マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分~40分
  • 10歳~
  • 2013年~

開拓王chiyakazuhaさんのレビュー

206名 が参考
1名 がナイス
約2年前

サンファンなどで採用されているバリアブルフェイズシステム(アクションを選んだプレイヤーに得点があるものの同じアクションを行う)と、タイル配置のメカニクスのゲームです。

アクションには、タイルを引ける「開拓」、完成した地形から資材(木・石・麦)を得る「生産」、生産した麦を使って都市でポイントを得る「消費」、そして生産した資材で特殊タイルである建築物を建てる「建築」があります。

最初の数手は「開拓」を選択し、タイル配置で地形を揃えていくことになります。ここを単調とか運次第と考えてしまうかもしれません。

地形が揃ってくると、アクションが広がります。まずは生産をして資材を得て、得た資材を使って建築することで、有効な建築物を購入して配置します。また、麦畑と都市が完成しているのであれば、消費を行うことで、得点を独り占めするのもおいしいです。

中盤にくると、どのアクションが他のプレイヤーと比べて自分が得かを見定めて選ぶようになり、このゲームのメカニクスが面白く機能します。そう言う意味で、序盤は中盤を有利に運ぶために、運要素がありながらもタイルを上手く配置して、少しでも有利になるように地形を揃える準備段階でもあります。

2人でもまったりと楽しめ、30分以内で終わるので、タイルの引き運が悪くて負けても「もう1回!」と遊べるぐらいの軽さなのが良いです。4人だと人数に対応して使用するタイル数が増えるので、もう少し時間が掛かりますが、それでも軽めのゲームです。

軽い割にはよくシステムがまとまっており、カルカソンヌ的なタイル配置の面白さや、サンファン的なアクションの有効活用を楽しむことが出来ます。

特殊な効果がある建築物タイルがいろいろあり、その都度違った展開になるもの何度も楽しめます。
遊んで良ければ『開拓王The King of Frontier – もっと建物を!』をセットで購入すると、さらにいろんな建物が増えて面白いです。

 

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
栗坂こなべ
仙人
chiyakazuha
chiyakazuha
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 25興味あり
  • 115経験あり
  • 26お気に入り
  • 78持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル開拓王
原題・英題表記The King of Frontier
参加人数2人~4人(30分~40分)
対象年齢10歳から
発売時期2013年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインShun
アートワークアヤ(AYA)
関連企業/団体StudioGG
拡張/関連元開拓王:もっと建物を!(年)スカイランド(2018年)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

chiyakazuhaさんの投稿

会員の新しい投稿