マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

汽車は進むよJedzie pociąg z daleka

ポーランドのトップクラスにお手軽な鉄道ゲーム!

イラストがとても美しい鉄道ゲームです。

プレイヤーは他のプレイヤーよりも早く、駅にたどり着くことを目指します。

でも気をつけて。電車同士がぶつかるように置いてしまうと、電車が脱線してしまいます。

うまく線路をつくりつつ、目的の駅に向かっていきましょう。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 白州白州
マイボードゲーム登録者
  • 53興味あり
  • 113経験あり
  • 31お気に入り
  • 79持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力7
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見8
作品データ
タイトル汽車は進むよ
原題・英題表記Jedzie pociąg z daleka
参加人数1人~4人(20分~45分)
対象年齢6歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 4件

  • 203
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月17日 23時59分

    なんで、人って、線路をつなげて電車を走らせる行為に夢中になれるのかなとゆうわけで、汽車のゲームです。嫁さんと6歳の息子の3人プレイしました。先に結論ですが、嫁さんと息子には大好評でした。もちろん、僕も楽しめました。線路をつなげて汽車を動かすってゆう行為がやっぱり息子には大ヒットで、どーつなげようか、楽しそうに考えてプレイしてました。ある意味、プラレールで遊ぶ感覚です。そこにゲーム性が加わる、みたいな。今回、ルールはヴァリアントを入れてやりました。汽車が動くたびに点数が入り、駅についても点数が入るってゆうルールです。最初から、このルールでも全然、問題ないです。てか、こっちのほうが、毎ラウン...

    レモネードさんの「汽車は進むよ」のレビュー
  • 168
    名に参考にされています
    投稿日:2018年10月24日 23時19分

    コロコロ堂で、ソロプレイをした感想です。もっとホイップを、ニューヨークスライス、などをデザインしたジェフリー・アラーズによる、1人から4人用のタイルで汽車を進ませて得点を稼ぐゲームです。1人用だと、最長路線と最長路線+駅舎の2種類のゲームがあり、両方とも試してみました。最長路線+駅舎は、通常の2人用のプレイと変わらないルールでプレイできますが、駅舎に飛び込むのは早い者勝ちではなくなります。そのため、最長路線+駅舎の獲得できる点数は飛び込んだ駅舎と汽車が進んだタイルの数分のの合計となります。最長路線は、汽車が正面衝突しないようにタイルを配置し、汽車が進んだタイルの数分の点数を獲得するのを合...

    Nobuaki Katouさんの「汽車は進むよ」のレビュー
  • 196
    名に参考にされています
    投稿日:2018年10月08日 23時07分

    ポーランド産鉄道パズルゲーム、正直ポーランド語とかサッパリです。英語すらダメなのに。ジェフリー・アラーズ(JeffreyD.Allers) この方が今作のデザイナーさんです。 過去には『もっとホイップを』『ニューヨークスライス』『シトラス』などを手掛けてる方のようです では、ゲーム内容を。個人ボードにタイルを繋げて汽車を移動させ誰よりも早く駅舎に辿り着こう。汽車同士がぶつかるとゲームから除外になってしまうよ。相手よりも早く6色の駅舎に到着して高得点をゲット!最初に到着した場合と2番目では得る得点の差があるので効率よくタイルを繋げていきたいですね。また、追加ルールが2個あるので基本プレイに...

    NekoMadamさんの「汽車は進むよ」のレビュー
  • 500
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月12日 09時13分

    7/10長くなりがちな鉄道ゲームがひしめく中、ずば抜けて短い時間で終わるポーランドのオシャレなイラストの鉄道ゲーム。ルールはとってもシンプルで、手番には、線路タイルを自分のボードに配置するだけ。ただし、このとき必ず自分の電車は移動しなければならない。駅についたら得点ゲットで、早く着けば着くほど、高得点が入る。これを繰り返して、一番高い得点をとったプレイヤーの勝ち。とても軽いと言われた鉄道ゲーム「トランスアメリカ」でさえ、30分はかかるのに、この「汽車は進むよ」は、15分とかで終わる(場合によってはもっと早くなる笑)ため、圧倒的にスピーディ!それでいて、線路をつくって、駅早いものがちの駆け...

    白州さんの「汽車は進むよ」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク