マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 30分前後
  • 12歳~
  • 2000年~

バトルラインatcktさんのレビュー

176
名に参考にされています
2019年07月19日 23時34分

2人用の傑作の1つですね。作者が得意とするポーカーをベースにした手役(この場合は場の役)を作るゲームです。2つある勝利条件がすごくよいのです。


▼ゲームの概要

手札を6枚持って、手番を交互に行い、間にあるフラッグ(赤いコマ)を3つ連続して取るか、9つあるうち、5つ取るかすれば勝ちます。

手番では、手札から1枚をいずれかのフラッグの前に出し、カードを1枚引きます。

各フラッグにはカードを最大3枚までだせ、反対側に置かれている相手のカードと勝負します。

基本的には同じ色の連番が一番強く、何も揃っていない(連番でもなく、色も1色ではなく)のが最も弱くなります。

ただし、この勝負の方法が変わっています。

手番ではどのフラッグの前にカードを置くかは自由です。

そのため、相手が早く3枚カードを配置したとしても、相手のカードに上回るカードを3枚置けるのであれば、そこは勝負が始まりません。

そして、最も変わっているのがここですが、このフラッグが取れると判断したとき、相手に、「自分の役を相手が上回ることができない」ことを証明するのです。つまり、赤の7-8-9を自分で置いていたとして、相手が黄色の8-9を置いていたとします。この時、自分の別の列に「黄色の10」を配置しておけば、相手に3枚セットが上回れることがなくなります。(基本的に配置されたカードは移動しないため)

※同じセットの場合、先に作った方が強いです。


このようにして、最初の説明通り、連続した3本か5本とったプレイヤーが勝ちます。


そして、このゲームには特殊カードの山札があります。

こちらは最初は手札になく、カードの補充の際、こちらの山札から取ることもできます。

カードはどれも強力ですが、1つだけ制限があります。「特殊カードの使用枚数が相手より2枚上回ってはいけない」ということです。

そのため、自分が一度使うと、次は相手が使うまで使えません。


▼プレイの感想

久しぶりに遊びましたが、カードの補充、途中で先を見定めて「揃っていないのに」カードを配置していく感覚がとても強く印象に残りますね。

所詮2人で遊んでいるので、カードは比較的揃いやすくはありますが、それでも揃ったときはかなりうれしいですね。にやっとしてしまいます。

カードの捨て場(負けが確定しそうな列)や、3列を一気にとってしまう戦略など、簡単に見えて工夫ができる箇所がかなりあるのが面白いところです。

特にカードの補充の悩ましさ(特殊カードを取りたい)がすごくいいなぁって思います。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • はれのひ
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 448興味あり
  • 1977経験あり
  • 761お気に入り
  • 1593持ってる
プレイ感の評価
運・確率34
戦略・判断力68
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ29
攻防・戦闘20
アート・外見8
作品データ
タイトルバトルライン
原題・英題表記Battle Line
参加人数2人用(30分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2000年~
参考価格2,700円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク