マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~7人
  • 10分前後
  • 10歳~
  • 2018年~

ワンナイト人狼×ゆるキャン△白黒熊さんのレビュー

168
名に参考にされています
2019年10月15日 15時21分

ワンナイト人狼をどれか1つ買うならこれがオススメ


通常のワンナイト人狼には議論を引っ掻き回す狂人や吊人が入っていませんが
こちらのバージョンには上記に相当する役職がカードセットに入っていることが一番の理由。

投票をミスリードしたい役職が人狼しかいない場合、人狼でも村人でも下手な発言をすると
「怪しい→とりあえず処刑しとけ」という流れでやぶ蛇になりかねないので議論が停滞しがちです。
占い師や怪盗の動きが上手くハマってしまうと、人狼側がろくに反論できずアッサリ負けなんてことも…
元々人狼ゲームに慣れている人ならもっともらしいウソもつけるのでしょうが
経験の浅いプレーヤーやウソが下手な人にとってはなかなか難しい。

ミスリードを目的とするこれらの役職がいることで、人狼側のウソ・誤魔化しが多少下手でも
「あからさまに怪しいけど、逆にわざと疑われようとする狂人や吊人の罠じゃないか…?」
という疑念を抱かせることになり人狼側も積極的に発言しやすくなります。

超人Ver.やモンスターVer.を買えば追加できますが、やはり最初から入ってた方が良いと思うんですよね。


このシリーズ独特のドット絵で描かれたゆるキャン△のキャラクターたちも
シンプルながらなかなか原作の特徴をとらえていて可愛いです。
カレーをこぼしたという事件や各キャラの配役も原作を知っていればニヤリとするものでGood

購買ターゲットはもちろん漫画・アニメのゆるキャン△のファンの方々だと思いますが
そういうのに抵抗が無ければ、ワンナイト人狼シリーズで一番スタンダードなセットとして
こちらのバージョンをお勧めします。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • kannzi yasui
  • Nun Nori
白黒熊さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 17興味あり
  • 31経験あり
  • 5お気に入り
  • 71持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルワンナイト人狼×ゆるキャン△
原題・英題表記One Night Werewolf Yuru Camp ver
参加人数3人~7人(10分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格2,000円
クレジット
ゲームデザイン奥井 晶久(Akihisa Okui)
アートワーク未登録
関連企業/団体株式会社スロウカーブ(Slow Curve)
拡張/関連元人狼ゲーム(Jinro Game)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白黒熊さんの投稿

会員の新しい投稿