マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~2人
  • 180分~960分
  • 15歳~
  • 1986年~

朝鮮戦争マガジン坊やさんのレビュー

57
名に参考にされています
2020年11月20日 17時06分

コンパスゲームから再販されるので、お試しあれ。

このゲームは、近代戦である朝鮮戦争を作戦級で再現した意欲作です。

非常にルールは凝っているため、プレイを行う方は、この手の作品に慣れている方が良いかと思います。初心者向けではなく、比較的4時間以上のプレイを経験した、プレイヤーの方に向いていると思います。

難しいゲームではあるのは確かで、はっきり言って万人向けではありません。


マネージメントが非常に難しいというのは、国連軍がプレイヤーは、増援などのレベルを自分で決めることが可能なのですが、それに伴う政治状況の悪化を招くので、単に増援だけではなく、航空作戦の度合いと戦線をどこまで前進させ持ちこたえさせ、勝利条件を満たすか、プレイ開始時から予想することが重要です。

これには、補給廠の位置も重要で、前線近くに置けば当然、戦闘に優位になるのですが、排除される危険性も含むためどの位置に置き、どこまで戦線を構築するかという同じ命題になります。

単に、国連軍側が都市の占領だけを狙いに行けば、北朝鮮側の反撃も相当に激烈となり、結局第三次世界大戦の始まりで終了となることが目の前になります。

再販もされるので、興味のある方は購入されるのもありでしょうが、くれぐれもプレイには万人向けでないことを念頭においてください。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
マガジン坊やさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 1経験あり
  • 1お気に入り
  • 2持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル朝鮮戦争
原題・英題表記The Korean War June 1950-May 1951
参加人数1人~2人(180分~960分)
対象年齢15歳から
発売時期1986年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マガジン坊やさんの投稿

会員の新しい投稿