マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 30分前後
  • 12歳~
  • 2002年~

指輪物語:対決マクベス大佐さんのレビュー

89
名に参考にされています
2020年05月17日 09時54分

【ざっくり解説】

 善悪の陣営に分かれてそれぞれ9人の特殊能力を持つコマを、正体を隠したまま配置し戦わせるゲーム。お互いに同じマスに入った時に正体を明かしあい、基本の攻撃力にカードの能力を加えて戦闘を解決します。

 善悪の陣営のバランスのとり方も面白く、悪側は攻撃力が高いが特殊能力は弱め善側は攻撃力は低めだが特殊能力が強く、結構相打ちが狙えるようになっています。善側は俗に自爆テロと評されるほど相打ち前提です(笑)。


【長所】

 短時間で厚みのある情報戦と心理戦を楽しめること。この一言につきます。クニツィアは2人ゲームのキャラ性能が違ってもバランスを取るのが非常に上手く、本作でも如何なくその才能を発揮しております。

 勝利条件はフロドをいかにモルドールにねじ込むかの善側フロドを如何に討ち取る&ホビット庄に3体送り込むかの悪側に分かれます。

 特に悪側は相対的に命の価値が高く、相打ち時のダメージが重くのしかかります(笑)。フロドさえ生きていれば良い善側普通は逆だと思う(笑))とこの対比が面白く、絶妙なバランスに仕上がっています。


【短所】

 できるできないの能力の解決の優先順位に悩むことがあります。例えば山間部は側面撤退ができないのですが、アラゴルンの側面攻撃はできるのか?あたりが思いつきます。

 マジック・ザ・ギャザリング方式みたいに「テクスト能力がルールに勝つ」みたいに定義してあると良かったと思います。能力解決に疑問に感じたら説明書をチェックしたほうが良いです。


 個人的には悪側が不利寄りに思います。ですが悪側はプレイは比較的楽なので、初心者は悪側が向いているかもしれません。


【個人的な評価】

 良いゲームだと思います。物語上のフレーバーもまあまあゲームシステムに落とし込んであり、悪くない範囲かと思います。一番の肝は心理戦なので、ゲームが単調化しにくいとは思います。月に1度ぐらいの期間で遊べれば長く遊べるでしょう。15~20回ぐらいは遊びました。

 今でも確実に相打ちがとれる「ボロミア」をどこに切るのかいつも悩みますね(笑)。


 現在となっては入手が困難なのもネックですね。僕はヤフオクで買い戻しました。中古の流通品を探すのが一番でしょう。デラックス版よりもコスモス版のコンパクトな方が好みです。

 よく遊ぶ友達か家族がいるなら所有しておいてもいいんじゃないかと思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
マクベス大佐さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 96興味あり
  • 92経験あり
  • 41お気に入り
  • 69持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力8
交渉・立ち回り7
心理戦・ブラフ8
攻防・戦闘5
アート・外見3
作品データ
タイトル指輪物語:対決
原題・英題表記Lord of the Rings: The Confrontation
参加人数2人用(30分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2002年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マクベス大佐さんの投稿

会員の新しい投稿