マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ブルゴーニュThe Castles of Burgundy / Die Burgen von Burgund

葡萄は作らない!ワインも作らない!

プレイヤーはブルゴーニュ地方の領主となって、中央のボードに配置された土地や資源を獲得し、最も豊かな街を作ったプレイヤーが勝利するボードゲームです。

いわゆる「大箱」サイズのパッケージに入っているコンポーネントは中央に配置されるボード、各自の手元に置かれるサマリーを兼ねたシート、資源や土地、労働者を表すチップ、各プレイヤーの色のマーカー、6面ダイス2つです。

大まかなシステムは2d6(6面ダイス2つ)を振って、それぞれに出た目を振り分けて中央に置かれた土地や資源を手元に取ったり、取った土地を手元のボードに配置したりする事で進んでいきます。各プレイヤーの前に置かれたシートにはカタンのようなヘックスが集合した六角形のマップがあります。このマップ上にある街に中央から取ってきた土地のチップを配置していくことにより、ゲームに有利な特殊効果が働いたり、勝利点が稼げたりします。

土地は種類によって様々な効力を発揮するのですが、大まかに分類して6種類に分かれます。

① ゲームの行動順などイニシアチブを左右する「海」。
② 配置すると好きなダイス目を一つ獲得したのと同じ効果を持つ「城」。
③ 毎ラウンドの最後にお金を生み出す「鉱山」。
④ 大量の勝利点を生み出す「牧場」。
⑤ 配置したときからゲームが終わるまで特権を生み出す「知識」。
⑥ そして描かれた建物によって配置したターンに様々な有利になる効果を生み出す「街」。

これらは種類ごとに色分けされているので、シートのマップにある色のヘックスに、書かれたダイス目を一致させたときに配置することができます。

ゲームの長さは各プレイヤーが出番を終える一ターンを5回繰り返して1ラウンド。これが5ラウンド分あります。行動のほとんどはダイス目で限定されてしまうものの、悩み始めるといくらでも時間は長引くため、比較的重いゲームに入るでしょう。

ここまでの説明で何となく表題を思い出して欲しいのですが、ブルゴーニュの領主の話でありながら、葡萄畑は存在せず、ワインも登場しません。もしかしたら「出荷」「入荷」という作業の時に出てくる積み荷がワインなのかもしれませんが、外見上はただの木箱ですし、これをガンガン流通させることで極端に有利になるアイテムでもなく、何故か農地にあたる黄緑色のヘックスでは牛や豚や鶏を飼っています。

この辺のシュールな状況にジワジワとした笑いを感じることが出来るかどうか。これはデザイナーのセンスとは違う部分かもしれないのですが、日本のプレイヤーとは遊ぶ際には向き不向きを分けるポイントになるかもしれません。

最初の一ターンを理解するまでは少しインストに手間がかかる可能性がありますが、カタンをプレイした事がある人にはすぐに要領が飲み込める親和性の高いルールです。

最新版の『ブルゴーニュ』はカードゲームになっており、日本語に対応した大箱のボードゲーム版『ブルゴーニュ』は現在入手するのが難しくなっているとの事なのですが、ヘックスを並べて目の前に街が出来ていく楽しさはボードゲーム版ならではの楽しみになっていますので、もし運良くボードゲームカフェや友人宅、中古市場で見かけた際には遊んでみて下さい。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. Nauselin (ナウゼりん)Nauselin (ナウゼりん)
マイボードゲーム登録者
  • 97興味あり
  • 243経験あり
  • 84お気に入り
  • 195持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力11
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルブルゴーニュ
原題・英題表記The Castles of Burgundy / Die Burgen von Burgund
参加人数2人~4人(30分~90分)
対象年齢12歳から
発売時期2011年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 4件

  • 157
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月02日 07時11分

    6/10重ゲーの代表格デザイナーの代表的作品の1つ。2011年推薦、2011年ドイツゲーム賞2位。※1位は世界の七不思議重ゲーのくせにダイスを大量に使うため、運ゲーの重ゲーとして認知されやすい(自分もそうだった)が、普通に戦略のある重ゲー(運があるのは間違いないが)。当時、重ゲーが今ほどやらなかった時期の自分にしては、ボードを見ただけで、オエッとなったが、実際インストを受けてやってみると、いつのまにやら楽しんでいる自分はいた。だが、自分でインストしてもう1度やろうとは思わなかったゲーム。そんくらい細かいルールは多い。重ゲー好きにしかオススメできないが、重ゲー好きならほぼ間違いなくはまるゲーム。

    白州さんのレビューを読む
  • 116
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月02日 01時22分

    フランスの皇族の1人となり、最も豊かな領地の形成を目指すゲームです。プレイヤーはダイスを振り、その出目を使って領地を作っていきます。初めから取れる選択肢の幅が広く、自分の思うままに領地を形作っていける点が魅力です。少し重めのゲームですが、不思議とそれ程時間が経っている感覚はないです。徐々にボードが埋まって行く時のワクワク感がとても良く、オススメのゲームです。

    あまとうさんのレビューを読む
  • 192
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月27日 20時25分

    カードゲーム版を遊んでからこっちをプレイしましたが,どっちのブルゴーニュもそれぞれ魅力があって好きです。カードゲーム版と違ってボードゲーム版は実際にダイスを振るし,タイルをボードに配置していく分,よりボードゲームで遊んでる感が楽しめるかなと思いました。ただ,ボードに描いてあるアイコンやタイルが小さくて見づらく,扱いにくい(のでラウンド開始時のセットアップがモタつく。個人的に)のは難点です。

    nyanwigさんのレビューを読む
  • 174
    名に参考にされています
    投稿日:2016年10月01日 14時33分

    ヘクスタイルを配置し点数を得ていきます。タイルはサイコロの出目によって、中央の共有ボードから獲得。また自分のボードに配置するにも、サイコロの出目で変化します。欲しいタイルの出目が出なかったりしますが、労働者コマを使って、出目を変化させたり、獲得したタイルの効果により、お金や条件の変化が出てきます。自分のボードをタイルで埋める速さにより、ボーナス点が入ったり、配置ルールではすでに配置したタイルに面するカ所に配置。また色も適用されます。そういったジレンマがありながらも自ボードを埋めていく楽しさと、プレイ感が素晴らしい。ブルゴーニュといえばワインですが、あまりワインとは関係ないですが、とてもよ...

    きぬりすさんのレビューを読む

リプレイ 1件

  • 230
    名に参考にされています
    投稿日:2017年11月06日 19時21分

    おそらく5回目くらいのプレイでしょうか、初めてB面を遊んで、おそらく初めて200点を超えたので、軽くメモ程度に書きます!私が今までブルゴーニュをしていて得たコツ?は、・小さい1・2個の島を早く埋めること。できれば1ラウンド目に。・1回のアクションで複数動くこと。城の効果でもう1アクションや、建物の効果でタイル取得など・黄色のタイルで永続効果のものは早めに取ること。でした。当たり前かもです。すみません。で、8番のマップを引いて使うことになったのですが、茶色い村のタイル置き場がぐるっと2マスずつ配置されていて、動物タイル、特殊タイルの島が大き目なことを確認。コツの3つ目は諦めました(というか...

    まつながさんのリプレイを読む

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク