マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 15分前後
  • 17歳~
  • 2017年~

将軍様の核開発ゲーム稲妻老人さんのレビュー

368
名に参考にされています
2017年10月14日 11時34分

このゲームは洒落の分かるメンバーと遊んで下さい。

それが大前提となります。

また、プレイの難易度自体は低いのですが内容を勘案して、対象年齢は17歳以上となっています。

それから箱を見て気付いた方も多いでしょうが、ロケットマンではなく先代の将軍様の絵が描かれています。

この為、恐らく次の版は出ないものと思われます。

何を言っているのか分からない方は、もう少しニュースを見聞した方が良いかもしれません。

もしくは北東アジア情勢に関心のない方かもしれません。

いずれにしろ、それらの方はこのゲームの面白さの80%くらいを最初から失ってしまう事になります。


前置きはこのくらいにして。

各プレイヤーは某独裁国家の研究員になって貰い、核開発に従事して貰います。

なに、核開発などずっと昔に某国で開発に成功している技術です。

きみたちの能力をもってすれば簡単なお仕事です。

そして一刻も早く将軍様に吉報を届けましょう。


このゲームの勝利条件は、プレイヤー人数により決められた枚数の核開発成功カードを誰よりも早く、

手元に揃える事です。

これを繰り返して誰かが2勝したらゲームが終了になります。


手番はよくある手順で進んでいきます。

スタートプレイヤーが山札からカード1枚引いて、以下のアクションのうち1つを行います。

(1)「開発成功」と言って手元にカードを裏向きに置く。

(2)「開発失敗」と言ってカードを捨てる。

(3)特殊カードを使用する。


将軍様は寛大なお方です。

開発過程に何があろうと関係ないのです。

最終的に開発が成功しさえすればいいのです!

この為、(1)の「開発成功」はブラフかもしれないのです。

カードが裏に置かれたのはこの為です。

そして、「開発成功」が宣言された時は必ず、「査察要求」の確認行為が発生します。

「開発成功」と宣言したプレイヤーの左隣から時計回りに順番に「査察要求」をするか

否かを確認していきます。

「査察要求」がなければ手番を左隣の人に渡して下さい。

「査察要求」があった場合は、裏向きに出したカードを表向きにして下さい。

本当に「開発成功カード」であった場合は、「査察要求」をしたプレイヤーが手札を1枚失います。

逆に「開発成功」が嘘であった場合は、「査察要求」をされたプレイヤーが手札を1枚失います。

そして手番を左隣の人に渡して下さい。


(2)を宣言した場合も手番を左隣の人に渡して下さい。

(3)を宣言した場合は、カードの処理を行った後に手番を左隣の人に渡して下さい。


手札を失うという事はプレイのバリエーションを小さくするだけではなく、ゲームから脱落

する可能性を増大させます。

何らかの原因により手札を全て失ったプレイヤーは、核開発チームから外されます。

次のラウンドまで待機していて下さい。

また、手札の枚数は将軍様のご寵愛の度合いを示しています。

安易に手札を失う愚を犯さないで下さい。


また、最後の「開発成功」宣言だけは表向きにしてカードを出します。

つまりブラフが効かないのです。


競争相手の研究員との駆け引きに勝利して、将軍様の寵愛を独占して下さい。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
稲妻老人さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 20興味あり
  • 34経験あり
  • 2お気に入り
  • 27持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル将軍様の核開発ゲーム
原題・英題表記Shogunsama no Kakukaihatu Game
参加人数2人~5人(15分前後)
対象年齢17歳から
発売時期2017年~
参考価格1,300円
クレジット
ゲームデザインだるまろう(Darumarou)
アートワークだるまろう(Darumarou)
関連企業/団体達磨ゲームズ(Daruma Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

稲妻老人さんの投稿

会員の新しい投稿