マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~8人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2013年~

ヒューゴ オバケと鬼ごっこザンザ山さんのレビュー

58
名に参考にされています
2020年01月25日 09時18分

お城の地下には何かが潜む

 諸君は豪華なお城に招かれ、一夜を過ごす貴族だ。色分けされた彼らを、それぞれのプレイヤーが指定された人数分受け持ち、回廊に招待しよう。貴族は時を忘れ、優雅な宴を楽しんでいる。

 しかし忘れてはいけない。このお城の地下には、恐るべきオバケのヒューゴが潜んでいることを……。


 ルールは大きく二つありますが、今回の紹介はボードの裏面を使用した計算要らずのルールです。




3分の1で3マス進むヒューゴ

 時刻は23:45。夜も更け、いよいよヒューゴが動き出す。

 貴族たちの運命はプレイヤーの振るサイコロによって決まる。このサイコロ、3と6がヒューゴマークになっており、3分の1の確率でヒューゴが3マス前進してくる。スタート時、ヒューゴは地下室からじわじわと登ってくるため、確率次第では少しの猶予がある。

 回廊にいる貴族がヒューゴに追い付かれたら、彼らは地下室に幽閉される。+10から+3の表記がある地下室だ。この数字は、ボードの端をぐるっと囲む点数表に関係する。各プレイヤーは10点からスタートし、ヒューゴに貴族が捕まると、地下室に幽閉された貴族の分、点数表のコマを増加させる。

 先に他の貴族が+10点の部屋に捕まっていれば、次の貴族は+9、+8と順々に捕まっていく。二人以上が同時に捕まった場合は、同じ部屋に押し込まれる。つまり+10に二人なら、一気に+20点も進んでしまうわけだ。押し込まれるのは空いている部屋だけ。

 点数が46点に達したとき、そのプレイヤーは敗北する。


加速するヒューゴ

 ヒューゴは夜が更けるにつれてその力を増す。ヒューゴが回廊を一周するごとに、時刻は進み、移動距離は3から4マス、さらに時間が進めば5マス、最終的には7マスも……実際にやってみるとわかるが、3マスですら相当な速度で迫ってくる。それが4とも5ともなれば、悲鳴は必然だ。




悪いな、のび太。この部屋はなんと一人用なんだ。

 他プレイヤーを出し抜くにはどうするか?

 まずは貴族を部屋に逃げ込ませよう。地下室から出たヒューゴは回廊を時計回りにぐるぐる回る。サイコロの数値の目が出れば、貴族を動かし、回廊をマス目分進めることができる。通路に描かれた扉のマークにたどり着けば、部屋に入ることができ、ヒューゴから逃れられる。ヒューゴは部屋までは入れないのだ。


 ただしそこは貴族、一つの部屋に二人が入ることなどプライドが許さない。というわけで、扉のマスに立つことができれば、中でヌクヌクしているヤツを追い出し、自分の貴族が入室。

 ただし部屋を奪ったからと言って油断は禁物。サイコロの出目が1なら、即座に部屋を交代できるのだ。ちなみに、自分の貴族同士だからと言って同じ部屋には入れない。貴族は常に一人!


 そして、一度部屋に入った自分の貴族は、他プレイヤーからの干渉が無い限り、特定の場合を除いて動かすことはできない。よく覚えておこう。

 ちなみに、部屋の中には+1点やー3点などの点数表記がされていることがある。この部屋に貴族が入れば、そのプレイヤーは点数表の数値を増減させる。地味ながら効き目は無視できない。




これがヒューゴの恐ろしいところなんですよ

 部屋に自分の貴族が全て入った! ヒューゴから逃げ切った! と思うのは早計だ。回廊に自分のキャラが居ない場合、サイコロの数字の目が出れば、だれか一人を部屋から追い出して進めなければならない。

 地下室にいるよ? という場合は、地下室にいる貴族が優先される。サイコロの出目分、逃げ出すことができるのだ。


 しかし、地下室から出る場所は一つ。回廊にはヒューゴがさまよっている。もし、自分の他の貴族がみんな部屋に隠れてしまっていたら、動かせるのは地下室の貴族だけだ。そのタイミングによっては、ヒューゴの目前に現れてしまうこともしばしば。+10点の場所から出た瞬間、ヒューゴに捕まって+10点に逆戻りということもあり得る。他のプレイヤーの出方やヒューゴの位置を冷静に見極め、部屋に入れておく貴族は選ぶべきだろう。




カワイイ顔してコワイ奴

 ゲーム展開がサイコロ運に偏る分、駆け引き要素は少ないが、盛り上がることうけあい。万人が楽しめるゲームデザインなので、オバケに追いかけられてヒヤヒヤしたいあなたはぜひプレイしてみてね。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • レモネード
  • Nobuaki Katou
ヒューゴ
ヒューゴの通販
おばけのヒューゴがどんどん加速して迫ってくる!
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 3,200(税込)
ザンザ山さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 80興味あり
  • 516経験あり
  • 66お気に入り
  • 281持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率8
戦略・判断力7
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルヒューゴ オバケと鬼ごっこ
原題・英題表記Hugo
参加人数2人~8人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2013年~
参考価格2,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿