マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~8人
  • 45分~60分
  • 10歳~
  • 2019年~

モンスターズ・ラプソディ村崎神社さんのレビュー

163
名に参考にされています
2019年11月29日 19時22分

【雑感】

 プレイ感はデジタルゲームでは定番とも言える「モンスター育成・バトルゲーム」となっており、某国民的携帯ゲームやCDからモンスターを再生する某ゲームに似て非常に馴染み深いシステムではないだろうか。

 選べるモンスターは総勢24体(12枚)と多種多様な上、育成に90個ものダイスを使う関係で一度として同じ展開にはならない為リプレイ性も高くなっている。

 モンスターボードや技カードには複雑な効果やコンボといった要素がなく、簡単な足し算引き算が出来れば子供でも楽しめる設計となっており、ダイスの出目次第ではどんな展開も起こりうるので是非親子で楽しんで頂きたい。

【運・確率】

 育成フェイズ自体は多少運の要素も絡むものの、毎回9個ずつダイスを振るためそこまでの偏りは発生しない。しかし対戦フェイズでは技の命中判定にダイスの出目が直結する上、6を出せば命中or回避が確定する為どんでん返しが発生することも。

【戦略・判断力】

 育成フェイズでは育成順序とスタートプレイヤー権の兼ね合い、コスパの良いダイスの取得、ライバルの育成方針等単純そうに見えて意外と考える部分は少なくない。当然ステータスを最大化させた方が勝率は高まる。対戦フェイズは攻撃技カードしか無いので、より効率よくダメージを与えられる技をバシバシ撃っていこう。

【交渉・立ち回り】

 プレイヤー数が多ければ多いほど、育成フェイズでのスタートプレイヤーの位置が重要となってくる。が、要素としてはそれくらいで交渉するとどうにかなるものでもなかったり。

【心理戦・ブラフ】

 こちらの要素はほとんどなし、相手の技は見えないが、攻撃技しかないので心理戦になることもない。

【攻防・戦闘】

 モンスター同士の戦闘が本作品のメイン、存分にライバルをシバき倒そう。

【アート・外見】

 カードやボードのイラストは前作同様ドット絵調で非常に可愛らしくエンボス加工が施してある為手触りも上々。また内容物としてダイスが10色10個ずつの合計100個も入っており、それだけでインパクト大。育成ボードのSDモンスターが個人的なお気に入り、好きなモンスターで勝利を目指そう。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 小夜風
村崎神社さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 17興味あり
  • 10経験あり
  • 4お気に入り
  • 8持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見2
作品データ
タイトルモンスターズ・ラプソディ
原題・英題表記Monsters Rhapsody
参加人数2人~8人(45分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格5,000円
クレジット
ゲームデザイン村崎 神社(Ginger Violet)
アートワークいくちお すてご(Stego Ichthyo)
関連企業/団体喫茶村崎(Kissa Murasaki)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿