マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

イスタンブールIstanbul

バザーの施設を有効に活用して、ルビーをたくさん集めよう!

イスタンブールのバザーが舞台。16か所あるバザーの施設に商人や助手を移動して、手押し車に商品を搭載したりお金を獲得したりしながらルビーを集めていきます。最終的に、このルビーを5つないし6つ集めたプレーヤーが勝利します。

プレーヤーは、助手ディスクの4コマと商人ディスクの1コマを一緒に動かしながらアクションを行います。助手ディスクを重ねて、その一番上に商人ディスクを乗せておきます。この重ねたディスクコマをスタート地点から1ないし2区画上下左右に好きなように移動することができます。そして、その区画に助手コマを残すか、元から置いてあった助手コマを回収することで、その施設のアクションを行うことができます。つまり、助手コマを上手く配置したり回収したりしながらアクションを行っていくことになります。

移動先に他のプレーヤーの商人がいた場合は、お金を2リラ支払う必要があります。支払わなかった場合は、アクションもできずにそのまま手番が終了となります。また、移動先に総督コマがいた場合や密輸商人コマがいた場合は、ボーナスカードや商品を交換したり獲得したりすることができます。
また、初期状態では自分の荷馬車に同じ商品は2つまでしか積めませんが、荷馬車を拡張していくことで搭載量を増やしていくことができます。

勝利条件となるルビーを入手するにはいくつか方法があります。お金を払って購入したり商品を物々交換することで獲得したりなど、いくつか方法があります。

16か所のバザーの並べ方はゲームごとにバラバラに配置できるので、戦略を毎回変えながら効率よくゲームを進めていくことができます。また、2~5人で遊べるゲームですが、人数によってバランスが変化したりしないので、一度慣れてしまえば人数に関係なくサクサク遊ぶことができます。また、サイコロによってアクションの結果が変わる施設もあるので、ランダム性があるのも特徴です。

とはいえ、商人コマをどのように動かすかが大きなウエイトを占めますので、どのように移動させていくか戦略を練りながらゲームを進めていくことになります。戦略性とランダム性が上手く融合したボードゲームで、ボードゲーム中級者以降の人にお勧めです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
  2. とりまとりま
マイボードゲーム登録者
  • 165興味あり
  • 490経験あり
  • 122お気に入り
  • 294持ってる
プレイ感の評価
運・確率9
戦略・判断力16
交渉・立ち回り9
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘3
アート・外見8
作品データ
タイトルイスタンブール
原題・英題表記Istanbul
参加人数2人~5人(40分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2014年~
参考価格5,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 8件

  • 340
    名に参考にされています
    投稿日:2018年07月19日 22時31分

    ボードゲームに興味を持ち始めた人で少しじっくりやりたくなったらこちらがオススメです。商品を納めるプレイも良いですが、茶屋の運要素もあるので初心者にもやりやすいかと思います。ルビーのコンポーネントも雰囲気が出ていい感じです。

    あずまさんのレビューを読む
  • 193
    名に参考にされています
    投稿日:2018年07月12日 16時47分

    運要素多め最初の行動が手番順で結構同じ動きをすることが多く知らないと損をしそうなゲームです。ある程度のボドゲ歴があるか、初心者の方にはインストをどこまでするか迷うゲームですね。特に、ボドゲを始めたころに私がこのゲームを買おうと思うくらい衝撃的だったのが…フィールドの配置を変えられる点初級編~上級編やランダムにしたりと初期配置をいじれるボードゲームは何度も飽きずに遊べる感じがしてお得感が凄かった。さらに、買ってみて気付いたこととしては持ち運びのしやすさです。写真ではわかりづらいかもしれませんが、写真サイズぐらいのボードが16枚ほど入っています。それを箱から出して運べばかなり小さくなって運べ...

    コンセプトカフェ好きさんのレビューを読む
  • 193
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月25日 20時54分

    2014年ドイツ年間ゲーム大賞エキスパートゲーム賞。デザイナーは『ベガス』『カルバ』『アサンテ』のリューディガー・ドーン。イスタンブールの16のバザー(16のバザーボードはランダムに組み替え自由なんで毎回違ったゲームができる)で4種類の商品を仕入れたり、商品を売ったり、ギャンブルしてお金を得たりします。商品、お金をルビーに替えてこのルビーを5個最初にとった人が勝ち。バザーへは、1人の商人が4人の助手を率いて、1回に2バザーまで動くことができる。各バザーで特定のアクションを実行し、そこで1人の助手をおいていかなければならない。商人は助手がいなければ動けないので、その辺を意識して行動すること...

    m1114toyさんのレビューを読む
  • 241
    名に参考にされています
    投稿日:2018年02月13日 00時13分

    6点。重ゲーへの入り口に最適なゲーム。1位と最下位にルビー1つ分程度の差しか生まれないため、うまく立ち回れなかった人にも「次はもっとやれそう」と思わせられる所が素晴らしい。(実際は容易に覆せない3-5手番分ほどの差があるのだが。)5人で遊ぶとルビーが1ヶ所に4個しか置かれず先取り要素が出て面白いのだが、ダウンタイムが長くなりすぎるのが欠点。配置によっては先手番の赤タイル取得→茶屋7金・荷車拡張コンボが爆発して抗えなくなることがあるため、ボード配置には気を付けたい。

    たくさんのレビューを読む
  • 69
    名に参考にされています
    投稿日:2017年04月20日 18時46分

    駒動かすのが楽しい!木駒がタイルに当たる音が好き!サイコロ振るのが楽しい!プレイ時間もちょうどいい!最高のボードゲームです!!笑

    hanikinuさんのレビューを読む
  • 294
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月08日 01時58分

    楽しいけれど、同じ時間をかけてインスト・準備・プレイするなら別の重ゲーにするかな…といった感触の作品です。※以下、あくまで私個人とその周囲のボードゲーム仲間の見解です。特別な移動方法によって手番を最効率化して勝利点を目指す、というスタイルのゲームなので、ボードゲームだけでなく、いわゆるゲーム慣れしている人が圧倒的に有利です。こうなると、ゲーム慣れしている人とならアクワイア・プエルトリコ・アグリコラ・ドミニオン・カタン・宝石の煌めき、といった選択肢が結局優先されてしまい、購入したものの、あまり稼働しません。いや、ほんとに面白くて良いゲームなんです。ゲームバランスは非常に良いし、ダウンタイム...

    だいもん(@economic_wars)さんのレビューを読む
  • 163
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月17日 18時08分

    イスタンブールのバザーで、商人達がお買物レースを繰り広げる、テーマ性がマッチしたゲームです。全プレイヤー、何故か囚われの身になっている親戚がいるという設定がいい味出してます。■ゲームの特徴として以下の3点があげられます。①モジュラーボード16箇所の施設に見立てたボードを組み合わせ、イスタンブールのバザーの舞台を作ります。②ドーン歩きだるま落としのように積み上げたディスクを助手にみたて、ボードに置いて行く事により効果を得ていきます。③ピック&デリバリー施設を回り商品やお金を集め、ルビーに変換し一定数集めたプレイヤーが勝利します。■このゲームを気に入ったアナタにオススメ!①モジュラーボードに...

    メンマさんのレビューを読む
  • 174
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月08日 16時43分

    もう説明文に書かれている通りなんですけども、ゲームバランスが本当によくできているゲームだと思います。上手く、商人コマを移動させて相手を牽制したり・・・逆に、飛び込んでこっちのペースに持ち込むことも大事になってくるなぁといった印象でした。僕が遊んだ際は、中級者用のパネル配置だったのですが絶妙に悩ましい配置になっていまして、あーでもないこーでもないって感じでワイワイ遊ばせていただきました。宝石を集めるのにも、お金を集めるのか・・・それとも、資源を回収して交換するのかでも戦術が変わってくるので、先の先まで計算しなきゃなぁ・・・といった感じでした。2人から遊べるゲームだし、人数が増えれば増えるほ...

    ケントリッヒさんのレビューを読む

リプレイ 4件

戦略やコツ 1件

  • 219
    名に参考にされています
    投稿日:2017年04月20日 17時16分

    一般的に言われているのは一筆書き(=最後のアクションをした場所から最初の場所にいけるようにする)ですが、さらに加えて言うなら「いつでもいける場所に行く」です。2度目に行くと意味ない場所(商品MAXや警察署など)はなるべく避けます。それでも他人のいる場所を避けるためにやむなくそういう場所に行くこともあるかと思います。その結果行くところがない時は思い切ってしゃがむこと(=アクションをしないor噴水に行く)も大事です。

    hanikinuさんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク