マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 1975年~

ドメモCamelooraさんの戦略やコツ

64
名に参考にされています
2019年07月12日 09時23分

個人的にはそこまで考えません。とりあえず、見えていない枚数が多い数字を言ってみる感じです。ただし、それだけだと自分のミスが他プレイヤーのヒントになってしまうので、勝とうと思ったら多少はブラフが必要になってきます(要はウソやハッタリ)。自分が持っていないとわかっている数字を言ってみたり。

例)自分をAとしたとき

2人プレイ:Bさんが1を持っている

      Bさんが2を2枚持っている

3人プレイ:BさんCさんが2を1枚ずつ

      Bさんが3を2枚、Cさんが1枚持っている

そういったときに「あえて」2を宣言するなど

4人5人プレイのときも同様です。どの場合でもそれぞれが自分の手札には無いと思うでしょう(少なくとも1枚分は少なく見積もってくれるでしょう)

逆に数字を言わないこともブラフになることがあります。

例)

4人プレイ:自分からは1が見えない。つまり、自分の手札か伏せカード

3人プレイ:BさんCさんが3を1枚ずつ持っている。または、Bさんが3を1枚持っていてCさんは持っていない。または、場の公開カードに3が1枚あり、BさんCさんは持っていない

こういう場合は、当然自分の手札にあれば進展しますし、無くても前述とは逆に他プレイヤーに持っていると思わせることもあるでしょう。

ちなみに、確率論みたいなことは考えてもムダでしょう。見えていないのは、自分の手札と伏せカードだけです。「どちらかにある」ことになります。自分が宣言してハズレた数字だけを覚えておくことを忘れずに!

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • kannzi yasui
Camelooraさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 131興味あり
  • 1237経験あり
  • 243お気に入り
  • 693持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率23
戦略・判断力33
交渉・立ち回り7
心理戦・ブラフ26
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルドメモ
原題・英題表記DOMEMO
参加人数2人~5人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1975年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Camelooraさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク