マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 30分~45分
  • 12歳~
  • 2015年~

ナショナルエコノミー京橋URAさんの戦略やコツ

245
名に参考にされています
2019年07月08日 23時05分

☆勝利のコツは、景気の判断!


勇気を持って労働者を増やすことはナショナルエコノミーで大切なことですが、いつ増員するのが適当なのか。

肝は「今建っている職場」です。建設会社など建設系、製鉄所などの茶色ドロー系が建っている時は、大工が埋まっていたり、家計が枯れていても労働者を持て余すことが起こりにくく、人を雇うのにいいタイミングと言えます。


逆に農業系の職場や売却不可物件ばかりが場にある際は、大工を先に取られたり、家計が枯れてしまっていている時に、労働者にさせる事がなくなり、給料が払い損になったり、手札が5枚を越えた状態で鉱山に送り込むことなったりしがちです。


使える職場に建設系や職場カードのドローソース(工業系)がある時は、好景気と言え、たとえ家計が枯れていても、どんどんカードを引いて、自前の建設系職場を作ります。そうすれば人余りの心配はほぼ無くなるので、安心して人を雇い、高い得点をめざします。


使える職場に売却不可は消費財を引く物件しか建っていない時は、派手に雇うと労働者があぶれる可能性があるので、不景気の間はじっと我慢して最小限の人数で、家計を枯らして相手に物件を売らせる事を狙ったり、採石場で先手を取ってしまったりと、相手の嫌がりそうなプレイをしていくのが勝ちやすいです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
京橋URAさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 472興味あり
  • 1351経験あり
  • 372お気に入り
  • 1011持ってる
プレイ感の評価
運・確率21
戦略・判断力47
交渉・立ち回り10
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見6
作品データ
タイトルナショナルエコノミー
原題・英題表記NATIONAL ECONOMY
参加人数1人~4人(30分~45分)
対象年齢12歳から
発売時期2015年~
参考価格2,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

京橋URAさんの投稿

会員の新しい投稿