マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 10分~20分
  • 10歳~
  • 2016年~

ダンジョニングガラス猫さんのレビュー

166
名に参考にされています
2017年06月01日 09時35分

このゲームは魔王1 vs 勇者での戦いとなります。

各勇者が「1.待機(1HP回復)」・「2.移動(1マス進む)」・「3.能力(特殊能力を使用)」の中から同時に行動を決め、全員行動したら魔王のターン。魔王は「魔力をためる」・「魔法を使用する」・「手札を入れ替える」のどれかを行い、最後に1枚山札から引く。山札が尽きれば魔王の勝ちです。逆に勇者側は、魔王の山札が尽きるまでに魔王の部屋にたどり着けば勝ちです。

勇者の行動順は上記の行動番号の低い順で、同じ場合は任意です。移動する際、移動済みのカード以外は裏向きでランダムにおかれているので、運が悪いと罠ばかりの部屋を通ることも・・・。

魔王が若干有利になっていますが、ダンジョンの構成や魔王側のカードの引きの運で圧勝することもあります。もちろん、逆にダンジョンが罠だらけ&魔王の引きが強くて完敗することもあります。

HPが低いキャラは特殊能力が強力ですが、魔王の魔法で瞬殺される危険性もあります。ただし、初期HPまで回復していれば1回は耐えられるようです(一部ランダム攻撃のやつが集中すれば死ぬ可能性もありますが・・・)。能力重視でHPの低いキャラクターばかりになると、回復ばかりに時間をとられて、山札切れで魔王の勝ち・・・といった展開にならないよう、勇者側のバランスも大事ですね。

1ゲームの時間が短めなので、集まったメンバーで魔王を後退しつつやるのも面白いです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ガラス猫さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 17興味あり
  • 69経験あり
  • 14お気に入り
  • 52持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見2
作品データ
タイトルダンジョニング
原題・英題表記Dungeoning
参加人数3人~5人(10分~20分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインWelch
アートワークWelchごんたろう(Gontarou)
関連企業/団体てぃ〜くらぶ(T-club)
拡張/関連元ダンジョニング拡張 勇者の雪辱(2018年)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ガラス猫さんの投稿

会員の新しい投稿