マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
キルDr.ラッキー 19.5周年完全版
  • キルDr.ラッキー 19.5周年完全版当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~8人
  • 45分前後
  • 12歳~
  • 1996年~

キルDr.ラッキー 19.5周年完全版 / Kill Doctor Lucky の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
ラッキー博士を狙え! 武器は靴べら!?
  • ジェームス・アーネスト(James Ernest)作

 1996 年、チーパス・ゲームズから出版された大人気ボードゲームが 19.5 周年版としてパワーアップして登場!

 キャラクターは全員、ラッキー博士に恨みを持ち、その殺害を試みます。誰かが(適切な手札を使用して)殺害を試みると、他プレイヤーは(適切な手札を捨てることで)それを妨害することができます。隙をついてラッキー博士を殺害したプレイヤーが勝利!

 本作はルール改定により、緊迫感はそのままに大きくプレイ時間が短縮され、遊びやすくなりました。

 またヴァリアントルールの1つとして「ラッキー邸からの脱出!」も収録。

 シンプルなルールながら、ドラマ性、ユーモア、駆け引きと楽しい要素満載です!

キルDr.ラッキー 19.5周年完全版に6件の書き込みがあります

778
名に参考にされているレビュー
2017年12月09日 15時57分

悪運強いラッキー博士を人に見られず殺すゲームです。20年近く前に作られたゲームでしたが、人気があって再発行となったようです。

⚫︎ラッキー博士は屋敷の中をぐるぐる回っている

⚫︎プレイヤーは条件に従って移動出来る

⚫︎人に見られていない状態で、カードを引くか、ラッキー博士の殺害を試みることが出来る

⚫︎屋敷のドアは全て開放されているので、直線にドアが並んでいると「人から見られている」ことになる

⚫︎誰かが殺害を試みたら、他のプレイヤーは幸運カードを出すことで阻止する


ざっとこんな要領でプレイが進んで、殺害成功した人の勝利です。

8人までプレイ可能で、ワイワイしながらやるのが楽しそうなのでが、私はあえての2人プレイをオススメします!


2人プレイの場合

⚫︎プレイヤー以外にNPCとして2人追加する

⚫︎NPCは、基本的には、ラッキー博士とは逆まわりで、屋敷を一部屋ずつ動く

⚫︎プレイヤーは自分の動く手番を、NPCコマに対しても行える

⚫︎殺害を試みた場合、NPCは山札から引いたカードを提示するだけ


という追加ルールで行います。

これでやると、各自の手番での各コマの動きが読みやすくなり、アブストラクト風味でガチの対戦が楽しめるのです。


多人数のプレイも楽しいのですが、わたしには以下の点がデメリットに感じました。

手番は基本的には、時計回りに順番なのですが、2周目以降は、部屋に1人でいるところにラッキー博士が入ってきたら、手番がそのプレイヤーに移るというルールがあるのですが、これが大人数でプレイの場合、手番がとばされまくるという事態を引き起こしてしまうのです。

また、長考になりがちな上に、自分の手番の時までに状況が変わりすぎてしまい、待っている間に作戦が練りにくいということもあげられます。


これらのことを、マイナスに感じるようでしたら、2人プレイが楽しく感じられると思うので、ぜひ、やってみてください。

続きを読む
閉じる
320
名に参考にされているレビュー
2018年04月24日 20時02分

ラッキー博士を誰よりも早く、

誰にも見られない部屋で殺すゲームです。

ただラッキー博士はラッキーなので、

幸運が守ってくれてなかなか殺せません。


他からの視線が届かない部屋で、

部屋と合致する道具カードで殺すと殺傷力が上がるけど、

なかなかその部屋に行けない。

他人の視線が邪魔で。

道具と合致している部屋に行けたころには、

他の人の手札が豊富で簡単に妨害されたり。

なので、手札を増やすことと、殺すアクションとのバランスを取りつつ、

こつこつ犯行を重ねて、殺意を貯めていくのがいいような気がする。

 

あとはほかの人が殺そうとしているときに、

幸運カードをどこまで出すかのさじ加減。

まだ自分のあとの人も幸運カードを出せそうであれば、

手札は残しておきたいし、他の人の手札は削りたいし。

でもあまり加減しすぎると殺害成立しちゃうし。

 

勝者が一人で、他は全員敗者で、特に順位がつかないところが、

ギスギスしなくて好き。

自分だけめちゃくちゃ点数低い…って落ち込んだりしないし。

なので、ボドゲ初心者にも良さそう(テーマはダークだけど)。


続きを読む
閉じる
214
名に参考にされているレビュー
2018年12月17日 11時23分

ドクター殺しを目論む狂人たちの集い。

でも他人の視線は気になってしまうという謎の奥ゆかしさが愉快。


思考性  ★★★★★★☆☆☆☆

ジレンマ  ★★★☆☆☆☆☆☆☆

ギャンブル性  ★★★★★☆☆☆☆☆

コンポーネント  ★★★★★★★☆☆☆

テーマ ★★★★★★★★☆☆

総合評価  ★★★★★★★☆☆☆


お気に入りの点

・各駒の動きと視線の先読みがうまくはまった時の爽快感

・殺害を試みるたびに強くなれるという謎設定

・他人には殺させたくない!なぜかみんなでドクターを守る謎フェイズのブラフ要素

・両面ボード

・優雅にチェスをしているかのような駒の質感


いまいちな点

・あっけなく決着がつくことが結構ある

・視線が平面的。階段の下から上は見えないとかがあっても良かった


※ちなみに、こちらには「3人〜」と書いてありますが、2人でもプレイ可能です

続きを読む
閉じる
166
名に参考にされている戦略やコツ
2018年07月19日 21時41分

コツとしては

・部屋と武器が合致してなくてもこまめに殺害を試みて殺意を貯める

・武器カードを人の殺害の妨害のためになるべく使わない

の2つだと思います。

普通ですが。


部屋と武器が合致しているところで殺害は正直1人1、2回ぐらいしかできません。

その部屋で確実に殺すためというよりは、

他人の幸運カードを吐き出させるために1回はしたほうがいいとは思います。

部屋と武器が合致しているところで殺害失敗しても殺意1ですし、

合致していないところで殺害失敗しても殺意1なので、

殺害回数を上げることを優先させた方がいいと思います。


手持ちの武器カードと合致する部屋に行くためには、初動が肝心です。

最初に近づいておかないと、

移動カードがあってもほかの人の視線の関係で、行きづらいか、

行けても殺害のアクションができないことのほうが多いです。

視線がある中、無理やり行くよりは、視線を避けて手札を増やす方がいいと思います。


人がラッキー博士の殺害を試みているときは、

自分の妨害の順番や、自分より後の人の手札の枚数や顔色を見て、幸運カードを出します。

出し惜しみしても大丈夫かどうか。

移動カードはあんまり使えないので幸運カードとして惜しまず使えます。


手札も増やしつつ、何度か殺害もしつつ、コツコツ殺意を貯めて、

中盤以降、他の人が部屋と合致した武器で殺害を失敗した後、

他の人の手札が尽きて、手札を増やされる前に、

サクッと殺害しましょう。

多分勝てます???

続きを読む
閉じる
161
名に参考にされているレビュー
2018年01月12日 01時35分

誰にも見られていない状況を作ったらラッキー博士を殺害にかかるのだが、他のプレイヤーがお邪魔カードを出すのですぐには殺せない。

殺害に失敗するたびに殺意がたまっていき、殺せる可能性は上がる。
結構死なないのでカードがなくなりかけるケースが多い。

続きを読む
閉じる
132
名に参考にされているレビュー
2018年09月25日 17時38分

何も知らず?館を徘徊するラッキー博士と、彼に恨みを持ち、殺害する機会を伺う訪問者(プレイヤー)たち。他者を出し抜いて殺害(勝利)したい、でも殺害を阻止する時は一致協力する。競争相手も今だけ味方、でも結局は敵。

殺害を試みるたびに殺意(殺傷能力)が上がり、最後には阻止しきれなくなって、ラッキー博士は遂に殺害されてしまう。


殺害といっても残酷表現は特になく、ゲーム全体としてはコミカルな雰囲気を持っている。

第三者の視線に入ってはならないシステムは斬新。どこかの部屋でラッキー博士が来るのをじっと待つという、忍者か暗殺者みたいな行動をとるようになる。

殺害を阻止する役目を押し付け合うなど局面によってプレイヤー同士のヘイト値が乱高下する。あまりにサボっていると(手札を温存していると)皆から恨みを買うことに。

多人数でプレイすると周囲の思惑が読み切れなくて適度に乱戦となるが、二人プレイだと思考性がかなり上がって読み合いのゲームになる。将棋か囲碁でもやってるような気分になった。


万全を期して本気で殺しに行く時は中々興奮する。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,240(税込)日本語マニュアル付き残り1点
  • 44興味あり
  • 142経験あり
  • 27お気に入り
  • 134持ってる

チェックした商品