マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

カタンの開拓者たち:ジュニアDie Siedler von Catan: Junior

昔からある有名なゲームの中にはジュニア版とゆう存在があります。

小さい子でも遊べるように本家のゲームを簡単にしたものです。

で、これはカタンのジュニア版で6歳からとなっていますが、

5歳からでも十分プレイ可能です。

てゆーか、うちは理解してプレイできました。

大人とやっても、小さい子が勝つこともちゃんとできます。


このゲームの凄い所は、本家のルールを小さい子ができるように、

できるだけシンプルにしてるにも関わらず、ちゃんとカタンのプレイ感がある所です。

シンプルにしてるルールのアレンジも、ただ簡略化してるんじゃなく

なるほど、それなら子供も楽しめそうってゆう工夫がなされています。


本家との違いを詳しく説明していくと、まずテーマが違います。

本家は島の開拓ですが、こちらは海賊になっています。

コンポーネントもちゃんと海賊船と海賊基地があって、ボードもキュート。

海賊ってテーマ、なんか本家より何気にワクワクしちゃいます。


次に、勝利方法が違います。

本家は点数制です。これって僕的に嫌いじゃないんですけど、

なんか色々テーマがあるわりには、結局、高得点が取った者が勝ちってどーなん?

と、たまにピンと来ない時があって、

恐らく、学生時代にテストテストで点数に追われて

トラウマがあるからかもしれません。すいません。


で、こちらはどーすれば勝てるかとゆーと

海賊基地を7個建設すれば勝利者となりゲーム終了。わかりやすい。

ただし基地は船の横にしか建てられず、船は基地の横にしか建てれません。

つまり本家でゆーところの道が船、街と家が海賊基地って感じです。


ふるサイコロは1つだけ。

エリアの番号も1から5までで、1のエリアが3つ、後は2つずつです。

あと本家の発展カード的なココタイルとゆーものもあったりします。

ココタイルは一番多く持っていれば、無料で基地を真ん中に1個建てれるボーナスがあり、

本家の称号ルールを簡単にまとめた感じになっています。


カタンの盗賊的な奴もいて、カラス船長です。

サイコロをふって6が出たら好きなエリアに移動し、そこから資源が出なくなるのはカタンと同じ。

でも各自8枚以上の資源が減るルールとか他の人から奪うルールはなし。

代わりにカラス船長を置いた場所の資源が2つもらえるルールだけとなっとります。シンプル。


ちなみに資源はカードじゃなくてタイルとなっていて公開情報です。

手札じゃないので小さい子に扱いやすく、

僕は手札よりタイルの方がちゃんと資源感があって好きかも。


もちろん交易のルールもあります。

本家では資源4つとストックの1つと交換ですが

こちらは同じ資源2つでストックの資源1つと交換ができます。


ただこのゲーム独特のルールもあって、それが市場ルールです。

ボード上に初期に全種類の資源が並んでいるんだけど、

自分の手番では1回だけ、この市場と1対1の資源の交換ができます。

他の人との交渉が苦手な人はこちらの方があってるかもしれません。


でもちゃんと上級ルールで人との交渉ルールもあり、これを使えば市場ルールはなしとなります。

つまり入門的に市場ルールで遊んで次に対人交渉で本家の醍醐味を味わうみたいな。


手番ではサイコロふって資源を出して、基地や船やココタイルを得た資源で買い、

交易や市場などで資源を交換して手番終了。


本家のじっくりプレイとは違い、わりとサクサクでき、スピーディーで30分くらいで終れます。

感覚としては、最初の手番から終わりまでずっと全力疾走って感じかな。

それでいて本家の等価交換などもちゃんと味わえるようになっています。

子供用ですが、大人の僕でも、サクッとするならこちらでも十分面白いと感じました。

うちの子も資源が集まってくるのが楽しそうで、それで色々買うのが、さらに楽しい感じでした。

拡大再生産の楽しさを小さい子に教える入門的な所もグッド。


家族3人でプレイしましたが、

ココタイルを買いまくる作戦に出た5歳の子が勝っちゃいました。ココタイル強いなー。

でも面白いので次に上級ルールの対人交渉ルールでもプレイしました。

子供はやっぱ自分だけが得する交渉ばっかなので

そんな息子に僕は言ってやりました。

「等価交換には正しい道が必要だ!」BYジョジョリオン


ただ、本家が好きな方には物足りないのも事実だし

単純がゆえに、サイコロ運やココタイルの運もかなりのウェイトを占めていて

考えた作戦が運に押し切られ、あっさり負けるってな展開も多いです。

特にココタイルがかなり強いような気がします。

そこは子供用ですから、しょーがないです。


僕は、複雑なゲームの特に面白い部分だけをお手軽に味わえたら満足ってゆう

ちょっと変人がかってる部分があるので、このゲームを面白く感じたのかもしれません。

運が有利なゲームでも逆にそれをなんとかしたいってゆう闘志がわくってゆーか。

でも結局のところ、ヤッター資源が出たーとか、盗賊でシメシメとか

交換してお願い!とか言いながらワイワイゲームができたら

それで楽しいのかもしれません。


でもまー、大人同士がやるならもちろん本家やったほうがいいです。はい。


あ、あと、ちょっと調べたんですけど

このゲーム、実は旧作と新作があるみたいで、ちょっと中身が違います。

僕のは新作のジュニア版ですが、旧作は資源はカードのままです。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:レモネード
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 8経験あり
  • 3お気に入り
  • 10持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルカタンの開拓者たち:ジュニア
原題・英題表記Die Siedler von Catan: Junior
参加人数3人~4人(30分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 168
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月08日 01時32分

    昔からある有名なゲームの中にはジュニア版とゆう存在があります。小さい子でも遊べるように本家のゲームを簡単にしたものです。で、これはカタンのジュニア版で6歳からとなっていますが、5歳からでも十分プレイ可能です。てゆーか、うちは理解してプレイできました。大人とやっても、小さい子が勝つこともちゃんとできます。このゲームの凄い所は、本家のルールを小さい子ができるように、できるだけシンプルにしてるにも関わらず、ちゃんとカタンのプレイ感がある所です。シンプルにしてるルールのアレンジも、ただ簡略化してるんじゃなくなるほど、それなら子供も楽しめそうってゆう工夫がなされています。本家との違いを詳しく説明し...

    レモネードさんの「カタンの開拓者たち:ジュニア」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク