マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

イン・ザ・ホール・オブ・ザ・マウンテン・キング:カースド・マウンテンIn the Hall of the Mountain King: Cursed Mountain

キックスターターではストレッチゴールに含まれていたこの小拡張は、もとのゲームに協力モードとソロモードを追加します。

箱は文庫本サイズのスモールボックスとなっており、写真に示したような内容物が入っています。

基本的に協力モードとソロモードは同じもので、協力モードのモジュールを1人で使用したものがソロプレイのモードとなります。

元のゲームは資源をやりくりしながらトンネルを掘り(配置し)、その掘ったトンネル、彫像、台座、ホールなどで得点をかせぐ、リソースマネージメント+パズルをベースとしたエンジンビルドあり、ネットワークビルドありのレースゲームでした。

このカースドマウンテンでは、一定の条件が満たされる前に、皆で予言(prophecy)ボードに乗っている献身(dedication)トークンをなくす必要があります。

そのためには献身トークンの内容に適合するよう彫像や台座を配置していくのが目的となります。

カースドマウンテンの名の通り、この拡張では呪い(curse)カードが同梱されています。呪いカードはチームで毎ターンドローして場に置かなければならないのですが、これにはプレイヤーのアクションを邪魔するさまざまな呪いが記述されています。呪いは解除することもできるのですが、このカードが7枚蓄積したとき、あるいは呪いカードの山札が尽きたのちにドローしなけらばならなくなったとき、プレイヤーチームはゲームに敗北します。

もう1つ、地震という要素も追加されました。トロルの列がある程度そろうと、ターン初めに地震が起き、トンネルが壊されることがあります。

このように、協力モード(ソロモードも同じですが)ではプレイヤー間のレースの代わりに、いくつもの障害をクリアーして一定数の(かつ献身トークンに合った)彫像・台座を置くわけです。

ソロモードで遊んだ感想としては、かなりトロルカードや呪いカードの引きに左右されるな、という感じです。その中で、リソース管理やトンネル配置に四苦八苦するものです。まあ個人的にはベースゲーム自体がややソリティア要素が強めとの思いもあり、結構似た感じでしょうか。

呪いカードには言語依存があります。写真にもあるとおり、3行から4、5行の文章があります。

上半分にはアイコンが書いてありますが、これだけでは少し分かりずらいでしょう。20枚あるうちの大部分は平易な英語ですが、数枚は少し複雑(といっても高校1-2年レベルか)なものもあります。ただ呪いカード自体の枚数は少ないので日本語化はそれほど苦ではないでしょうし、ゲーム進行中は呪いカードは全プレイヤー共通のカードとなるので誰か一人が意味を理解できれば問題はないです。

海外のサイトでは10ドル程度で販売されていることが多いです。この拡張でより遊び方が拡がると思います。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:maro
マイボードゲーム登録者
  • 11興味あり
  • 3経験あり
  • 1お気に入り
  • 10持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルイン・ザ・ホール・オブ・ザ・マウンテン・キング:カースド・マウンテン
原題・英題表記In the Hall of the Mountain King: Cursed Mountain
参加人数1人~5人(時間未登録)
対象年齢未登録
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 178
    名に参考にされています
    投稿日:2020年12月03日 21時01分

    キックスターターではストレッチゴールに含まれていたこの小拡張は、もとのゲームに協力モードとソロモードを追加します。箱は文庫本サイズのスモールボックスとなっており、写真に示したような内容物が入っています。基本的に協力モードとソロモードは同じもので、協力モードのモジュールを1人で使用したものがソロプレイのモードとなります。元のゲームは資源をやりくりしながらトンネルを掘り(配置し)、その掘ったトンネル、彫像、台座、ホールなどで得点をかせぐ、リソースマネージメント+パズルをベースとしたエンジンビルドあり、ネットワークビルドありのレースゲームでした。このカースドマウンテンでは、一定の条件が満たされ...

    maroさんの「イン・ザ・ホール・オブ・ザ・マウンテン・キング:カースド・マウンテン」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿