マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

セーフハウスSebastian Fitzek Safehouse

殺人現場を目的してしまった!このままでは殺される…安全な家に飛び込め!

殺人犯から逃げることが目的のリアルタイム協力ゲームです。
あなたは殺人現場を目的してしまい、あろうことか殺人犯と目があってしまいました。殺人犯はあなたも口封じに殺してしまおうと追ってきます。安全な家まで逃げ込みましょう。

最初、自身を示す水色のコマと犯人を示す黒いコマは10マス程度離れています。

プレイヤーは、カラーカード4枚と目的カード1枚を持って始めます(人数によって違いはあります)。
時計回りに手番が回ります。手番が来ると、
・目的カードをプレイして前に出す
・目的カードに好きな枚数カラーカードを出す
・カラーカードを好きな枚数捨てる
をして、また同じ枚数になるように補充します。

目的カードには、達成した場合に進める歩数と、達成するために必要なカラーカードの色と枚数が指定されています。
カラーカードを出す時は、数字が昇順になるように出す必要があります。

カラーカードを補充したとき、黒い犯人のカードを引く場合はあります。また、アプリを起動すると数分に1回時計の音が鳴り響きます。そのタイミングで犯人はどんどん近づいてきます。

協力プレイなので、できるだけ他の人が持っている色の目的カードを出せればいいのですが、なかなか難しく、ゆっくり相談していると犯人がじわじわと近づいてきます。
話し込みすぎてだれることもなく、そこまで時間にせかされることもなく、時間の制限がちょうどよく効いてきます。
少しダークな世界感ですが、一度失敗するともう一回!とやりたくなるような中毒性がある協力ゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
マイボードゲーム登録者
  • 10興味あり
  • 2経験あり
  • 1お気に入り
  • 0持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルセーフハウス
原題・英題表記Sebastian Fitzek Safehouse
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク