マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

イン・ザ・ホール・オブ・ザ・マウンテン・キングIn the Hall of the Mountain King

埋もれた王国を掘り起こし、栄華を取り戻せ!資源の補充が悩ましいピック&デリバー!

イン・ザ・ホール・オブ・ザ・マウンテンキングはトロールの部族を率いて、かつて他の種族に滅ぼされ、山の落盤によって埋もれてしまった王国を再び掘り起こしていく事を目的としたゲームです。

ゲームでは、「資源を使ってスタート位置から洞窟を掘っていく」、もしくは「新たなトロールを雇用して資源を生み出す」の大きく分けて2つのアクションのどちらかを行っていきます。

洞窟を掘っていく事で埋もれた彫像を発掘し、それを山の中央部に向けて運んでいくのが、得点を得る1つの方法になるのですが、彫像をより高得点にする台座は早い者勝ちだったり、設置した台座に掘り起こした彫像を運んだりするにもコストが必要で、どのように洞窟を掘り進めるのか悩ましさがあります。

一方、トロールの雇用にも仕掛けがされています。このゲームでは、各トロール毎に発生する資源が記載されており、発生した資源はそのトロール自身の持ち物となります。トロールは手元でピラミッド上に配置されていき、新たなトロールが雇用されると、雇ったトロールとその下にいるトロール達に資源が発生します。しかし、トロール上に残っている資源については新たに発生はしません。ピラミッドの形に配置される事で、自ずと資源の発生回数も限られているため、どのタイミングで新たなトロールを雇用するのかが悩ましくなっています。

強力な効果のある魔法や資源の変換を行える工房、大きく広がった洞窟を得点に変える大広間などの存在もゲームの戦略性を高めていて、やることはシンプルながらも考える要素は多めに感じます。

洞窟を掘り進めて彫像を発掘すると言うテーマ自体にとても惹かれるゲームですが、その中につまっている様々な悩ましさに頭を抱えるゲームとなっています。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. mythology_nezmythology_nez
マイボードゲーム登録者
  • 86興味あり
  • 116経験あり
  • 34お気に入り
  • 114持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルイン・ザ・ホール・オブ・ザ・マウンテン・キング
原題・英題表記In the Hall of the Mountain King
参加人数2人~5人(75分~90分)
対象年齢12歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 644
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月25日 13時42分

    トロルを雇って洞窟を掘り進んでいく、ファンタジーテイストの中量級〜軽めの重量級作品です。BGGのウェイトでは約2.7、プレイ時間は4人で90分程度。ウイングスパンよりも若干複雑といったところですが、ゲームの骨子としては、トロルを雇って資源を入手⇨資源を使ってトンネルタイル設置⇨トンネル部の埋められた彫像、資源など獲得⇨工房、大広間設置、彫像の移動⇨を繰り返す感じです。トロル10体を2人のプレイヤーが雇うとそろそろゲーム終了です(各手番でトロルを雇うか、トンネルタイルを置くかのどちらかを行うのは半強制です)。その他、魔法カードの使用や、台座の設置など、細かい事柄もいくつかありますが、取りあ...

    maroさんの「イン・ザ・ホール・オブ・ザ・マウンテン・キング」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿