マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 38分前後
  • 10歳~
  • 2017年~

星を渡る夏木なつきさんのレビュー

224名 が参考
0名 がナイス
4年以上前

星カード4組オープンして、これを取り合うべく4回分の競りカードを1枚ずつ伏せ、順に結果を確認していきます。勝った人は星カードをもらえて、負けた人は使用した競りカードを「手札に戻す/次の競りに加算する/ポイントを貯める」から選びます。競りカードは最初全員同じデッキを持っているけれど、ゲーム中に何枚かを戻さないとゲーム終盤に出す手札が足りなくなるように作られています。しかも星カードを単純に集めただけでは勝てません。何故なら貯めたポイントまでしか勝利点を得られないからです!つまりできるだけ大きな数値の競りカードを使って負けた方が効率的にポイントが貯まり、その結果勝利点が高くなるという事になります。競りが同点の場合は前ラウンドでのポイント順で決まった等級により優先順位がつけられる事もあって、ポイント貯めがこのゲームの重要項目なのです。その他、星カードには属性アイコンがいくつかあり、アイコンのセットボーナス点も無視できない感じで星カードの取り合い(場合によっては押し付け合い)が何気にアツイ作品です。

ちなみに洋楽サッパリなので、ルールに散在する音楽ネタとやらは全くワカリマセンw

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
仙人
夏木なつき
夏木なつき
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 33興味あり
  • 66経験あり
  • 6お気に入り
  • 55持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトル星を渡る
原題・英題表記Hoshi wo wataru
参加人数3人~4人(38分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格2,800円
クレジット
ゲームデザインハイライフ(high-life)
アートワーク未登録
関連企業/団体シュピールディスオーダー(Spieldisorder)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

夏木なつきさんの投稿

会員の新しい投稿