マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2016年~

ポケットマッドネス東 洋星(Yousei Azuma)さんのレビュー

350
名に参考にされています
2017年09月15日 07時17分

作者はブルーノさん。あのかの有名なキングドミノの人です。

とにかく手札を減らしつつ、手札をやりくりして狂気に落とすゲーム。

手番が来たら、カードを引くか、3枚組か連番フルセットでカードを出すか。

この何でも無さそうな3択が意外とジレンマが効いてて面白い。

山札は結構オープンな状態で見えてるし、引く順番も定まってる。

つまり、次の人とか、相手の引くカードをちょっぴり操作できる。

また、自分が欲しいカードを引きたいのに、少し先にあって、手前のものを引かないといけない…とか。

当然、カードを出すのもそれだけ、ってなわけが無い。

3枚セットを出せば、プレイヤーの手元に邪神を召喚できる。奪うことも出来る。逆をいえば、奪われる事もある。そして、ターンの終わり(ターンを飛ばすものもあるが、それは一番最初に使える。)この効果が何かと強い。使いどころが肝心になってて、さすがブルーノ、と思う。

連番では、相手を狂気に落とせるが、「後出し」の方が余計狂気になる。この辺はは少し頂けなかったかな。

手札を無くせば、狂気度は回復するが、相手も少しのダメージ。

無くさなかったら、大幅ダメージの可能性あり。(もちろん自分も)

ゲーム性は好きだ。

が、カードがデカイ。タロットサイズらしいが…

そして、山札作りがかなり大変。

横にトランプマジックらしく並べるのだが、難しい。

というか、出来ない。

なので、何枚かとって、扇形を何回か重ねていくと、いいかと思われる。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ポケット・マッドネス
ポケット・マッドネスの通販
できるだけ長く正気を保とう! 小箱で気軽に楽しめる狂気のカードゲーム!
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 2,200(税込)
東 洋星(Yousei Azuma)さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 29興味あり
  • 100経験あり
  • 12お気に入り
  • 118持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力6
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘1
アート・外見5
作品データ
タイトルポケットマッドネス
原題・英題表記Pocket Madness
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2016年~
参考価格2,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

東 洋星(Yousei Azuma)さんの投稿

会員の新しい投稿