マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 60分前後
  • 12歳~
  • 2019年~

ラグーザ007さんのレビュー

221名 が参考
1名 がナイス
1年以上前

ベストなプレイ人数は3人以上(写真はソロプレイ)

ラグーザとは、現在のクロアチアにあるドブロブニクという風光明媚な城塞都市の名前です(気になった方はNHKの世界ふれあい街歩きを観るといいよ)。


ゲームの流れ

①家を郊外(ボート奥)に立てて資源を獲得する。

②家を市内(ボード手前)に置き、所持している資源にあったワインや銀などを生産する。もしくは塔や壁を繋いでいき勝利点を稼ぐ。


おすすめポイント

・はじめは真っ平だったゲーム盤上に少しずつ建物が建っていき少しずつ賑やかになっていく過程がわくわくします。

・郊外から都市部に進出するタイミングを見図るのが難しいが上手くいったときはその後の勝利点獲得の連鎖に繋がったりと達成感を味わうことが出来ます。都市部への進出や活動には郊外で採れる資源が必要不可欠ですが、これを回収しているうちに目当ての都市部エリアがとられることが多々ありました。


気になる点

・ボードが縦長なので端に座った人からは反対側での操作がし難く、近くに座っている人に代行してもらわなければならない場合がある。

・同一プレイヤーは1つのヘクスに隣接して建物を建てられる数が自身の資源量に左右されます。(例えば資源が〇個あるので、1ヘクスに隣接して△個まで建物を置けるといった風に)初心者にはここが少し分かり難く、2個までしか置けない箇所に3個置いていたことがありました。この点は慣れてくると自然に改善されるので初回プレイ時に気を付けてください。

・最大のネックポイントは、勝ち筋が決まってくる点です。このゲームの主な勝利点獲得方法としては①個人が引くカードに記された条件を満たす②城壁を築く③建物を置いたヘクスの効果で資源やワインなどと交換する、といった3つが存在します。このうち①と③は勝利点が高いです。②は労力の割には勝利点が低く、狙ってまで城壁を築く必要はなさそうです。このため慣れてくると皆が城塞を放置して①や②の方法で淡々と得点していくことになります。このゲームの魅力はゲーム終了後の盤上に完成した都市の美しさで城塞が完成するとかなり映えるのですが、上記ネックポイントのために城塞が完成することは余りありません。


ソロプレイレビュー

・プレイヤーはNPCと対戦することになりますが、このNPCが大金持ちの貴族でプレイヤーの2倍の資源と行動力を持っています。加えて強力な効果を持つマスの大半がNPCに占拠されており、こちらの行動は制限されます。この圧倒的不利ななかでどの様に立ち回り貴族NPCにぎゃふんと言わせるのか、建物を置く順番を考慮しつつプレイすることになります。このモードは柔軟に難易度を変更でき、私はイージーモードでプレイしました。結果、大差で勝ててしまったので、2倍の資源や行動力は何だったんだろうと拍子抜けしました。次はハードモードに挑んでみます。1人でも遊べるというのはそれだけでも貴重でありがたいものですが、やはり気心の知れた仲間同士でプレイすることには敵いませんね。ソロだとどうしても作業感が出てしまいます。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
Nobuaki Katou
勇者
007
007
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 75興味あり
  • 157経験あり
  • 16お気に入り
  • 94持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力6
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトルラグーザ
原題・英題表記Ragusa
参加人数1人~5人(60分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿