マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~8人
  • 15分前後
  • 14歳~
  • 2016年~

コードネームクロさんのレビュー

127
名に参考にされています
2017年12月17日 22時48分

ワイワイ相談しながら遊べるチーム対抗のパーティゲームです。

プレイヤーは二つの秘密諜報機関のチームにわかれ、ヒントを出す司令官1人と回答するその他のエージェントに分かれて、自分のチームが持っているコードネームをすべて正解した方が勝利となります。

司令官の出すヒントが重要なのですが、意外と似た意味に取れそうな単語が二つ以上あったり、言ってはいけない暗殺者のコードネームと言って欲しい自チームのコードネームに共通した要素があると、何を言えば良いかが途端に難しくなります。

エージェント側はいろいろと相談など話しながら遊べるので良いのですが、司令官は相談できず、良いヒントを言わなくては!とややプレッシャーがかかってしまいますので、どちらの役割がやりたいか、わりと好みが出るのではないでしょうか? そのあたりも含めて楽しめるかどうかは重要です。

エージェント側は小さなコトでも言葉にして、司令官のあのヒントはこういうことじゃないかな? あのコードネームは〇〇という意味にも取れるじゃないか、と自由な発想で相談すると場が非常に盛り上がります。直球で分かりやすい部分だけを選んですぐにパスするのではどうしても興ざめしてしまうゲームかな、と思います。

パーティゲームではあると思うのですが、場を盛り上げるためには参加者の頑張りが必要かなぁと思います。

実際に初回で遊んだときはあまり面白さを感じられず、違う場面で2回目に遊んだときはすごく楽しかったです。とにかく司令官もエージェントも発想を広げていくことが大事です

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
クロさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 659興味あり
  • 2931経験あり
  • 732お気に入り
  • 1454持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力51
交渉・立ち回り8
心理戦・ブラフ28
攻防・戦闘1
アート・外見3
作品データ
タイトルコードネーム
原題・英題表記Codenames
参加人数2人~8人(15分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2016年~
参考価格3,240円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

クロさんの投稿

会員の新しい投稿