イスタンブールhanikinuさんの戦略やコツ

47
名に参考にされています
投稿日:2017年04月20日 17時16分

一般的に言われているのは一筆書き(=最後のアクションをした場所から最初の場所にいけるようにする)ですが、さらに加えて言うなら「いつでもいける場所に行く」です。2度目に行くと意味ない場所(商品MAXや警察署など)はなるべく避けます。それでも他人のいる場所を避けるためにやむなくそういう場所に行くこともあるかと思います。その結果行くところがない時は思い切ってしゃがむこと(=アクションをしないor噴水に行く)も大事です。

  • 興味ある(82人)
  • 経験あり(176人)
  • お気に入り(56人)
  • 持ってる(111人)
投稿イメージ
画像クリックで拡大します
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力7
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルイスタンブール
原題・英題表記Istanbul
参加人数2人~5人(40分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2014年~
参考価格5,800円
クレジット
ゲームデザインリューディガー・ドーン(Ruediger Dorn)
アートワークアンドレアス・レッシュ(Andreas Resch)
関連企業/団体ペガサス シュピーレ(Pegasus Spiele)

会員の新しい投稿