マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
リーフ
  • リーフ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 30~45分
  • 8歳~
  • 2018年~

リーフ

メーカー・卸元:アークライト

残り2点
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
素晴らしいサンゴ礁に出会いましょう!南の海にダイビング!

 あなたは自分のサンゴ礁を成長させるために奮闘します。どんな色のサンゴをどのような大きさ、形状に成長させるのか、それはあなた次第です。いったい誰が最も美しく、壮大なサンゴ礁を作り上げることができるでしょうか。

 このゲームでは、カードを賢く選んで獲得し、なるべく多くの勝利点を稼げるようにそれらを使用します。カードには成長させることができるサンゴと、目標とするサンゴの配置パターンが描かれています。カードを使用することで、サンゴを成長させ、同時にパターンを達成することで勝利点を獲得することができます。

 サンゴ礁を成長させ、その美しいパターンで最も勝利点を獲得したプレイヤーが勝者となります。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 7件

レビュー
418名が参考
3年弱前

10/25あたりにアークライトさんから日本語版が出るリーフ、4人で遊ばせてもらいましたー!Leaf(葉っぱ)じゃなくて、Reef(サンゴ礁、グレート・バリア・リーフとかの)ですね。

※写真に写っているお魚のコマは拡張で、リーフ自体には入っていません。ご注意ください。


サンゴ礁を組み立てて特定のパターンを作って得点をしていくゲームです。プラスチックのつやつやしたサンゴ礁を使うので、テーブルの上はとても華やか!


お魚コマは拡張なので、拡張じゃないリーフ本体に関してのみ書いておきます。写真に写ってる魚は気にしないでいただければ!


全員が4✕4の個人ボードとカード2枚を受け取り、カードを見ながら真ん中に4色のサンゴ礁1個ずつを配置してスタートです。


カードはこんな感じになっています。

上の段は、カードをプレイしたときにもらえるサンゴ礁です。左のカードだと黄色2つ、右のカードだと緑2つをもらえます。

下の段は、達成すべきパターンともらえる点数です。右のカードだと、赤1つにつき1点もらえます。


手番を順々に回していきます。

手番が来たら、カードを引くかカードをプレイするかのどちらかです。

カードを引く:テーブル中央に見えているカードをどれか1枚選びます。手札上限は4枚です。

カードをプレイする:手札から1枚選んでプレイします。

まずは上の段に書かれているサンゴ礁を中央から取り、必ずどちらも配置します。サンゴ礁の高さは最大4です。それを超えなければ、どこでも置けます。

その後、下の段に書かれているパターンを確認します。赤と緑が隣、斜めに3つ並んでいる、高さが4段、などいろいろあるのですが、色はそのスタックの一番上の色を見ます。

例えば、上の画像の右のカードは赤いサンゴ礁を指していますが、他の色の下にある赤いサンゴ礁はカウントしません。


それを繰り返していって、中央からどれか1色のサンゴ礁がなくなる、もしくは中央のカードがなくなれば、ゲームは終わりです。↓こんな感じで終わりました。


最後余っている手札は、1回だけ得点化できます。


ゲームの概要は以上です。

上の段と下の段の組み合わせが難しく、これを達成するためには別のこのカードを先にプレイして、そのカードに書かれているパターンも作っておこうと思うとあの色が必要で…といったふうに、カードを連鎖させて得点を重ねていくようなゲームです。


直感的で、ゲームカフェなどでも遊ばれやすいと思います。ちょっとテーマ性は薄いのでわくわく感はないですが、こつこつ楽しめる感じです。

引き運のように思わせて、コツがわかっている人とまだつかめていない人とが一緒に遊んだら、けっこう壁があるんじゃないかなーと思いました。

良いゲームなので、日本語版が出たら買おうと思います!

続きを見る
閉じる
まつなが
まつなが
レビュー
326名が参考
3年弱前

評価:6

センチュリーシリーズの作者のサンゴ礁育てゲーム


イースタンワンダーズがゲーマー寄りにしたなら、こちらはより運の要素を強くした感じ。

プレイ感はセンチュリースパイスロードに近く、公開された4枚のうちの1枚を取得するか

手札のカードをプレイするだけ(山札のカードを取得する場合、1vp支払う)


手札にはプレイすると得られるサンゴと、得点になるサンゴが書かれており

いわゆる「回復行動」がない代わりに手札をプレイすれば必ずサンゴが2つもらえます。

(言い忘れ。つまり拡大再生産の要素はありません。)


そして、配置されたサンゴが得点と同じ並びであればvpがもらえる。

ちなみに、セットが複数あれば得点も2倍、3倍になるのもセンチュリーシリーズのアレっぽい。

手札をプレイするのにコストや制約はありません。デメリットは手番を1消費するぐらいです。

なので、どうせプレイするならできるだけセットを作りたい。


当たり前ですが、獲得したサンゴが、そのまま得点のセットになることケースは、ほとんどなく。

これから出てくるであろうサンゴの配置を想定してサンゴを育てていく。

自分に見えてる手札にそのサンゴを使うのがあれば、それに合うように配置すればOK

つまり、カウンティングをすることで、サンゴが得点に結びつけるように配置できる。

・・・か、どうかは運なので、そこで好みがわかれそう。

続きを見る
閉じる
仙人
ももんが
ももんが
レビュー
318名が参考
2年以上前

 カードをプレイしてサンゴをボードの上に並べ、得点を稼ぐゲーム。

 カードには配置するべきコマ2個とボーナスを得るための配置条件が書かれており、自分のターンにカードを一枚場から取るか、取った手札の中から1枚プレイし、色のコマ2個を自分のボードに即座に配置、その都度組み合わせ条件に沿ったボーナスをコツコツ稼ごうというゲームです。

 見た目はカラフルで楽しいですが、ガッチガチのゲーマーズゲームです。ただ、かなり運要素が大きく、場況に強く左右されるので、邪魔しようとして邪魔するのは難しいですが(多分それすると勝手に沈む)欲しいと思ったカードがさっさと取られたり、このコマが配置できれば強いのに、欲しいコマを配置するカードが全く来ない、取れるコマと稼げる配置が噛み合わなくて苦しむ、という偏りによって振り回される感じが非常に楽しくも悩ましいです。

 パズルゲームといえばパズルゲームなのですが、同じパズル物でも、パッチワークやクマ牧場がテトリスなら、REEFはぷよぷよのようなゲームです。連続コンボを如何に発生させるか、そのためにどう配置するか、そのためにどのカードを取るか、そして欲しいカードは来るのか来ないのかをうんうん言いながら悩みまくるゲームです。先読みは絶対必須ですが、さりとてそれがうまくいくとは限らない中で、一手を確実に稼ぐのがとても重要です。無得点の手番が何度も続くとほぼ勝てないので。

 まあ、この色はもう要らないなっていう色はどんどん上に違う色を載せていけば上書きできます。ボーナスは常に一番上のコマのみを参照するため、同じ色を積む必要は全くないのですが、ついつい同じ色を積んじゃいがちだったりw


 大体想像がつくと思うんですが、カードに描かれている、「手に入れられるコマ」と「点数になるボーナス条件コマ」は常に違う色です。こういうカードの配置ってどうやって考えてるんでしょうね。ほんとすごいなマツウチさん。

 正直対象年齢結構高めのゲームだと思います。また、ゲーム慣れしていない初心者とゲーマーが一緒にやるとゲーマーが超有利なので、遊ぶ相手を選びそうです。選びそうですが! めっちゃ好き! ダウンタイムが長くなりがち(後、ちょっとコンポーネントがこだわりあるので、お値段が高い)なのが欠点ですが、こういうパズルっぽいゲームがお好きな方には、気持ちよく遊べるのではないでしょうか。万人向けではありませんが、オススメ!

続きを見る
閉じる
有我悟(あるがさとる)@レガシー
有我悟(あるがさとる)@レガシー
レビュー
280名が参考
2年以上前

かなりシンプルに仕上がっているゲームだと思います。

センチュリーシリーズの作者らしく、カードに1点置くとか、あります。


やることはカードを引いて、カードを使って、サンゴを置いて、役を作る。

ある意味麻雀っぽいですね、これ。


カードは運ですがそれ以外はアブストラクトです。

カラフルでサンゴもしっかりしてる駒で、それだけで楽しくなりますね。


みんなで気軽にやれそうです、ブロックスの代わりでもいいかも。

あとかなりソロプレイ感が強いです。


ショップではおよそ7000円と高価なので、他者に勧めれるかというと微妙です。

続きを見る
閉じる
仙人
NekoMadam
NekoMadam
レビュー
229名が参考
約2年前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!
立体のサンゴ駒を積み上げて、その配置パターンによって得点を獲得する面白いボードゲームです!
サンゴのカケラを取る、得点するという一連の流れが、うまく連続して出来たときに堪りませんw
カードの巡りにも影響を受けて、サンゴのカケラを配置し得点に繋げるのがうまく循環しないストレスを感じてしまうことがあります・・・


好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶2pt.≪★★≫


簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
レビュー
228名が参考
2年弱前

綺麗なサンゴを自分の盤において、美しく壮大なサンゴ礁をつくりあげていくゲームです。

手番では、場に出ているカードを取るか、手札にあるカードを出すの2択から選択します。


カードをもらう場合は、カードをもらって手番が終了となります。

カードを出す場合、2つのことを行います。

まず最初に手札から出したカード上部に書かれているサンゴをもらい

すぐにそのサンゴを配置します。

次に、出した手札下部に書かれているサンゴの形が、自分の盤に出来上がったいたら

その分の得点をもらいます。


カードごとに細かく、何段目に黄色のサンゴがなければいけないとか、

3段目以上に、紫のサンゴがあれば良いなど記載されています。


サンゴのかけら(共有タイルに置いてあるサンゴのこと)4種類のうち、どれか1色でも枯渇したら、

そのラウンドの終了時にゲームは終わりとなります。

また、山札が枯渇した場合もゲームは終了となります。

合計点数が高い人が勝利となります。

続きを見る
閉じる
仙人
ボドゲ好きのてんちゃん
ボドゲ好きのてんちゃん
戦略やコツ
63名が参考
約2年前

1つの珊瑚が複数の得点に絡むようにして得点を効率的に稼げるようにカードを選択して獲得し、それらが連鎖繋がるように順番に出していくのがポイントです。

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
  • 商品価格¥ 7,150(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 79興味あり
  • 248経験あり
  • 33お気に入り
  • 111持ってる

チェックした商品