マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 1988年~

ハゲタカのえじきボドゲ好きのてんちゃんさんのレビュー

165名 が参考
0名 がナイス
2年弱前

限られた枚数を知恵と戦略を駆使して、カードを競り落とす競りゲーム。

最大6人までプレーできます。

各自【1~15】までの15枚の数字を使って、【ー5~10】までの15枚の数を競ります。

たとえば、10という最高値のカードが場に出た場合

競りなので、一番高い数を出した人が、そのカードを競り落とすことができます。

ただ、同数が出た場合は2番目に大きな数を出した人が競り落とすことができるのがポイントです。


例:【10】の数が場に出て、各自競り落とす数字が 15の人が2人、14が1人、13の数が1人だった場合。一番高い数は15だが、二人同数のため、この【10】の数を競り落としたのは、2番目に低い数をだした14の人になります。


逆に、【-5】の数字はだれも欲しくありません。これは一番低い数を出した人が競り落とすことになります。

また同様に、同数が出た場合は、2番目に低い人がカードを貰い受けることになります。


まれに、全員同数の時があります。その場合、最初に出した数は、もう使用できないので、

そのカードを出したまま、手札からもう一枚全員出して勝負をしなおします。


競りカードの合計数が一番高い人が勝利となります。


シンプルなルールでわかりやすく、持ち運びもしやすいので

自宅だけでなく、長距離移動の電車ないなどでも遊ぶことができます。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
ハゲタカのえじき
ハゲタカのえじきの通販
シンプルですが、ワクワクするゲーム。
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,500(税込)
仙人
ボドゲ好きのてんちゃん
ボドゲ好きのてんちゃん
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 526興味あり
  • 4002経験あり
  • 953お気に入り
  • 3038持ってる
プレイ感の評価
運・確率53
戦略・判断力78
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ86
攻防・戦闘2
アート・外見2
作品データ
タイトルハゲタカのえじき
原題・英題表記Raj / Hol's der Geier
参加人数2人~6人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1988年~
参考価格1,400円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ボドゲ好きのてんちゃんさんの投稿

会員の新しい投稿