マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

セーフハウスSebastian Fitzek Safehouse

殺人現場を目的してしまった!このままでは殺される…安全な家に飛び込め!

殺人犯から逃げることが目的のリアルタイム協力ゲームです。
あなたは殺人現場を目的してしまい、あろうことか殺人犯と目があってしまいました。殺人犯はあなたも口封じに殺してしまおうと追ってきます。安全な家まで逃げ込みましょう。

最初、自身を示す水色のコマと犯人を示す黒いコマは10マス程度離れています。

プレイヤーは、カラーカード4枚と目的カード1枚を持って始めます(人数によって違いはあります)。
時計回りに手番が回ります。手番が来ると、
・目的カードをプレイして前に出す
・目的カードに好きな枚数カラーカードを出す
・カラーカードを好きな枚数捨てる
をして、また同じ枚数になるように補充します。

目的カードには、達成した場合に進める歩数と、達成するために必要なカラーカードの色と枚数が指定されています。
カラーカードを出す時は、数字が昇順になるように出す必要があります。

カラーカードを補充したとき、黒い犯人のカードを引く場合はあります。また、アプリを起動すると数分に1回時計の音が鳴り響きます。そのタイミングで犯人はどんどん近づいてきます。

協力プレイなので、できるだけ他の人が持っている色の目的カードを出せればいいのですが、なかなか難しく、ゆっくり相談していると犯人がじわじわと近づいてきます。
話し込みすぎてだれることもなく、そこまで時間にせかされることもなく、時間の制限がちょうどよく効いてきます。
少しダークな世界感ですが、一度失敗するともう一回!とやりたくなるような中毒性がある協力ゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
マイボードゲーム登録者
  • 33興味あり
  • 26経験あり
  • 6お気に入り
  • 15持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルセーフハウス
原題・英題表記Sebastian Fitzek Safehouse
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 268
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月04日 23時59分

    ☆8殺人鬼から逃げきれ、勝利の要は冷静な判断っ!! 協力ゲームです。30分のBGMと共に殺人鬼が追ってきます。各プレイヤーは一心同体で殺人鬼から逃げます。逃げるためには、数字カードを並べてひとつひとつの課題をクリアさせていく必要があります。しかし、そればかりに気をとられると、犯人が特定できずゲームクリアできません。 目的は30分以内に殺人鬼から逃げきって特徴を集めてゴールすることです。 手番がきたら、お題カードを出したり色と数字が書いてあるカードを所定の位置に好きなだけプレイできます。そして、条件そろえば自分達の駒を進めたり、殺人鬼の特徴を絞っていくことができます。ただし、カードを出すに...

    82BGさんのレビューを読む
  • 247
    名に参考にされています
    投稿日:2018年07月17日 02時23分

    プレイヤーは、偶然殺人現場に遭遇してしまいました。今にもマーダーがあなたたちにも同じ道をたどられせるために追ってくるでしょう。無事セーフハウス(安全地帯)まで逃げ込めるでしょうか。といった協力ゲームです。気持ちの悪いイラストはありません。▼ゲームの概要各プレイヤーは手札を持ってスタートします。手番では手札を使って、自分たちのコマ(水色)を前に進めます。ですが、山札にはマーダーのコマ(黒色)を進ませるものもあります。追いつかれずに、セーフハウスに着く必要があります(追いつかれたら、そこで負け。終了です)手札のカードには2種類あります。進むべきマス数とそのために必要なカードの色が描かれたカー...

    atcktさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 128
    名に参考にされています
    投稿日:2018年07月30日 22時39分

    お互いに数字は言えないが、凄く小さい・小さい、真ん中よりちょい下、真ん中、真ん中より大きい、大きい、凄く大きいというくらいは、お互いにどれくらいを言っているのかは把握出来る関係が望ましい。でないと、小さとかい言いながら7とか出されることも。

    メガネモチノキウオさんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク