マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
赤ずきんは眠らない
  • 赤ずきんは眠らない当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~6人
  • 15~30分
  • 6歳~
  • 2012年~

赤ずきんは眠らない

メーカー・卸元:アークライト

残り2点
送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
狼を撃退?すやすや眠る?手軽なブラフゲーム!

狼とブタさんに分かれます。

狼さんに見えないように、ブタさんたちはおやすみするか、罠をはるかを選びます。自分のブタカードの下に、選んだほうを上にしてカードを置いておくのです。

全員が完了すると、狼さんは誰かを食べに行きます。

もし襲撃先が寝ているブタさんだったら得点が得られますが、罠にかかると得られません。ブタさんの得点になります。

うまく罠をかいくぐり、得点を重ねましょう!世界観が可愛く気軽に楽しめる、ブラフゲームです。

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 30件

レビュー
393名が参考
4年以上前

「赤ずきんは寝るよ!!」だましあいゲームです。

プレイヤーは捕食者(狼)と被食者(赤ずきん、親ぶた、子ぶた)に分かれます。

狼は誰を晩御飯にするかを決め、被食者はスヤスヤと眠るか、トラップを張って待ち構えるかを選択します。

狼は捕食できたら得点、被食者は無事に朝まで眠れた人、狼をトラップに引っ掛けた人が得点します。

どのキャラをプレイしていたかで得点が変わります。

赤ずきんは3点、親ぶたは2点、子ぶたは1点です。狼は食べた相手の得点を得ます(赤ずきんを食べれば3点)。食べられた人、トラップに引っかかった人は、相当する得点を相手プレイヤーに渡します。最初に10点を超えた人の勝利です。

寝てるのか、トラップを張っているのか。

寝るか、トラップを張るか。

単純ですが、熱くなれるゲームです。

続きを見る
閉じる
皇帝
もっきん
もっきん
レビュー
375名が参考
4年弱前

まずはスタートを決めます。プレイヤーは人数に合わせた狼や赤ずきん、ブタの

家族のカードを受け取ります。自分も含め好きな人にカードを配ります。狼以外を

受け取ったプレイヤーは自分が「おやすみ」「罠」を選び狼に見えないように伏せま

す。全員が選び終わったら、狼は誰を襲うかを決めます。決めた相手はカードを

オープンし「おやすみ」だった場合は狼はカードに書かれた得点を獲得。襲われた

方はその得点を払います。襲われず寝れた人も得点を獲得。減点を受けた方は

配役のカードを好きに配り直し繰り返します。先に15点獲得すれば勝利です。


タイトル通り見た目のイラストも可愛らしく狼や赤ずきんちゃん、ブタの家族等も登場し
得点も赤(5点)やピンク(1点)のハートマークで女性ウケもいいです。
でも内容は結構手軽な心理戦が楽しめます。あの人はもうすぐ15に届きそうだから
得点の少ない子豚にするかとか、狼にするかとか。赤ずきんをくれたのはどうして
なんだろう等、簡単なルールだけに色々な理由を考えて楽しむのがこのゲームの
面白さだと思います。

続きを見る
閉じる
仙人
紙の城:亞猫【あにゃん】
紙の城:亞猫【あにゃん】
レビュー
365名が参考
2年以上前

レビューを見る限り凄く高評価のゲームですが、自分には合わない、、、

この掲示板自体が色々な方に当該ゲームを知ってもらおうと言う趣旨だと思うし、あまり否定的なレビューは書かないつもりなのですが、このゲームだけはいただけない。

自分自身が、ブラフ・心理系ゲームが好みではないので、このゲームが面白くないと言うのはあくまで私の主観で、これに対して奥深く面白いと言う方の意見も否定はしません。

何が面白くないのかと言うと、このゲーム、どんなに奥深くても心理戦要素があろうとも、出来るアクションは、2択/どっちかしか選べない/50%の確率

のゲームなんです。

その2択の中に深い心理戦があると言う意見もあると思いますが、どんなに深く考え相手に心理的揺さぶりをかけても、最終的には出来る事は2種類だけなんです。

そして決定的に自分が面白くないと思うのは、自分が狼以外のターンの時に、トラップを選択する事になんらリスクが無い事です。

確かにゲームに勝つ為には「おやすみなさい」を選択する必要もあるかもしれませんが、極論を言うと、参加者全員がずっとトラップを選択した場合に永遠にゲームが終わりません。これはゲームとして成り立っていないのではないでしょうか?

私自身が、熟考する重ゲーが好きで偏見に満ちたレビューだとは重々承知のうえで、結局、やる事は2つの内の1つだけと言うのは、ゲームとしてあまりにも面白くないと感じ、ここにネガティブなレビューを記します。


あ、でもアートワークはとても可愛いらしくてイイかも、、、

続きを見る
閉じる
仙人
コージ
コージ
レビュー
332名が参考
約2年前

狼が「ワンショット・ワンキル!(っぽく)」でお休み中の赤ずきんや子豚を狙う、読み合いゲーム。


赤ずきんや子豚は「お休み」か「トラップ(狼が負ける)」かを選択して、場に伏せる。


狼はトラップを仕掛けていない相手を予想して忍び込み。成功した場合得点を得られる。

赤ずきんと子豚にはそれぞれ点数があり、赤ずきんは3点、子豚は2点、1点。


逆にトラップが仕掛けられていた場合は相手の得点となり、狼の得点はマイナスになる。

負けたプレイヤーは狼となり、赤ずきんや子豚の配役をして、次のターンになる。

点数を10点獲得したプレイヤーの勝利。


このゲームは相手の出方を読んで楽しむ読みあいゲームだが、キャラクターに割り振られている得点のおかげでそれほど難しくなく予想できる。


『赤ずきんは3点なので、高得点が狙いやすいが、それを逆手にとってトラップをしかける可能性があり、所持得点が低い場合はギャンブルでお休みを選択しているかも…』という感じだ。


プレイ時間も記載の通り20分程度なので、ボードゲームプレイのウォーミングアップにちょうど良いタイトルだと思う。

続きを見る
閉じる
勇者
竹輪御前
竹輪御前
レビュー
260名が参考
4年以上前

スナイパーが主役ではないですよ?(分かる人いるのかしら)
という話はおいておきまして、赤ずきんは眠らないは一言でいえば、「点数を稼ぐために上手く狼を騙すゲーム」です。
赤ずきん以外にも役割がありますが、狼となって赤ずきんたちから点数を取るか、赤ずきん達になって点数を稼ぐか
の2択を選択しつつ勝利点まで稼ぐゲームとなります。

『赤ずきんは眠らない』は、各自が自分の行動として選んだのは〈眠らずに狼に備える〉か〈眠って得点を取る〉かのどちらなのかを狼役の1人が心理を読んで予想し、無防備だと思う1人を指名して襲うゲームです。


『赤ずきんは眠らない』の特徴は点数を取られたプレイヤーが次の番は他のプレイヤーに自由に役割カードを配れることです。
これにより、独走している人に狼を渡して全員が罠を張って妨害することもできますし、赤ずきんのカードを自分にして点数を稼ぐやり方も可能です。

問題点は読み合いが最後の勝負になってしまうため、プレイヤースキルや人間関係をある程度理解しているかどうか
など情報の多い少ないによる差が出やすいところですね。
ルールが単純ですが、なれるほどにシビアな展開になりがちです。

10点が多いようですくないので、プレイヤー間のスキルが結構きいてきます。

また、4人が最低人数なので人が集めづらいと遊びにくいのも問題点の一つです。

続きを見る
閉じる
仙人
鉄狼(てつろー)
鉄狼(てつろー)
レビュー
248名が参考
約5年前

カードとタイルを使った心理戦が楽しめるシンプルなカードゲームです。

ターンごとに「赤ずきん&豚」と「狼」チームに分かれ、毎ターン狼は夜に誰かを食べるために1人だけ、赤ずきんか豚を指名します。赤ずきんと豚のチームは「眠って得点を稼ぐ」か「トラップを仕掛けて狼から得点を奪う」かのタイルをカードの下に隠します。
眠っている人を選ぶと狼は加点し、トラップを仕掛けている人を選ぶと失点する。また選ばれなかった人は眠っていると加点し、トラップだと無得点になり、先に10点先取した人が勝利となります。

このゲームの一番のキモは、そのラウンドで失点した人が次のラウンドの赤ずきん、豚、狼の役割を割り振れること。この割り振りかたで、ゲームの勝敗が大きく変わってきます。

簡単なゲームのようで、論理的に考えないといけないところもあり、初心者から上級者まで楽しめるゲームだと思います。

特にゲームが終盤に誰かのアガリが見えてくると、詰め将棋のように、誰にどの役割を割り振ったほうが相手にアガられなくて済むとか、アガりそうな人が狼の時に、全員トラップを選べば確実に失点させることができるが、裏をかいて、、、といった心理戦は面白いですね。

カードデザインも可愛く、子どもや女性のウケがいいです。
インストも簡単で短時間でゲームが終わるため、ゲーム会のアイスブレイクやインターバルにオススメです。

続きを見る
閉じる
大賢者
shunzei
shunzei
レビュー
246名が参考
11ヶ月前

お手軽な心理戦ゲーム!期待値計算すると選択肢の幅が少なく、ゲーマーには不向きです。


【注意書き】

 厳しい評価になります。本作のファンはあえて読まないことを強くお勧めします。


【ざっくり解説】

 童話『赤ずきん』をテーマにしたものの、罠を仕掛けて狼を撃退できるという現代的な要素が追加されたゲームです。その実態は非常に単純で、狼とのジャンケンみたいな感じのゲーム性です。

 狼役はその他の人を個人指定で襲えます。襲う前に狼以外のプレイヤーは睡眠か罠の2つのタイルのどちらかを伏せて置きます。


 罠は狼に襲われた時に得点できますがそうでなければ無意味です。睡眠は襲われなければ得点ですが襲われたときに失点します。主に狼以外はこの2択で悩むゲームです。狼は他のプレイヤーが何を選ぶのか予想し、ターゲットを決める必要があるというわけです。


【長所】

 心理戦にだけに集約されたミニマムなゲーム性でしょう。説明を聞いて1回テストラウンドをやれば、十分な説明がなくても理解できるぐらいシンプルなゲーム性です。ちょっと複雑になったジャンケンレベルのルールなので、すぐ理解できます。

 あとは可愛いイラストですね。多くの日本の人にはこういうイラストの方がとっつきやすいかと思います。


【短所】

 確率と期待値から打つ手が決まる印象があります。楽しむコツはいかに心理的読みで期待値勝ちできるかにやりがいを感じられることが必須ではないかと思います。

 また全員が罠を選ぶと、狼は選択前の段階から詰んでいる状態になってしまいます。まあ、論理的に言えば4人以外ではあまりない状況です。


【個人的な評価】

 シンプルな2択をゲームの主軸に据えることで極限まで要素を削ぎ落し、単純2択で悩ましいゲームをデザインしようとした意欲作なのは間違いないと思いますしかし、必要以上を削り過ぎた感があります。

 期待値からプレイヤーが打つべき手が決まってしまうようなきらいがあり、ゲーマーの人には僕個人としてはお勧めできないゲームだと思います。そういう計算をしてしまうぐらい、ゲームの上手い人はもっと他のゲームをプレイしたほうが幸せになれると思います。


 ここまで厳しく評価したとはいえ、可愛いイラストとシンプルなゲーム性はライトユーザー層を取り込むゲームとして十分な役割を果たしてくれていると思います。特に国産ゲームのイラストは海外ゲームの渋いイラストにはない魅力があるのも間違いありません。この点だけは素直に評価してよいと思うタイトルです。

続きを見る
閉じる
マクベス大佐@ボドゲブロガー
マクベス大佐@ボドゲブロガー
レビュー
245名が参考
約4年前

敵役というか裏切り者陣営というか黒というか悪者サイドというか

ゲーム内の言葉で表現すると”はらぺこ狼”はゲーム内で固定ではなく

前ラウンドの失点者なので 攻め手がころころ変わるのがポイント

といっても攻め手も受け手も得点失点のチャンスがあるので

どちらが優位ということもなく とにかく読み合いが熱いゲーム

====

アナログゲーム 狼 と聞くとどうしても人狼が思い浮かびますが

そういったおもむきは一旦よけて

攻め手であれば 堅実にいくか大胆に狙うか

受け手であれば 誘うかかわすか

このあたりを考えましょう

====

どちらの立場ににしても 上手くいけば得点 下手をうてば失点なのは変わらないので

お互いの思考を読み 裏をかき 時には素直に貪欲に

嘘というよりは 動揺を誘う虚勢が大事なように思います

狼であればあえて勝利ポイントに到達するカードを配してみたり

全員トラップだと主張して狼の思考を誘導したり

====

序~中盤はこの駆け引きが楽しいのですが 終盤のキレの悪さがやや気になります

複数プレイヤーが勝利条件のポイントに近づいて それが狼であったとき

全員がトラップだと狼としては詰んでしまうので

だらだらとしがちです (プレイ経験が浅いせいかもしれません)

====

騙しあい 読み合い 駆け引きと連ねると 初心者にはハードルが高く思えますが

そこまでバチバチとした攻防にはならないですし 誰もが得点のチャンスがあるので

ダウンタイムも生じにくいので 正体隠匿ゲームやブラフゲームの入り口にちょうど良いと思います

続きを見る
閉じる
勇者
Trpn_Redakteur
Trpn_Redakteur
レビュー
224名が参考
1年以上前

バリエーションルール(5-6人推奨)


 非常にシンプルな心理戦が楽しめるこのゲームですが、複数のプレイヤーが結託してオオカミと対峙する状況が生じる(ゲーム後半の戦略として必要なことが多いですが)ことに違和感を覚える方もいます。


 この間のプレイで追加のルールを考えてみました。

 1.オオカミは、「全員がトラップをしかけているので襲撃しない」ことを選択することができる。この場合2のルールは適用されない。

結果、全員トラップであった場合は全てのプレーヤーは1点をバンクに返却する。

次のラウンドはオオカミのプレーヤーがキャラクターの割り振りを行う。

寝ているプレーヤーがいたときは通常通り点数の授受を行う。次のラウンドはオオカミのプレーヤー以外で所持点の低いプレイヤーがキャラクターの割り振りを行う。

 2.全てのプレーヤーが寝ていたときはそれによる点数を得ることができない。


あがりそうなプレイヤーにオオカミを押し付け、みんなでトラップする作戦は、1のルールにより明らさまな結託ができなくなるものの、依然として有効です。

が、全プレーヤーの点数が下がるリスクがあるため、その後の展開に若干変化が生じます。2により多くのプレイヤーが同一のアクションを選択することを抑制することができます。


元のゲームが簡潔なルールのため、いろいろなヴァリエーションルールが作れそうですが、BGGはじめ、英語でも検索してみましたが、見つかりませんでした。


個人的にはオリジナルルールで充分楽しめると思いますが・・・

続きを見る
閉じる
maro
maro
レビュー
203名が参考
2年以上前

相手を指定してジャンケンをするだけのゲーム。6人でプレイ。ルールはこのサイトだけを見てもすでにわかりやすいレビューが沢山あるため割愛。結論から言えば問題があるゲームであり、積極的にプレイしたいとは思わない。子豚ばかり連続して配られると得点が低すぎ、子豚で夜更かしなどしようものなら早々にトップ争いから脱落する。あまりといえばあまりのシステム。また全員が夜更かししていた場合に狼が相手を選ぶ意味はなく、このゲームでは相談や交渉にペナルティがないため結託した夜明かしが頻繁に起こり理不尽な展開となる。序盤から中盤にかけての狼の移動のルールは面白い。

続きを見る
閉じる
仙人
moonwing-moth
moonwing-moth
レビュー
193名が参考
2年以上前

眠そうなこぶた超かわいい。

そのつぎに賢そうなこぶた超かわいい。

リーチの人に狼役を回して全員がトラップを仕掛けて狼の点数を減らす作戦と見せかけて失点の少ないこぶたを狙う狼の裏をかいて赤ずきんでトラップを仕掛けずに高得点を取りにいったことまで読みきった狼があえて赤ずきんを狙うさらにその裏をかいてトラップを仕掛けずにふつうに狼にたべられるこぶた超かわいい。

続きを見る
閉じる
仙人
プトシ
プトシ
レビュー
188名が参考
5年弱前

小学生の子どものお友達と一緒に遊ぶのに最適のゲーム。

子どもから大人まで楽しめるのはもちろん、コンポーネントが可愛らしく、ルールも簡単で、インストも簡単。最大のポイントは、カードが傷ついたりしてもゲーム性に全く影響無いことです。

小学生はどんなに注意したところで興奮したらカードを握り締めて曲げてしまう生き物なので、曲がってしまっても仕方ないと大らかな気持ちでゲームができるというのは極めて重要なのです。

続きを見る
閉じる
皇帝
木公ナビー
木公ナビー
リプレイ
184名が参考
4年弱前

影龍・ネクロス・bepが勝利目前、ラストゲーム。

天真が狼。bepが罠親豚、ネクロス睡眠赤ずきんで同時に10点。

罠による得点が優先されbep勝利

続きを見る
閉じる
大賢者
ネクロス
ネクロス
レビュー
180名が参考
5ヶ月前

6人でプレイした感想です。「おやすみ」か「トラップ」かの2択という単純な読み合いのゲームではありますが、狼1:その他5という構図により選択肢が広がり両方を悩ませることになります。その他(赤ずきんやぶた陣営)も赤ずきん3点、親ぶた2点、こぶた1点という増減する点数の差で立場は同じでは無いところも面白いです。

特にゲームが進み勝利点に近いプレイヤーが出てくると、一位のプレイヤーに狼をやらせて全員が「トラップ」を仕掛ける…と見せかけてちゃっかり赤ずきんが「おやすみ」で得点を狙っていたりと、盛り上がりどころの有るゲームでした。

購入者としては箱のデザインやタイルの厚み、かわいいイラストの乗った説明書がお気に入りで購入してよかったです。インストも簡単ですし、初級編ブラフゲーム、6人まででわいわい出きるゲームとしてぴったりだと思います。

続きを見る
閉じる
皇帝
めいてい03
めいてい03
レビュー
168名が参考
4年以上前

狼になったプレイヤーは他の赤ずきん、おやぶた、こぶたを食べようとします。ここで無事に誰かを食べることができれば狼は得点を獲得です。

 一方,狼に食べられずにすんだプレイヤーも,ある条件を満たしていれば得点を獲得できます。
 最初に得点の合計が10点になったプレイヤーの勝利。 眠って得点を狙うか?おきていて防御するか? 話の展開、心理的に相手を、うまく騙せかが面白いゲーム。

続きを見る
閉じる
m1114toy
m1114toy
レビュー
166名が参考
3年以上前

小学生と一緒にやりましたが、まぁ盛り上がる!デザインがかわいいのと、どのブタにするかを決めあって非常に盛り上がっていました。ただ、やるときに4人以上はいたほうが読み合い探り合いの点では面白いかと思います。


騙し合い探り合いのゲームの初心者・導入にはもってこいだと思っております。実際、ここからボードゲームにいろいろはまってしまう子も続出しました。


大人も子供も一緒になってわいわいできるゲームなので、ちょっとした集まりの時のアイスブレイク的にやってもいいのではないでしょうか?

続きを見る
閉じる
だか(こ)さん
だか(こ)さん
レビュー
164名が参考
4年以上前

非常にシンプルなルールで面白いです.

他のゲームに比べると運要素強めかもしれませんが,戦略ももちろんあります.


交渉などが必要ないのでかわいらしい見た目に反して黙々とプレイすることが多くなり,周りから見たプレーヤーに「面白い?」としばしば聞かれるのが難点?

続きを見る
閉じる
国王
IZM
IZM
レビュー
155名が参考
約5年前

童話の世界観でちょっとした心理戦や駆け引きを楽しむタイプのゲーム♡
こういう系のゲームは大人向けのゲームが多いけど、こういう可愛い感じのキャラクターデザインがいっぱい増えてくれたら小さい子も遊べるから嬉しい♡
あと、はらぺこ狼さんのカードがかわいくて個人的に好き♡

続きを見る
閉じる
勇者
みーぷる♡
みーぷる♡
レビュー
152名が参考
1年以上前

どんなゲーム?

ラウンドごとにオオカミ(襲う側)となるプレイヤー、赤ずきん・子ブタなどの守る側のプレイヤーを決める。


オオカミがどのプレイヤーを襲いに行くのか、自分が襲われると思えば「トラップを仕掛ける」を選び、自分が襲われないと思えば「おやすみなさい」の二者択一。


面白いのは誰がどの役割を担当するかは前のラウンドでポイントが減ったプレイヤーが選択すること、役割を選ぶ段階から始まる心理戦。


赤ずきん(3点)を選んで高ポイントを狙っていくのか、狙われにくい子ブタ(1点)を選ぶのか。


パッケージはグリム童話の絵本でダークなイメージですが、内容物のカードや得点トークンはハート型で可愛らしく、小さな子供から女性にも受けが良い、それでいて簡単に楽しめる、心理ゲームです。


ゲームの目的、大まかな流れ、勝利条件

オオカミ以外のキャラクターは「おやすみなさい」か「トラップ」を選択して、自分のキャラクターカードで隠す。


オオカミはどのキャラクターを食べに行くのか選び、そのキャラクターの前にカードを置く。


指定されたキャラクターが「おやすみなさい」ならオオカミに食べられてしましまいます。
食べたキャラクターのカードに書かれていた数だけ、相手の得点を奪います。


逆に「トラップ」であった場合は、オオカミをやっつけます。
オオカミをやっつけたプレイヤーは、カードに書かれていた数だけ、オオカミから得点を奪います。


オオカミに狙われなかったプレイヤーは、「おやすみなさい」を選択していた場合、キャラクターカードに書かれていた数だけ得点をもらいます。

「トラップ」だった場合、何も起こりません。


得点を失った人が、次に誰がどのキャラクターカードを担当するか決めます。


以上を繰り返し、誰かが10点以上先取したらゲームは終了し、勝者となります!


コメント

可愛いコンポーネント、子供でも分かる世界観で女性や子供にも楽しめる作品です。

ただ、心理戦が苦手な方、やってて苦しくなる方には向きません。
(実際にいらっしゃいました…)

必ず誰かがポイントを得るか失うため、勝利となる10点が近づいてくるとキャラクター選択からじりじりと悩み始めます。

「おやぶた」が加わる4人以上~6人がおすすめなゲームです。



このゲームのルール説明をブログで紹介しています。

興味がありましたら、ご覧ください。

https://board-game-toyota.hateblo.jp/entry/akazukin_ha_nemuranai

続きを見る
閉じる
大賢者
豊田市ボードゲームファン
豊田市ボードゲームファン
レビュー
140名が参考
約4年前

単純だけど奥が深い。遊ぶ相手によって変わるゲーム。実は狼がかわいそうなゲーム笑

続きを見る
閉じる
仙人
hanikinu
hanikinu
レビュー
135名が参考
8ヶ月前

お試し初レビュー。


ルール説明は割愛


ルールはシンプルでプレイ時間も短いいわゆる「軽いゲーム」

テーマとアートがゲームのルールとマッチでグッド


運ゲームの域を完全に出ることはないが、突き詰めると戦略性も深くあると感じた。

3人プレイしかしたことないので想像だがプレイ人数によって戦略が変わってきそう

(人数が多いほど狼の襲撃率が下がることにより、睡眠を選択する人が増え、結果的に狼の襲撃成功率が上がる?)


自分で確認せず表裏を選ぶ人がいると確率・運ゲーム要素がかなり上がる。



プレイヤー同士のゲーム感が合いさえすれば読みあいと運のバランスが良いゲームだと思います。

続きを見る
閉じる
皇帝
ゆみ虫
ゆみ虫
レビュー
134名が参考
5年以上前

超高速インスト。
オオカミ、赤ずきん、親ぶた、子ぶたに別れてプレイ開始。
オオカミプレイヤーは誰かを襲いに行く。
その他プレイヤーは「おやすみなさい」か「Trap」を選択する。
「おやすみなさい」のプレイヤーを襲った場合、オオカミの勝利。「Trap」のプレイヤーを襲った場合、プレイヤーの勝利。
先に10点獲得した人の勝利なんですが、これが意外と勝てない。
なぜなら超攻撃型プレイヤーが二人いた場合、そこでデスマッチが繰り広げられやすいから。
かつ、メタ読みがかなり有効なので、初対面で軽くプレイする場合と、友人知人で殺しあう場合とではゲームの印象がかなり異なる。
イラストがかわいい。

続きを見る
閉じる
大賢者
きのこ
きのこ
レビュー
129名が参考
1年以上前

入手簡単!(ドンキやおもちゃ屋で見かける)

説明簡単!

準備簡単!

ルール簡単!


シンプルな心理戦。カイジとかが好きなら好き。


読みあいに面白さを見いだせない人には絶対に向かない。

いい意味でも悪い意味でもライトすぎる。


続きを見る
閉じる
大賢者
もりお
もりお
レビュー
127名が参考
5年以上前

シンプルなルールなのに非常に悩ましいゲームです。
得点を稼ぎたいけど、襲撃されると得点を失ってしまう・・。
じゃあ、罠を仕掛けて得点を奪還してやろうとすると、逆に襲撃されずに無得点で終わる・・・。
相手との読み合いが大事になるゲームだと思います。
新装版になってカードの大きさも変わり、かわいいイラストをじっくり見られるようになりました。

得点チップの5点が新装版では、赤いハート型になったのも個人的にはいいなぁと思いました。
得点を奪われて、5点以下になるときのショックさがちょっと増すような気もしています。

分かりやすいながらに白熱するので、初心者の方にもおすすめです。

続きを見る
閉じる
仙人
ケントリッヒ
ケントリッヒ
レビュー
122名が参考
11ヶ月前

・テーマ、コンポーネントが良い。

・シンプルなルールで心理戦が楽しめる。

・コンパクトで持ち運べ、飲みながらできる。

・読み合いを放棄する人がいるとただの運ゲーになりさがるので、みんなで楽しむことが大事。

・テーマ、コンポーネントが良い(二回目)

続きを見る
閉じる
勇者
K
K
レビュー
110名が参考
5ヶ月前

狼は眠っている豚ちゃんたちを襲う。豚ちゃんたちは狼を罠にはめるか何事もなく眠るかで得点を稼ぐゲーム。人狼のような深い読み合いはいらず、寝てるか罠を張ってるか2択のシンプルな駆け引きのため、初心者でも堂々と嘘ついてもばれないのか良いところ。やるとわかるのだが、親豚が丁度いい良い働きをして、ゲームが盛り上がりますね。

続きを見る
閉じる
国王
kome
kome
レビュー
87名が参考
5年以上前

無防備に眠っている赤ずきんや豚を狙って狼が襲いに行く・・・
もちろんその読み合いだけでも充分楽しいのですが、それ以上に奥の深いゲームだと僕は思います。
ポイントになるのは 赤ずきん/おやぶた/こぶた で得られる点数の違いと、
ラウンド終了時に次のラウンドの配役をそのターンで負けた人が選ぶというシステムです。

このゲームのキモは後半戦、ポイントが徐々にたまって来てからです。
たくさんポイントを持っているあの人を上がらせないためにどの配役のカードを渡すのがベストなのか・・・
不利な状況から一発逆転するために、おやすみなさいを選ぶべきなのかトラップを選ぶべきなのか・・・
それぞれの思惑を考えた上ではらぺこ狼は誰を襲撃するのが正解なのか・・・
といったように、考える事が格段に多くなり、駆け引きのレベルが上がっていくのです!

ちなみに新装版はポイントのトークンがかわいいハート型に!
旧版持っているけど新装版も欲しくなってしまっている僕です笑

続きを見る
閉じる
国王
しゃぼん/たくみ
しゃぼん/たくみ
レビュー
85名が参考
約5年前

狼役のプレイヤーは誰を襲うかを決めるだけ、そのほかのプレイヤーは得点を得るために寝るか、
襲ってきた狼に対して罠を仕掛けるかを選択するだけの簡単なゲームです。
ルールは非常にシンプルですが、自分の役割に応じて得られる点数が違うため、
現在の点数や周りの状況を加味したうえで、ほかのプレイヤーとの心理戦を楽しむことができます。

箱が小さく持ち運びも簡単で、ルールもボードゲーム初心者にも非常にわかりやすいため、
ボードゲーム初心者や、初めてプレイする方、お子様も参加して一緒に遊べる非常におすすめのゲームです。

続きを見る
閉じる
仙人
Uty
Uty
レビュー
73名が参考
3年以上前

シンプルな心理戦を楽しむことができる一品。チビッ子にもやさしい  

続きを見る
閉じる
国王
スカッシュ
スカッシュ
レビュー
71名が参考
4年弱前

スカルと並んでポーカーフェイスとブラフが全面に出てるゲーム

単純なのもいい


僕はどういうわけか、このゲームをやると人をハメることに熱中して勝つのはどうでも良くなるw


楽しみ方は人それぞれということでw

続きを見る
閉じる
大賢者
tapy_walker
tapy_walker
  • 商品価格¥ 2,200(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 384興味あり
  • 1951経験あり
  • 238お気に入り
  • 1167持ってる

チェックした商品