マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 120分前後
  • 13歳~
  • 2011年~

マンション・オブ・マッドネス天瀬涼太さんのレビュー

193
名に参考にされています
2019年10月08日 21時53分

マスター側と探索者側に別れて戦うゲーム。

クトゥルフといえばTRPGではおなじみの題材ではありますが、私がこちらを買った時、TRPGは未経験でした。

一言で言ってしまえば整ってセッティングされたボードゲーム版TRPGといったところ。

上記の通り、プレイ当初はクトゥルフを知らなかった私ですが、ゲームとして楽しめたのでそこは全く気になりませんでした。


基本的に所持者である私はマスターをやる機会が多いので、このゲームを楽しむ上で個人的に大切にしている事を書こうと思います(あくまでわたしの主観です)

まず第一に、やる前にしっかりと世界観を表現出来るように工夫して欲しい。

というのも、基本的に一度遊んだシナリオはもう一度やれるようなものではなく、基本一回きりになるからです(多少結末を変える事も出来ますが、ある程度は似通ってしまうので)

私はパソコンを用意して、BGMや効果音(ドアの軋む音とか)を流してみました。

後、部屋を暗くしてキャンドル型ライトをいくつもつけてみたりしました。


第二に、マスターはゲームを盛り上げる努力をすること。

マスターはゲームに勝とうとせず、プレイヤーに喜んで貰おうとすること。

というのもこのような非対称対戦ゲームは十中八九マスター側の方が強いと思うからです。

能力が強いのはもちろん、先の展開を知っているのはマスターだけ。そのマスターが本気になって勝とうとしたら、所謂先読みしてしまい、プレイヤー側が勝つのは難しいでしょう。

マスターは勝つ事を目的とせず、そのゲームをいかにドラマチックに仕上げるか、プレイヤー側にスリルを作らせるか(勿論負けるつもりで動いては逆に興ざめですからその塩梅は難しいです)、それこそがマスター側の喜びだと感じています。


総じて、手軽に遊ぶというよりは、事前に準備をした上でしっかりと遊ぶゲームと感じます。

準備や手間をかけただけ、楽しくなるゲームだと思いますよ。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
天瀬涼太さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 67興味あり
  • 124経験あり
  • 20お気に入り
  • 114持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力7
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘3
アート・外見4
作品データ
タイトルマンション・オブ・マッドネス
原題・英題表記MANSIONS OF MADNESS
参加人数2人~5人(120分前後)
対象年齢13歳から
発売時期2011年~
参考価格8,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

天瀬涼太さんの投稿

会員の新しい投稿