マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

花見小路:日本語版Hanamikoji: Japanese Edition

  • 花見小路:日本語版の画像
  • 花見小路:日本語版の画像
  • 花見小路:日本語版の画像
  • 花見小路:日本語版の画像
  • 花見小路:日本語版の画像

二人プレイ専用のゲームです。

あまり話題になっている印象がないですが、やってみると非常に完成度の高い対戦ゲームで驚かされます。

プレイヤーは芸妓(げいぎ)のパトロンとなるため、7色の芸妓の前に対応する色の道具カードを配置して、より多くのカードを置けた方がその資格を得ます。そうすると芸妓カードの上に置かれた芸妓コマがプレイヤー側に移動し、先に4人を寄せるか、芸妓ごとに設定された得点の合計が一定数以上になった方の勝利です。有名な作品だと「バトルライン」を例に挙げれば想像しやすいかと思います。


さて、ではどうやって道具を置いていくか、という仕組みが非常によく考えられたものになっていて、贅沢なジレンマを与えてくれます。

プレイヤーはそれぞれ、同じパターンの4種類のアクションをどの順番で実行していくかの戦略を練ります。

手札から道具を表向きに芸妓の前に配置したり、裏向きに出してラウンド終了まで相手に見せない出し方、手札の一部を公開して相手に渡し残った方が自分のものになる…など、様々なアクションを必ず解決しなければなりません。

当然渡したくない手札(得点の高い芸妓の色)があり、確実に確保したい激戦区になるわけですが、ゲーム中必ずそれを渡したり捨てたりしなくてはならない場面に遭遇します。また手札は手番前にランダムで一枚ずつ補充されるため、欲しい道具がいつ来るのか見通しが立たないのも悩ましいところです。

アクションの順番を間違うと残しておいた手札を泣く泣く手放す事態になりますし、早めに置いてしまうと相手に戦略を読まれて裏をかかれてしまいます。諦めて点数の低い芸妓に集中することも効果のある戦略になり得ます。こういった悩みをお互いのプレイヤーがほぼ同条件で抱えているので、相手の狙いを窺いながらいかに「自分の欲しい物を残し」、「相手にいらない物を渡すか」を手番ごとにじっくりと考え、最良なアクションを行えるかの心理戦になります。

手札に入ったカードは全ていずれかの方法で使い切ることになるので、完璧なハンドマネージメントが要求される非常にアツい戦いになります。

一回のラウンドで決着がつかなければ、また手札を振り分ける次のラウンドが始まります。アクションのセットは8種類用意されていて、いずれもよくよく考えられた違ったゲーム展開を生み出す秀逸なもので、ラウンドごとに変えれば一回として同じ展開にならない強いリプレイ性まで確保されています。


コンポーネントはカードと木製コマがありますが、いずれも7色の色鮮やかなデザインが印象的で、そこに赤金の華やかな色合いまで加わったたいへん高級感のあるものです。

正直言ってここまで高いゲーム性と美しいコンポーネントのボードゲームが、定価2000円以内で売られているのが信じられないです。心理戦が好きなプレイヤーなら必ず手に入れて欲しいと思いますし、二人用ライトゲームの新たな定番と言っても過言でないかも知れない。(定番ゲームほとんどやったことないですが)

短い時間で良質なジレンマを提供してくれる花見小路、オススメです。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:winterkoninkske
マイボードゲーム登録者
  • 34興味あり
  • 84経験あり
  • 32お気に入り
  • 97持ってる
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力6
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘3
アート・外見5
作品データ
タイトル花見小路:日本語版
原題・英題表記Hanamikoji: Japanese Edition
参加人数2人用(15分前後)
対象年齢7歳から
発売時期2020年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン中山 宏太(Kota Nakayama)
アートワーク岬 ましろ(Misaki Mashiro)
関連企業/団体コロンアーク(COLON ARC)
拡張/関連元花見小路(Hanamikoji)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 4件

75名が参考
(2021年05月02日 23時20分)
相手をうまく出し抜く2人用ゲームです。アクションセットが複数あり、別の展開があります。今回は「上七軒」のアクションセットを使いました。▼ゲームの概要7人の芸妓カードに対して、お互いにカードをより多く並べることを目的とします。最終的に芸妓4人か、数字の合計で11以上手に入れれ...
続きを読む(atcktさんの「花見小路:日本語版」のレビュー)
atckt
atckt
102名が参考
(2020年10月21日 16時01分)
配られた手札と引く手札の中で、「相手に選択肢を委ねる」手番がある所が何とも悩ましく、勝っても負けても納得がいく勝負が出来る、素晴らしいゲームです。引き運の要素が強いかと思われますが、相手の手札を読んで、勝ちに持っていける所もあります。実際そうやって読まれて負けたので、間違い...
続きを読む(怪人Mさんの「花見小路:日本語版」のレビュー)
皇帝
怪人M
怪人M
196名が参考
(2020年10月18日 18時22分)
二人プレイ専用のゲームです。あまり話題になっている印象がないですが、やってみると非常に完成度の高い対戦ゲームで驚かされます。プレイヤーは芸妓(げいぎ)のパトロンとなるため、7色の芸妓の前に対応する色の道具カードを配置して、より多くのカードを置けた方がその資格を得ます。そうす...
続きを読む(winterkoninkskeさんの「花見小路:日本語版」のレビュー)
仙人
winterkoninkske
winterkoninkske
196名が参考
(2020年06月27日 20時05分)
以前の版も持っていますが追加アクションが気になり購入。基本ルールは変わっていないので見た目の変化についてレビューします。花見小路を知っている前提で、コンポーネントの説明などは省いています。左が日本語版箱の大きさはほぼ同じ、日本語版の方が気持ち大きいです。芸者カードは逆に小さ...
続きを読む(yokoyamaryumaさんの「花見小路:日本語版」のレビュー)
勇者
yokoyamaryuma
yokoyamaryuma

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿