712さんの「マンション・オブ・マッドネス」のレビュー
  • 190
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月07日 13時20分
    クトゥルフ神話を題材にしたミステリーハウス系の屋敷探索し謎を解明するゲームですが、クトゥルフ側のプレイヤーは、独自のクリア目標が有るのでそれを達成するために…部屋タイルを組み合わせてゲームで使用する屋敷を作るのですが、シナリオも序盤・中盤・結末の組み合わせで同じ屋敷でも色々違う展開になります。扉を開けようとするとトラップがあったり、パズルロックをリアルに解かなければいけなかったりと、探索者側は協力しないと大変な事に。シナリオに対応したヒントやアイテムの配置を探索者側にわからないように配置していく前準備は結構面倒かもですが、どちらの側で遊んでも楽しいです。鬼島彪さんの「マンション・オブ・マッドネス」のレビュー

会員の新しい投稿