マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ヒューゴ オバケと鬼ごっこ
  • ヒューゴ オバケと鬼ごっこ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~8人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2013年~

ヒューゴ オバケと鬼ごっこ / Hugo の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
おばけのヒューゴがどんどん加速して迫ってくる!
  • ヴォルフガング・クラマー(Wolfgang Kramer)作

 ご好評いただいていたミッドナイトパーティが新しい名前で再出発します。
 プレーヤーはお城のパーティに招待されたお客です。しかし、このお城にはオバケが住んでいたのです。手番になるとサイコロを振って出た目だけ自分のコマのいずれかを進めます。しかし、サイコロにはオバケが描かれた目があります。この目が出たら自分のコマではなくオバケのコマを3歩進めます。オバケは一地下室の奥深くにいますが、だんだん客たちがいる階段に出てきます。オバケが出てきたら客たちは大騒ぎです。このオバケにつかまったら地下室に閉じ込められるからです。オバケのコマに追いつかれるか追い抜かれたコマは、地下室に配置されます。最初につかまったコマから順にマイナス点が書かれた場所に置かれます。早くつかまるほど大きなマイナス点になります。
 オバケが現れたら、客たちは逃げるだけでなくまわりにある部屋に逃げ込むことができます。ただし、逃げ込んだ客はオバケにつかまらないように部屋に鍵をかけてしまうため、それぞれの部屋にはひとつのコマしか入れません。空いている部屋を見つけて逃げ込むようにします。すべてのコマが部屋に逃げ込むかつかまってしまったらゲームは終了です。マイナス点が少ない人の勝ちです。
 ゲームは単純ですが、本当にオバケに追いかけられている気になって、キャーキャー騒ぎながら遊びます。
 小さい子供でも遊べますし、たくさんの人数でも遊べるため、いろいろな場面で登場させられます。ここまでは、従来のミッドナイトパーティと同じゲームです。
 ヒューゴはゲームボードがリバーシブルになっており、従来のミッドナイトパーティーと同じゲームが遊べるほか、反対面では追加ルールが入ったゲームが遊べるのです。
 大きな変更点は3つです。

他のプレーヤーのコマがいる部屋でも、サイコロ目がぴったりなら入ることができます。その代りに元いたコマは廊下に追い出されてしまいます。
コマすべてがつかまったり部屋に逃げ込めたとしても、ゲームから抜けることはできません。手番に数字の目が出たら、部屋から出たり地下牢から出たりして、ヒューゴと追いかけっこをさせられるのです。そして、捕まるたびにポイントを記録します。
ヒューゴとの追いかけっこは朝になるまで続けられます。ヒューゴが廊下を6周回ったら朝です。それまで追いかけっこは続きます。また、朝が近づくにつれてヒューゴの動きが早くなります。初めのうちはオバケの目に対して3歩進みますが、途中からどんどん早くなり最終の周回では、お化けの目が出るたびに7歩も進むのです
 新しいルールを使ってもっと楽しく遊べます。

ヒューゴ オバケと鬼ごっこに5件の書き込みがあります

212
名に参考にされているレビュー
2016年11月15日 19時39分

今年(2016年)のクリスマスプレゼント用に購入、まだ11月ですけどフライングレビューです。

6歳の子どもにプレゼントするために買いました。どうせならどこかタメになるものをと思い、難しすぎず簡単すぎず、そして子供受けが良さそうなもの、ということでのチョイスです。

状況を見てリスク回避する判断力、マイナスの数という概念の認識、ゆるーく確率というものを肌で感じとってほしいかな、という親のコスい願いも込めつつ。

そしてもちろんゲームとして楽しいこと。これにつきますね。

はやく3点部屋の前で右往左往したり逃げ回ったり、大騒ぎしたいですね。

いつまでも色褪せないすてきな古典ゲームだと思います。

続きを読む
閉じる
153
名に参考にされているレビュー
2018年10月09日 21時52分

簡単に言えばサイコロを使った椅子取りゲーム。

プレイヤーは自分の色の駒を回廊の適当なマスに置き、サイコロを使ってそれらを動かす。

基本的にぐるぐる回るだけなのだが、サイコロの一部が『オバケ』の目になっており、

その目を出してしまうとオバケが動いて迫ってくる。


初めは地下にいるオバケが回廊まで出てくると、本当の意味でのゲームがスタートする。

それ以降、プレイヤーは駒を部屋に入れることができる。

部屋は1部屋に1人まで。つまり、早い者勝ち。

もちろん人数よりも部屋の数は少ない。

サイコロを振ってできるだけ早くオバケから逃げたいのだが、

オバケの目が出てしまうとオバケが動くだけでなく自分は動けないのだ。


オバケに捕まるのが早い人ほどマイナス点が大きく、

連続してオバケが動くとどんどん人が捕まっていく。


運の要素が強いゲームではあるが、大人数でキャーキャー騒ぎながらやる分には面白い。


悪い大人は「マイナス点だけ酒を飲む」などのルールを付け加えると、、、

救急車を呼ばなくてはならなくなるのでやらないように。

続きを読む
閉じる
119
名に参考にされているレビュー
2016年05月25日 17時03分

ダイスを振ってパーティ会場の回廊をお化けから逃げ回るゲームです。
お化けの目が出て捕まりそうになる度、子どもたちから「わー」「きゃー」といった嬌声があがります。
お化けのヒューゴくんもみために可愛らしく、簡単ルールだと5歳ぐらいから遊べるのがいいですね。

また上級者ルールでは他の人を追い出せたり、ヒューゴの歩みが早くなったりなど、
大人でも楽しめるような内容になっています。

お子様との寝る前の一戦に如何でしょうか。

続きを読む
閉じる
113
名に参考にされているレビュー
2017年07月08日 21時57分

続きを読む
閉じる
94
名に参考にされているレビュー
2016年03月01日 16時29分

ダイスを振ってお化けの目が出る度にキャーキャー盛り上がれる、鬼ごっこのようなすごろくです。
難しい事を考える必要もないのでゆるーく遊びたい時に丁度良いです。
自分のコマはまだ捕まらないと思っていても意外とお化けの足は早く、対戦相手達のコマが連続で捕まったりなんかすると思わず笑ってしまいます。
また、最大人数8人で遊べるボードゲームは中々ないので大人数で遊べるゲームを探している方にもオススメです!

続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,200(税込)日本語マニュアル付き残り2点
会員のマイボードゲーム情報
  • 57興味あり
  • 435経験あり
  • 60お気に入り
  • 249持ってる

チェックした商品