マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分~45分
  • 8歳~
  • 2018年~

リーフももんがさんのレビュー

159
名に参考にされています
2018年09月22日 23時26分

評価:6

センチュリーシリーズの作者のサンゴ礁育てゲーム


イースタンワンダーズがゲーマー寄りにしたなら、こちらはより運の要素を強くした感じ。

プレイ感はセンチュリースパイスロードに近く、公開された4枚のうちの1枚を取得するか

手札のカードをプレイするだけ(山札のカードを取得する場合、1vp支払う)


手札にはプレイすると得られるサンゴと、得点になるサンゴが書かれており

いわゆる「回復行動」がない代わりに手札をプレイすれば必ずサンゴが2つもらえます。

(言い忘れ。つまり拡大再生産の要素はありません。)


そして、配置されたサンゴが得点と同じ並びであればvpがもらえる。

ちなみに、セットが複数あれば得点も2倍、3倍になるのもセンチュリーシリーズのアレっぽい。

手札をプレイするのにコストや制約はありません。デメリットは手番を1消費するぐらいです。

なので、どうせプレイするならできるだけセットを作りたい。


当たり前ですが、獲得したサンゴが、そのまま得点のセットになることケースは、ほとんどなく。

これから出てくるであろうサンゴの配置を想定してサンゴを育てていく。

自分に見えてる手札にそのサンゴを使うのがあれば、それに合うように配置すればOK

つまり、カウンティングをすることで、サンゴが得点に結びつけるように配置できる。

・・・か、どうかは運なので、そこで好みがわかれそう。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • NekoMadam
  • makoppiki
ももんがさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 16興味あり
  • 5経験あり
  • 1お気に入り
  • 0持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルリーフ
原題・英題表記Reef
参加人数2人~4人(30分~45分)
対象年齢8歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ももんがさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク