マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2018年~
154
名に参考にされています
2019年06月06日 22時52分

このゲームは2018年度のドイツ年間エキスパートゲーム大賞のノミネート作品であり、その大賞を取ったクアックサルバーも、同じくドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされたザ・マインドも彼の作品であった事で随分と話題になりました。このガンツ・シェーン・クレバーはダイスゲームなのですが、コンポーネントはダイスが6個(各6色)とスコアシートが1冊とペンが4本となっています。どこかで見た様な…と思ったら、2013年度のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされたクウィックスにその話題性からコンポーネントに至るまで良く似ていますね。どちらもそれなりに面白いのですが、ガンツ・シェーン・クレバーの方が戦略性が高いのは確かだと思います。しかしその攻略法は確立してしまっているので、あの隠れた名作であるダイスビンゴと同様に微妙な感じではあります。その意味では、ソロプレイよりもやはり相手との絡みもある対戦の方が未だしも楽しめるのでしょうね。BGGでは適正人数は2人となっていますがデザイン的には3人がベストです。


Facemanさんの日記「ガンシュンクレバー攻略」

https://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=6062&id=1967500708

ガンツ・シェーン・クレバー、かえるきんぐだむさんの戦略やコツ

https://bodoge.hoobby.net/games/ganz-schn-clever/strategies/9522

※ 上記のサイトで考察されているのはソロプレイ時、若しくは2人プレイ時の戦略についてです。しかしゲームデザイン的には3人プレイを想定している筈で、ダウンタイムさえ気にならなければ是非とも3人でプレイすべきです。その方が戦略の幅が広がります。


[ソロプレイと2人プレイ時]
ダイスの記入回数:手番での3回と非手番での1回を合わせた4回×6ラウンド=24回。
それに追加ダイスアクションが6(7)回使えるので、24回+6(7)回=30(31)回。
(他に各種ボーナスも適用されます)

●黄H型:緑9、橙6、紫11で326点。ダイスアクションは7回。キツネは3個。
★黄エ型:緑9、橙6、紫7で最高得点334点。ダイスアクションは6回。キツネは4個。
★黄H型:緑9、橙7、紫7で314点。ダイスアクションは6回。キツネは3個。
★(黄H型:緑9、橙8、紫6で314点。ダイスアクションは6回。キツネは3個)
☆黄エ型:緑8、橙6、紫7で325点。ダイスアクションは6回。キツネは4個。
☆黄H型:緑7、橙8、紫7で325点。ダイスアクションは6回。キツネは4個。

※ 狙うべきは、黄エ型:緑9、橙6、紫7で最高得点334点の一択。


[4人プレイ時]
ダイスの記入回数:手番での3回と非手番での3回を合わせた6回×4ラウンド=24回。
それに追加ダイスアクションが6(7)回使えるので、24回+6(7)回=30(31)回。
つまり上記と同じ。

※ 狙うべきは、黄エ型:緑9、橙6、紫7で最高得点334点の一択。


[3人プレイ時]
ダイスの記入回数:手番での3回と非手番での2回を合わせた5回×5ラウンド=25回。
それに追加ダイスアクションが6(7)回使えるので、25回+6(7)回=31(32)回。

●黄エ型:緑9、橙6、紫11で最高得点358点。ダイスアクションは7回。キツネは4個。
●黄H型:緑9、橙7、紫11で338点。ダイスアクションは7回。キツネは3個。
★黄エ型:緑9、橙7、紫7で346点。ダイスアクションは6回。キツネは4個。
★(黄エ型:緑9、橙8、紫6で346点。ダイスアクションは6回。キツネは4個)
★黄H型:緑9、橙8、紫7で350点。ダイスアクションは6回。キツネは4個。
☆黄エ型:緑7、橙8、紫7で355点。ダイスアクションは6回。キツネは5個。
☆黄H型:緑8、橙8、紫7で341点。ダイスアクションは6回。キツネは4個。

※ 狙うべきは、黄エ型:緑9、橙6、紫11で最高得点358点と
        黄エ型:緑9、橙7、紫7で346点と
        黄H型:緑9、橙8、紫7で350点と
        黄エ型:緑7、橙8、紫7で355点との4択。


※ 【バリエーション】ソロプレイと2人プレイ時と4人プレイ時には、例えば第1ラウンドで振り直しボーナス1つと共に追加ダイスボーナスも1つ得られるとしても良いのではないかと考えているのですが如何でしょうか?これで3人プレイ時と同様に楽しめます。


ここにガンツ・シェーン・クレバーのソロプレイ用の無料ブラウザが紹介されているので試して見ては如何でしょうか。但し先に述べた様に本当は3人で遊ぶべきだと思います。
「Seesaa お金ないんでルール読んで妄想遊戯」

http://okanenainde.seesaa.net/article/460360707.html


こちらに隠れた名作、ダイスビンゴのソロプレイ用の無料ブラウザが紹介されています。
【Würfel Bingo】 ハインツ・ウッペン 【ダイスビンゴ】

https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947768528&owner_id=9724239


それにしても…ダイスゲームでのソロプレイという事であるならば、やっぱりヤッツィーが最強だとは思いますけどね。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • kannzi yasui
  • かえるきんぐだむ
Ejima Norihikoさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 120興味あり
  • 538経験あり
  • 149お気に入り
  • 264持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率12
戦略・判断力16
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルガンツ・シェーン・クレバー / ガン・シュン・クレバー
原題・英題表記Ganz schön clever
参加人数1人~4人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインヴォルフガング・ヴァルシュ(Wolfgang Warsch)
アートワーク未登録
関連企業/団体シュミット・シュピーレ(Schmidt Spiele)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿