マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 20分~45分
  • 6歳~
  • 2017年~

汽車は進むよレモネードさんのレビュー

206
名に参考にされています
2018年11月17日 23時59分

なんで、人って、線路をつなげて電車を走らせる行為に夢中になれるのかな


とゆうわけで、汽車のゲームです。

嫁さんと6歳の息子の3人プレイしました。


先に結論ですが、嫁さんと息子には大好評でした。

もちろん、僕も楽しめました。


線路をつなげて汽車を動かすってゆう行為がやっぱり息子には大ヒットで、

どーつなげようか、楽しそうに考えてプレイしてました。

ある意味、プラレールで遊ぶ感覚です。

そこにゲーム性が加わる、みたいな。


今回、ルールはヴァリアントを入れてやりました。

汽車が動くたびに点数が入り、駅についても点数が入るってゆうルールです。

最初から、このルールでも全然、問題ないです。

てか、こっちのほうが、毎ラウンド、点数に変化があって盛り上がります。

思わず、めちゃめちゃ動いて、一挙に5点とか入ったりして、逆転劇も起こります。


プレイの方は、嫁さんと息子が先に全ての汽車を駅につけた後、

僕だけが残り、最後に残った汽車がめちゃめちゃ動けて、無事、駅に入り、

計算すると僕がトップでゲーム終了


と思いきや、

嫁さんが、その点数計算、ルール間違ってない?と、言ってきました。


実は、紫の駅に、嫁さんと息子が同時に1番で到着していて

同時に駅に入った場合は、到着した者、全員が同じ点数です。

この場合は、2人とも18点。


で、この駅、2番に入った者は12点で、僕はそちらの点数で計算してました。


でもルールをよく読むと、2人が1番に入れば、3人目がこの駅に着いたら

その人は3番に入ったことになるのです。


で、この駅の3番の点数はたった1点です。12点から1点です。

ガビーーーン!

僕の点数から、差分の11点が引かれ、めでたく息子が1位になり

僕はべべでした。


楽しいなー、おい、

これ、楽しいぞ。


悩んで、イイ感じに線路を置けた時のヤッター感はもちろんのこと

うわ、もうその駅に着いたの?1番、狙ってたのに―とか

相手のボードを見て、その置き方スゲーとか、それヤバいんちゃう、ぶつかりそうやんとか

みんなで、確認するのが、さらに楽しい汽車ゲームでした。

5
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • コージ
  • ばんろっほ
  • Nobuaki Katou
  • NekoMadam
  • Jarry
レモネードさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 52興味あり
  • 123経験あり
  • 35お気に入り
  • 83持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力7
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見8
作品データ
タイトル汽車は進むよ
原題・英題表記Jedzie pociąg z daleka
参加人数1人~4人(20分~45分)
対象年齢6歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レモネードさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク