マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~8人
  • 45分前後
  • 12歳~
  • 1996年~
1013
名に参考にされています
2017年12月09日 15時57分

悪運強いラッキー博士を人に見られず殺すゲームです。20年近く前に作られたゲームでしたが、人気があって再発行となったようです。

⚫︎ラッキー博士は屋敷の中をぐるぐる回っている

⚫︎プレイヤーは条件に従って移動出来る

⚫︎人に見られていない状態で、カードを引くか、ラッキー博士の殺害を試みることが出来る

⚫︎屋敷のドアは全て開放されているので、直線にドアが並んでいると「人から見られている」ことになる

⚫︎誰かが殺害を試みたら、他のプレイヤーは幸運カードを出すことで阻止する


ざっとこんな要領でプレイが進んで、殺害成功した人の勝利です。

8人までプレイ可能で、ワイワイしながらやるのが楽しそうなのでが、私はあえての2人プレイをオススメします!


2人プレイの場合

⚫︎プレイヤー以外にNPCとして2人追加する

⚫︎NPCは、基本的には、ラッキー博士とは逆まわりで、屋敷を一部屋ずつ動く

⚫︎プレイヤーは自分の動く手番を、NPCコマに対しても行える

⚫︎殺害を試みた場合、NPCは山札から引いたカードを提示するだけ


という追加ルールで行います。

これでやると、各自の手番での各コマの動きが読みやすくなり、アブストラクト風味でガチの対戦が楽しめるのです。


多人数のプレイも楽しいのですが、わたしには以下の点がデメリットに感じました。

手番は基本的には、時計回りに順番なのですが、2周目以降は、部屋に1人でいるところにラッキー博士が入ってきたら、手番がそのプレイヤーに移るというルールがあるのですが、これが大人数でプレイの場合、手番がとばされまくるという事態を引き起こしてしまうのです。

また、長考になりがちな上に、自分の手番の時までに状況が変わりすぎてしまい、待っている間に作戦が練りにくいということもあげられます。


これらのことを、マイナスに感じるようでしたら、2人プレイが楽しく感じられると思うので、ぜひ、やってみてください。

3
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 塞翁の馬
  • まさき
  • makoto yuki
エリサさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 70興味あり
  • 270経験あり
  • 53お気に入り
  • 226持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力10
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ7
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトルキルDr.ラッキー 19.5周年完全版
原題・英題表記Kill Doctor Lucky
参加人数3人~8人(45分前後)
対象年齢12歳から
発売時期1996年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

エリサさんの投稿

会員の新しい投稿