ビブリオスオリオリさんの戦略やコツ

41
名に参考にされています
投稿日:2017年06月19日 02時24分

 前半のドラフトパートでは、勝利点を操作する協会カードを相手に押し付けると良い感じでした。これは相手の狙いを逸早く見抜く手助けになり、何より協会カードは手札にならない使い切りのカードなので、自分が引き取ると-1枚、その間に相手が+1枚、手札2枚分のロスが生じてしまいます。

 後半の競りパートでは、各色に対する必要点数の把握が重要です。修道士・顔料は13点、聖書・手稿・禁書は6点あれば必ず勝てます。余分なカードは早々に金貨へ換えてしまいましょう。

  • 興味ある(22人)
  • 経験あり(167人)
  • お気に入り(32人)
  • 持ってる(154人)
投稿イメージ
画像クリックで拡大します
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力7
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルビブリオス
原題・英題表記Biblios
参加人数2人~4人(30分~40分)
対象年齢8歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインスティーヴ・フィン(Steve Finn)
アートワーク未登録
関連企業/団体未登録

会員の新しい投稿