マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 60分~120分
  • 13歳~
  • 2017年~

ネモの戦い ~海底二万マイルを超えて~としぞーさんのルール/インスト

159名
6名
約2ヶ月前

【敵船配置時の重要なエラッタ情報について】

現在このゲームには敵船配置時のルールに下記の重要なエラッタが出ています。

『ネモの戦い ~海底二万マイルを超えて~ 完全日本語版』のエラッタ>

●ルール説明書 ◆10. 配置フェイズ B、正体開示【アークライト社、同ゲームのエラッタページに2021.10.29 追記】
誤:「指定された大海洋ボックス、あるいはそれに隣接する海洋ボックスにすでに配置されている未確認トークン1枚をストックに戻し、船舶プールから船舶トークン1枚をランダムに取り出して、戻した未確認トークンのあったトークンスペースに配置します」
正:「船舶プールから船舶トークン1枚をランダムに取り出し、確認します。その後指定された大海洋ボックス、または隣接する海洋ボックスのどちらかにすでに配置されている未確認トークンと入れ替えます。入れ替えた未確認トークンはストックに戻します。」

これはつまりターン手順二つ目の「配置フェイズ」の「B:正体開示」の際に、今までが船を配置したい場所を決めてから船トークンをランダムに引いて配置していたのに対し、実際は先に船トークンを引いて敵船の強さを確認してから自由に配置場所を選べるというものです。

これを利用して上画像のような状態を作りやすくする事が出来ます。

北大西洋に船を配置する際、倒しやすい商船トークンを引いた場合はそのまま北大西洋に配置、逆に戦いたくない色付きの戦艦系を引いた場合は隣接する小海洋ボックスに配置します。

これにより基本的な戦闘は大海洋ボックスに集めた弱い商船相手の状況が多くなり盤面のコントロールのし易さが飛躍的にアップします。

敗北条件である「敵船配置時に配置出来るスペースがない場合」も回避しやすくなり、またこのルールのおかげで出来る高得点狙いに特化した作戦等もあります(後日「戦略やコツ」の項目に追加する予定です)

以前のルールの場合「サイコロ運の強い運ゲー」という評価であまり好かれていなかった印象のこのゲームですが、実際は高度な戦略要素で運要素を覆せる「戦略ゲーム」であると私は感じています。

もし時間があるならば、一度プレイしてあまり合わなかったという方もこの実際のルールでプレイしてみたら楽しめるかもしれないのでお試し下さい。

この投稿に6名がナイス!しました
ナイス!
八重蔵@3歳とボドゲ
18toya
せあぶら ーど
しのじゅんぴょん
Hide
びーている / btail
皇帝
としぞー
としぞー
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 93興味あり
  • 43経験あり
  • 24お気に入り
  • 119持ってる

会員の新しい投稿