マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 3分~10分
  • 10歳~
  • 2019年~

ゼノしゅんさんのレビュー

179
名に参考にされています
2020年07月29日 09時41分

カナイセイジさんの「ラブレター」を、オリエンタルラジオのあっちゃんが再編したゲームになります。

基本的なゲームのルールはラブレターと同じで


手札は1人1枚、自分の手番にワンドローして2枚の手札から好きな方を選んで効果を適用させる

それを繰り返して、自分だけが脱落していないor山札が無くなった時に一番大きい数字のカードを持ってる状態であれば勝利になるゲームです。


すごい簡単に言うと「すごい脱落しにくくなったラブレター」 です。


要はラブレターの強さ1、兵士(誰かを指定し、その人が持っているカードの数字を当てることが出来たら脱落させる)のような直接的に相手を下すカードが少なくなっています。

中田さんは自身のyouyube上で1対1の動画を多くあげていますが、それが適した遊び方のように思います。

3,4人プレイだと間延びしすぎるかと。その点ラブレターは4人でプレイしてもテンポよく進んでいきます。


1対1ならばXENO、3~4人ならばラブレター,もっと多いならラブクラフト・レターと、使い分けておくと良いのかもしれません。


その他気になったことは、カードに能力が記載されていない、ルールブックの代わりにルールが載ったサイトに飛ぶQRコードが書かれている等流石にプレイヤーに対して不親切だ....と言う部分です。イラストも美麗で世界観は素敵ですが、没入する以前にプレイに支障が出るように感じます。各々スマホを見ながらやっているとどうしても流れが止まってしまいますからね。

そう言う意味では玄人向きとも言えるでしょう。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • ミル
  • 007
しゅんさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 80興味あり
  • 214経験あり
  • 71お気に入り
  • 238持ってる
プレイ感の評価
運・確率12
戦略・判断力14
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ14
攻防・戦闘1
アート・外見15
作品データ
タイトルゼノ
原題・英題表記XENO
参加人数2人~4人(3分~10分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格700 (豪華版 8,000)円
クレジット
ゲームデザイン株式会社NIRVA
アートワークタクミ(TAKUMI)久保俊介(kubo shunsuke)CATTLEYA TOKYO
関連企業/団体株式会社NIRVA
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿