マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 15分前後
  • 6歳~
  • 2018年~

うんちしたのだあれ?Nobuaki Katouさんのレビュー

167
名に参考にされています
2018年08月27日 22時50分

 自宅で、小4と3歳児の息子の3人でプレイした感想です。

 ジョナサン・ファブレ・ゴダルがデザインした、スピードと記億ゲームを組み合わせた、新しい感覚のゲームです。

 カードは、色別に黄色、橙色、青色、緑色、赤色、紫色の6種類で、描かれている動物は各色とも同じオウム、金魚、猫、ハムスター、兎、亀の6種類です。

 スタートプレイヤーは1番若い人からで、手札の中から亀カードを出しながら「うんちをしたのはうちの亀じゃなくて、誰かのオウムでしょ!」と言って、うんちをしたのをなすりつけ合います。

 上記の例でいくと、他のプレイヤーの中で場に1番早くオウムカードを出したプレイヤーが、「うんちをしたのはうちのオウムじゃなくて、誰かの猫でしょ!」などと、他のプレイヤーにうんちをしたことをなすりつけます。

 これを繰り返し、手札を無くしてかつ、最後までうんちを出した責任をなすりつけられればゲームから抜けられますが、他の人が持っていない動物カードに責任をなすりつけようとしたときは、うんちの駒をもらう羽目になります。

 勿論、他のプレイヤーが全員カードを無くしてかつ、責任をなすりつけられた場合にもうんちの駒をもらう羽目になります。

 そのうんちの駒を、3つ取ったプレイヤーが負けとなります。

 プレイした感想は、手札が6枚から3枚まで減らす前半戦はスピード勝負で、手札が3枚から1枚になる後半戦は記億ゲームとなります。

 このゲームの特徴として、責任をなすりつけるプレイヤーは、場にカードを出せないため、結構手札が同じくらいのスピードで減っていきます。

 それに、手札が少なくなると、他の人が持っているカードが何なのか忘れてしまうため、大体間違ってうんちの駒をもらって終わることが多いです。

 また、3歳児にこのゲームは早いと思ったのですが、どうしてもやると聞かないので、やらせてみたら意外にゲームを楽しくプレイしていました。

 勿論、何が間違いで何があっているのかは、完全に分かっていないと思いますが、「うんちをしたのはうちの○○じゃなくて、誰かの○○でしょ!」と言うのがとても楽しいようでした。

 何度もプレイしてみて、もう少し大きくなったら、本格的なプレイを楽しみたいと思います。

 なお、小4の息子が焦って、私たちの持っていない動物カードを連発したため、今回は小4の息子の負けでした。

 悔しがりながらも、なぜが嬉しそうなのが、このゲームのユニークなところだと感じました。

4
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 弥七
  • NAGADER
  • Koniromann_A
  • makoppiki
うんちしたのだあれ?
うんちしたのだあれ?の通販
リアルタイムの記憶ゲーム!シンプルながらも緊張感たっぷり
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,650(税込)
Nobuaki Katouさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 43興味あり
  • 494経験あり
  • 64お気に入り
  • 208持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力6
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘2
アート・外見4
作品データ
タイトルうんちしたのだあれ?
原題・英題表記Who Did It?
参加人数3人~6人(15分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Nobuaki Katouさんの投稿

会員の新しい投稿