マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 1988年~

ハゲタカのえじきChezLien 半蔵門さんの戦略やコツ

179名
1名
0
3ヶ月前

こんにちは、杉です。

今回はハゲタカのえじきの戦略について書いていきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ポイント1 カードはすべて使い切らなくてはいけない

このゲームの最大の特徴は、「1から15までの手札を1回限りで必ず全部使い切らなくてはいけない」ということだ。

つまり、1や2などの弱いカードも必ずいずれかのタイミングで使う必要がある。

そう、実はこのゲームの最大のポイントは、1や2をどこで使うかなのだ。

ポイント2 攻撃型と守備型どっちが強い?

ハゲタカのえじきは、1点から10点のプラスの得点とマイナス1点からマイナス5点のマイナスの得点(失点)を競りで獲得するゲームだ。

ここで考えなくてはいけないのはマイナスを絶対取らない守備型(マイナスのカードに10以上のカードを出す)か攻撃型(マイナスを取るリスクはあるがとにかく高得点のカードに10以上のカードを出す)でプレイした場合どちらが強いかだ。

まず考えなくてはいけないのは「マイナスをすべて取ってしまった場合」である。

この場合マイナスは1から5まであるので全部取るとマイナス15点になる。

次にプラスの8以上を全部獲得した場合得点は27点になる。

これを相殺した場合12点になるので6と7を獲得したプレーヤーがいた場合上回ることができない。

つまり、もろはのつるぎ戦法では失点が多すぎてあまり効果的ではないのだ。

安定して得点を増やすには「大量失点を防ぎつつ勝負どころでは得点を取りに行く」ことが重要である。

ポイント3 失点を一番効率的に減らすには他のプレーヤーとバッティングさせろ

このゲームの特徴のひとつに、「他のプレーヤーと同じ数字を出した場合獲得権は次点のプレーヤーに移る」という重要なルールがある。

勝負どころで15が被る可能性もあるので嫌なルールでもあるが逆に得点カードがマイナスだった場合も適用されるので他のプレーヤーと同じ数字さえ出せればマイナスのカードは取らなくて済むのだ。

マイナス4点、マイナス5点は致命的なダメージを負うのである程度の強いカードは必要であるが、マイナス1から3点あたりのカードのときはあえて他のプレーヤーが出しそうな数字を予測して出すとプラスの高い数字に勝負にいけるようになるのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、ハゲタカのえじきの戦略です。

マイナス5に15を出したことがある杉でした(^^)


この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
かまいたち
ハゲタカのえじき
ハゲタカのえじきの通販
シンプルですが、ワクワクするゲーム。
1~2営業日以内に発送
日本語ルール付き/日本語版
セール中
¥1,619(税込)
¥ 1,800(税込)
10%オフ(¥ 181
セール期限まであと約1ヶ月
大賢者
ChezLien 半蔵門
ChezLien 半蔵門
シェアする
  • 772興味あり
  • 5742経験あり
  • 1307お気に入り
  • 4346持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

ChezLien 半蔵門さんの投稿

会員の新しい投稿