マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 20分前後
  • 6歳~
  • 2018年~

コボルトレモネードさんのレビュー

105
名に参考にされています
2018年10月24日 21時46分

家でモノをなくすことってありません?

絶対、ここに置いてたのになー、なんでないねん!ってな感じで

もちろん、単なる置き忘れ、もしくは何かのひょうしで転がったりしてなくしてるんだけど

なんか、妖精的な奴のセイにしちゃいます。

でたわ!また隠しやがった、こらー、はよ返せやー

とか言いながら、探しまくったりします。


で、このゲームは、そんな妖精的な、てか妖精になって

モノがなくなる日頃のうっぷんを晴らすために

子供部屋からおもちゃを盗って、盗って、盗りまくろうってゲームです。


ボード上にはでっかい1つの円が描かれていて

ピザみたいに、いくつか区分けされてます。

各エリアにはチップが何枚かのっています。

そのチップには様々なおもちゃが描かれているんですが、

チップのいくつかは裏むけに伏せられていて、なんのおもちゃかわからなくなってます。


手番でやることはチョー簡単で

自分の妖精のコマ(3つ持ってる)の1つを置くか

もしくは、置いた妖精コマ全てを回収するかのどちらかです。

ただし、回収する時は、1コマにつき、そのエリアの好きなチップ1枚を盗ることができます。


これだけなら、3つ全てを置いて、一挙に回収するのが効率的なだけのゲームですが

そうはさせないギミックがあります。


ボード上には、円を覆う1/4ほどの扇形のカバーがあり、これが円を周るように動きます。

自分の番の最後にサイコロ1つをふります。

出目には右に1マスとか、左に2マスとか描かれています。

その指示に従い、覆ってるカバーを動かします。

もしコマがあるエリアをカバーが覆うと、そこにあるコマは全て

何も盗らずに、持ち主の元に回収されます。

カバーが覆われてる部分にはコマを置くこともできません。


つまりコマを全て置いてから回収しようとしても

その間に運悪くカバーで覆われてしまったりして、自分のコマが返ってきてしまい、

それまでの手番を無駄にしてしまうってわけです。


このカバーは明かりです。

明るい場所ではコボルドは盗る事ができず、隠れなくてはならないってゆう仕掛けなのです。

これには、システムとテーマがうまく融合しいて、感心します。


それなら適当にバラけて置けば効率的じゃない?って思うでしょうが、

実はおもちゃは適当に集めても、あまり得点にはなりません。

例えば、宝石のおもちゃは4種類あるのですが、

これは4つそろえる順番が早い者順に高得点になる仕組みになってます。

他のおもちゃも、ゲーム終了時に、その種類のチップ数が多い者が得点します。


最初は適当にチップを集めても

途中からは何を盗るかを狙わなければならないのです。

しかも他の人とかぶることもシバシバ


だから、めちゃくちゃ欲しいおもちゃがあったなら、

1コマ置いて、次の番にはすぐ回収とゆう風にもなるし

他の人を牽制するために、その人がコマを置いてる場所にあえて1個置いて、

その人が慌てて回収してる間に、もう1個、本当に欲しい場所に置いて

次の手番で回収したり、様々な置き方が予想されます。


6歳の息子と嫁さんと3人プレイをしましたが

自分のコマをまだ置ける、いやもう回収しなきゃ、とゆうギャンブル感

裏向けのチップを回収したら、やったー、自分の欲しがってたおもちゃだったとゆうガチャガチャ感

サイコロをふって明かりが動く様にワーキャーゆう一喜一憂感

どこに置いて、いつ回収するかとゆう戦略感などが感じられて、かなり面白かったです。


チップから得られる得点のおもちゃが組み立て式の立体なのも何気によくて

おもちゃを集めてる感があるからか、息子もおもちゃ集めが楽しそうでした。

家族で気に入ったので、すぐに何回か連戦しました。

宝石集めで息子が勝つときもあったし、

それに対抗して他のおもちゃで僕が勝つときもありました。


みんなで、コソコソおもちゃ集め、単純だけど楽しいゲームでした。


1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nobuaki Katou
レモネードさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 14経験あり
  • 3お気に入り
  • 11持ってる
テーマ/フレーバー
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルコボルト
原題・英題表記Kobold
参加人数2人~4人(20分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レモネードさんの投稿

会員の新しい投稿