マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 30分前後
  • 14歳~
  • 2018年~

タイニー・エピック・ゾンビだいすけさんのレビュー

165名 が参考
0名 がナイス
約1年前

コンパクトなコンポーネントがウリのTiny Epicシリーズの一つ。
Tiny Epic Defendersと同じくIteMeeple(TM)を使用している。

モジュラー式にカード9枚で構成されたマップを文字通り駆け回り、あらかじめランダムに決定された目標を達成できれば勝利、全滅するか、24枚の捜索デッキが尽きたら敗北となる。

各アクションは必ず移動と紐づいていて、移動した後にゾンビを倒したり、部屋の機能を起動したり、アイテムを拾ったりする。
各プレイヤーのターン終了後にゾンビが追加され、次第に中央の本拠地に迫ってくる。本拠地にゾンビが到達し、バリケードが破られてしまうと、残機を兼ねた生存者が殺されてしまう。生存者が残っている限り、プレイヤーキャラが殺されても別キャラで復活できるので(殺されたキャラはゾンビ化するが)、本拠地の防衛は最優先事項となる。

 

ゾンビを倒すのはダイスロールの白兵戦か、弾薬を消費しての遠距離攻撃で行う。どちらも確実にゾンビを倒せるが、白兵戦はダイスの出目によってはダメージを受けたり、逆にボーナスアクションを獲得できたりする。遠距離攻撃はリスクはないが、弾薬を消費する。

このダメージと弾薬消費のシステムは、一つのトラックで表され(上の写真のキャラカード参照)、負傷マーカーと弾薬マーカーが重なってしまうと、Eaten Alive(生きたまま喰われる)となり、そのキャラクターは死亡する。怪我でも貧弱な武装でも生き残れない、というのをうまく表したシステムだと思う。

 

オブジェクティブは生存者の捜索や軍隊の誘導、特効薬の発見などバラエティに富んでいて、雰囲気を盛り上げるのに役立っている。

ただ、このオブジェクティブはどれも手順が多く、難易度にもばらつきがあってバランスに少々難があると感じた。物量系のものが重なってしまうとクリアが困難になってしまうので、そのあたりの調整はもう少し頑張ってほしかった。

また、手順が多いわりに展開は変わらないので、作業感が増してしまうのももったいない気がする。個々の手順は少なめにして、あとで追加があるような仕組みがあればよかったかもしれない。

 

IteMeepleに関しては、チェーンソーやショットガンなどつけるのが楽しみなアイテムが多いのだが、アイテムがなかなか見つからず、イベントなどで失われることも多いので、あまり生かせていない印象があった。ゲーム自体があわただしいので、うっかりつけるのを忘れたまま終了、ということもよくあった。

 

マップカードやオブジェクティブカードの文字が小さくて読みづらかったり、移動できる部屋(隣接していれば壁で隔てられていても移動できる)のルールが直感的ではないという欠点もあるが、テーマに惹かれるなら、海外ゲーム注文のついでにカートに入れてもいいかもしれない。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
だいすけ
だいすけ
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 16興味あり
  • 6経験あり
  • 3お気に入り
  • 27持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見1
作品データ
タイトルタイニー・エピック・ゾンビ
原題・英題表記Tiny Epic Zombies
参加人数1人~5人(30分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

だいすけさんの投稿

会員の新しい投稿